Digital Hollywood Fall 2009

2010年3月25日 (木)

Huluもテレビあってのビジネス

Santa Monica Beach Sunset

Bit Gravitiy 10代がターゲット。フットボール中継。動画の質も上がってきている。ライブ・ストリームを強化している。インド、中国ではそこまで帯域がないので、動画は不可能。ミュージシャンたちが、ライブ配信に熱心になっている。

HD Cloud 音楽産業では、CD並の音質が基準だった。その点MP3は合格。現在は、YouTube時代、映像の画質はYouTubeに落ち着くだろう。マイクロソフトは、トランスコーディングで頑張っている。H.264 は標準だ。

Origin Digital テレビはまだ有力なメディアだと思う。Huluもテレビがあってのビジネスだ。

ZillionTV 26年デバイス関連ビジネスに携わってきた。究極はユーザーニーズに行きつく。コンテンツやサービス開発、ビジネスモデルが重要だ。これから、Huluは有料モデルに移行する。今後の映像ビジネスを考える上でのキーワードは、第1にユーザーの嗜好性を分析するデジタル広告ツール。Beaconなど。第2にコンテンツ。ヒット映画はプライマリコンテンツだ。次はローカルコンテンツ。ケーブル、IPTVはローカルコンテンツに熱心。3番目はインターネット動画だ。YouTube、Huluでも長尺コンテンツが生まれている。

HD Cloud ライブ、ダイレクトといった音楽産業のビジネスモデルの変化は、映像業界にもヒントが含まれている。オンライン音楽市場は、Napsterが開拓、iTunesがビジネスモデルを構築した。  

Zoran 長年、テレビは単なるディスプレイだった。テレビをパソコンなみに賢くする必要がある。CPU、DRM、規格、この3つが揃って効率的なビジネスが構築できる。動画とSNSや、ツイッターなど、いろいろなサービスと融合できるのが、インターネットTVの利点。

Priority Digital Media IPTVにはインタラクティブ性が必要だ。ユーザーが大量の選択肢を持ったとき、そのトレードオフはなにか?U-Verseは、ユーザーが欲しいものを簡単に手に入れられるようにする。

Zoran STB、マルティメディアBOXなどやってることは同じだ。デジタル配信が可能になっても、現在のビジネスモデルを破壊する必要はない。宅内のメディア・サーバーなどは面白い。

HD Cloud XBoxでNetflixを見ている。今の子供は、複雑なリモコン操作も簡単にこなす。宅内はワイヤレス接続が基本になるだろう。映像のモビリティがもっと可能になる。 

Zillion TV 家電メーカーが低コストで提供したいデバイスは、ユーザーにとってはコスト高につく。無料動画とプレミアム映像、広告業界、この3者のバランスを取らないと映像市場のエコシステムが壊れてしまう。

Priority Digital Media One to One、一対多、という広告モデル論争は、90年代半ばが続けてられている。

Zillion TV 最近はテレビも高CPUを積むようになる方向性にある。ケーブルテレビの不安は、コード・カッティング、ケーブルテレビの解約にある。

Priority Digital Media 制作コスト、高CPMがあれば賄える。視聴料、広告費、双方が必要。ケーブルの手数料が高い

HD Cloud TV Everywhereはユーザーにはいいことだ。しかし、コンテンツホルダー、ディストリビュターにはいいことではない。

Tuesday, October 20th 2009 9:00 AM - 10:15 AM,  Santa Monica,

Ubiquitous Video to the Consumer: The Technology & Content Enablers - Broadband, IPTV, Mobile & TV

Mitch Berman, Chief Executive Officer & Co-Founder, ZillionTV
Darcy Lorincz, CEO, Origin Digital
Amy Friedlander Hoffman, President, Priority Digital Media
Nicholas Butterworth, CEO, HD Cloud
Anthony Simon, Vice President, Marketing, Zoran Corporation
Perry Wu, CEO & Founder, BitGravity
Mary Francia, Managing Director Media and Technology, Serowires, Moderator

More Bios here


 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

Boxee、なぜソフトウェアにとどまるか?

Boxeeとは、まとめ資料をダウンロードする

・ テレビをインターネットにコネクトするのが次の収益源
・ ヤフー・ウィジェットは、エンターテイメントサービスではない
・ テレビのインターネット画面は、まだおそまつだ


Boxee  メーカー、メディア、コンテンツビジネスにとって、テレビをコネクト(インターネットにつなぐ。インターネットで他デバイスとつなげる)するのが、次の収益源となろう。今のところ、テレビメーカーが発売しているネット接続テレビのインタフェースは、優れているとはいえない。ハードウェアメーカーが、ソフトウェアで勝負するのは、いい結果を生まないだろう。

Boxee  VUDU、Netflix、ヤフー・ウィジェットを試している。それぞれ素晴らしいサービスだが、まだ改良の余地がたくさんある。VUDUは、素晴らしいサービスだと思う。NetflixもXboxなど色々なデバイスにサービスを提供していていい。とにかく、今後『テレビを売る』商売は、難しくなるだろう

