« 水墨画・反復・植物の知覚 | Main | 水墨画描き方 虎Sumi-e Drawing Tiger 2 »

Sumi-e Drawing Video Tiger1水墨画描き方虎1

水墨画虎の描き方


2010年、来年は寅年。年賀状に墨絵でちょっと描くコツを・・・
自分は、目から描くと描きやすいです。でも、それは人それぞれだと思います。なぜか、僕は目と鼻の穴と唇の割れ目を描くと顔が浮かび上がってくる気がするので、そーしています。

■ 描く順番 ■

①目 ②鼻の穴 ③鼻の穴から伸びている分け目 
微妙に大きさを変えることで、斜めから見てる感が出て、立体的になります。

■ 描き方のコツ ■

・ 目と鼻、そして耳で表情が決まります。
・ 両目の角度で、顔の角度が決まります。
・ 片目、鼻の穴を決めて描くとバランスが取れます
・ 耳は、思ったよりも後ろにあります。
・ 下あご、エラはかなり大きいです。阪神タイガーズの虎のマークを見るとわかります。
・ 鼻もかなり太い(?)です。
・ 目の中側の止め点が、目の決め手となります。
・ 目の縁のラインは縦、口の横のラインは横を向いています。
・ 脚も、思ったよりも太い!です。
・ 体の縞は、濃い墨の線描で。乾かないうちに、薄墨で縞の間をなぞって、黄色部分を表現しましょー
・ 筆の水を切り、毛を平べったくして、サッサッと掃いた線で、虎からでる気を表現しています。(お好み)

最初の動画は、顔の部分まで

こちらは、脚、胴体で完成です

■ オマケ もっと簡単な虎の絵の描き方 ■

寝てる虎の絵です。ヒントはこの模写から。黙庵霊淵の四睡図です。クリックすると拡大されます。

・ 左右の鼻の穴、口の上線を1つの中心点から
・ 髭のでる黒い斑点を
・ 眼は寝てるので一本線 ⇒ 鼻は太いので、眼は少し離れます
・ 目の上の縞模様は、3本くらい。中心線も描きます
・ 耳もちょっと後ろに
・ 太い線で縞を
・ 尻尾は鼻の中心線より少しズラして
・ 髭は中心から。寝てるので少し下げ気味に
・ 薄墨で黄色い部分を。

« 水墨画・反復・植物の知覚 | Main | 水墨画描き方 虎Sumi-e Drawing Tiger 2 »