Q. ユーザーにIPTVや新しいセットトップボックスを欲しいと思わせるポイントはなにか?

ZeeWee  ヤフー・ウィジェットは、ユニファイド・サービスとしては、いいサービスだ。しかし、ヤフー・ウィジェットは、ネット動画をテレビで視聴するサービスではない。ネットのウィジェットをテレビで見せるサービスだ。株価や天気などの情報配信のサービスだ。

ZeeWee 現在のテレビは、インターネット・コンテンツをオープンな環境で視聴するにはパワー不足。コーデックがたくさんあり過ぎて、対応できない。

OpenTV OpenTVは、東芝、パナソニックにブラウザ技術を提供している。日本では、テレビを買ってインターネットに接続すると、コンテンツを見られる。しかし、今のサービスは、とてもヒドい(笑) 

OpenTV  ユーザーは、テレビでパソコンと同じようにインターネットコンテンツを見られると思ってスイッチをオンするが、とてもガッカリする。解像度、画格がテレビ用に作られてないからだ。ヤフー・ウィジェットは、インターネットコンテンツをテレビにあった形で見せようとしている点が評価できる。

OpenTV プラットフォームという観点から考えても、iPhoneのアプリとヤフー・ウィジェットは、だいぶ違う。モバイルは、ワン・トゥワンコミュニケーションだ。テレビは、もっと家族的なもの。テレビを家族で見ているときに、自分宛てのメールがテレビ画面上にポップアップしたら、その内容によっては物議を醸すこともあるだろう。

ZeeWee  インターネットテレビの成長はアンリミテエッド。コンテンツの配信網、視聴可能になる環境。

OpenTV  衛星放送で配信するのが一番回線コストが安い。

Boxee  ユーザインタフェースが重要。Boxeeの次バージョンは、映像検索、検索結果の表示方法に工夫している。人気度、好みなどのカテゴリを加えている。クリッカー(Clicker)というウェブのテレビガイドを目指しているベンチャー企業に注目している。

Boxeeとケーブルテレビを巡る論争(2009年3月ニューヨーク)はコチラ

■ パネリスト 詳細
John Gildred, President, SyncTV
Vic Odryna, Co-Founder and CEO, ZeeVee
Mike Noonen, Senior Vice President, Global Sales and Marketing, NXP
Greg Gudorf, CEO, Digeo
Nick Fishwick, Vice President, OpenTV Labs
Andrew Kippen, Vice President, Marketing, Boxee
Paul Moroney, PhD, Fellow, Advanced Technology, Home and Networks Mobility, Motorola, Inc.
Rick Doherty, co-founder and Director, The Envisioneering Group, Moderator
Digital Hollywood Fall 2009,  2009年10月21日 9時- サンタモニカ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

カヌー・ベンチャーズ、ケーブルテレビとIPとの狭間で悩む

ロックメディア 広告論争:カヌーベンチャーズとグーグル

[セッションメモ]

・ 理論的に広告形態の変化と説くグーグルShah氏と、現実の課題を述べるカヌー・ベンチャーズSchlichting氏とで、議論がかみ合っていなかった
・ ネット上の動画広告は、低予算クリエイティブでも、消費者に受け入れられる(サーチ&サーチ)
・ グーグルには広告マッチング市場を促進する考えがある。一方、広告内容をコントロールできなくなる不安がメディア側にある。

Digital Hollywood Fall 2009, サンタモニカ 2009年10月20日 3時50分-

カヌー・ベンチャーズ  現在、コンテンツ・ウィンドウ(映像流通の順番。参照)は、ケーブルテレビ業界にとって、好ましい状態だ。

-  ケーブルテレビもソーシャルメディア(Facebookなど)もコンテンツをキーにコミュニティを構築していることに変わりはない。

-  現在のコンテンツ市場の状態は、消費者はインターネットで番組を見ていて、コンテンツ・ホルダー、ケーブル業界は、ケーブルでコンテンツを流通している。

-  ケーブルの先に消費者はいないし、消費者はコンテンツホルダーが流している映像を見ているわけではない。   

-  両者をどうやって、交差、結びつけるかが課題だ。

-  それは、広告業界にとっても重要な課題だ。

-  VODへの広告手法はどうなるのか?

-  インターネットの動画配信は、ビジネス・チャンスだと思う。広告が効果あるものになるよう、ネットのプラットフォームも進化しないといけない。

-  既存のテレビ番組の広告枠の営業コストの高さを、メディア業界の人たちは気づいていて、ネット広告に対し、脅威を感じている。

-  テレビの広告枠にアド・エクスチェンジ手法が入ってくると、広告のクリエイティブをコントロールできないし、非常に困ったことになる

グーグル  今でも賢いマーケッターたちは、何に価値を置くべきか(お金を払うべきか)に気づいているハズだ。

-  今後5年間で、既存の手法での広告はどんどん減少するだろう。そもそも、消費者は大量の広告を見たくない。

-  インタラクティブなコミュニケーションツールへ、お金が流入するだろう。

カヌー・ベンチャーズ 理論的にはわかる。しかし、現実は、なにか急激にあなたが言っているようにはならないだろう。

グーグル  しかし、結局は消費者が選ぶだろう。ニーズの無いところに市場は無い。
いつになるかはわからないが、消費者のニーズを実現するツール、メディアが出現すると思う。

-  クリエイティブ、サービスがよくないと、ブランドを生かすことにならない。

-  マーケッターは、DVRで広告飛ばしがどれだけ起きているのか、考えてみるべきだ。消費者とコンテンツの関係性、自分の好きなコンテンツだったら、それが広告であろうと飛ばすことはないだろう。

-  広告クライアントの広告出稿の目的を理解しないと、いくらデータを収集、分析しても意味がない。

サーチ&サーチ  テレビCMの製作費は高い。オンライン動画は、それほど高いクオリティは必要とされていない。広告素材も、そんなにお金をかける必要がない。そのことに、広告クライアント、代理店は気付くべきだ。

- オンラインでは、クオリティよりも、作品の影響力のほうが重要である。代理店の仕事は、広告メッセージをインターネット上で広めるかにある。テレビ時代でもメッセージを広めるという目的は一緒かもしれないが、インターネットとテレビでは行動様式が違うことに気付くべき。

- インターネットでは、テレビよりも広告ビジネスの提案が簡単になっている。データもあるし、消費者の反応も直接拾える。広告代理店は、デジタル時代になって、ビジネスしやすくなっている。

カヌー・ベンチャーズ  デジタル系の人たちが、データ分析に偏ったビジネスをしているが、我々既存メディアのDNAとは隔たりがある。 今まで、紙媒体やテレビの広告枠を売っていた広告代理店の人間が、デジタル商材に慣れるまでには時間がかかる。

[参考]

 カヌー・ベンチャーズ (Canoe Ventures) : 米国の大手ケーブルテレビが出資設立したケーブルテレビの広告ビジネスを行う会社。ケーブルテレビの広告収入は、ここ10年間視聴料収入が伸びてきたのに比べ、あまり伸びていない。一方、STB(セット・トップ・ボックス)を利用して、ターゲティング広告ビジネスへの参入に意欲を見せている。⇒のがこのカヌー・ベンチャーズ。しかし、いまのところ上手く行ってるとは思えない。

 米国のケーブルテレビ広告収入推移 NTSC SNL Kagen調べデータを元に作成
・ ケーブルチャンネル広告収入とは、CNN、MTVなどケーブルテレビで見られるテレビ局の広告収入のこと
・ ローカル・スポット収入が、ケーブルテレビ・オペレーター(コムキャストなど)が受け取るエリア広告収入
・ ケーブルテレビ・オペレーターに入る広告収入の伸びの少なさが、カヌー・ベンチャーズ設立の動機になっていると思われる

米国ケーブルテレビ市場推移(広告収入)

 ケーブルテレビ視聴料収入(下図)  NTSC SNL Kagen調べデータ

米国ケーブルテレビ市場推移(視聴料収入)

パネラープロフィール

グーグルShah氏とカヌー・ベンチャーズSchlichtings氏とのやりとり

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

ミュージシャンの売り込み方2 広告モデルの音楽

[セッションメモ]
・ MySpaceは、音楽産業のインキュベーションセンターとして機能している
・ バンド・コミュニティに出稿する広告ブランドも増えている
・ Guitar Hero、Rock Band、ゲームプラットフォームが楽曲ビジネスの流通手段として重要性が増している
・ どの電器屋さんに行っても、これら音楽ゲームは導線のメインに展示されている。子供たちが群がる

Digital Hollywood Fall 2009 (サンタモニカ 2009.10.21,10:45-)にて

Q 音楽産業の現状について聞かせて

ワーナー・ミュージック  ミュージシャンがレコード会社に期待するのは、俺/私をどうやって売り込んでくれるの?に尽きる

ワーナー・ミュージック  MySpaceは、音楽プロモーションだけでなく、実際の商売にもつながっているパワーツールだ。あるバンドは、Myspace上でファンが60,000人いる。今までのプロモーション手法と、デジタルな手法を組み合わせて売り込み方を考えている。

Topspin  ウィジェットによる音楽配信サービスは、とても成功している。無料で音楽を聞いた人の30%は、そのミュージシャン関連のモノを買っていく。音楽は無料だ。お客さんを気持ちよくさせてあげると、商売につながる。

Q. Rockband、Guitar Heroといった音楽ゲームが、CDに代わる音楽プラットフォームとして盛り上がっている。大物アーティストも、『どうしたら、ギターヒローに自分の曲を載せてもらえるのか?』を、最初に聞いてくるほどである。9月にビートルズのギターヒロー版が売り出され、それに合わせてカタログ・ボックスセットも売り出された。その戦略を

MemBrain LLC   マーケティング、プロモーションなどの組織の壁を取り払って、共同でプロモーションしたのがうまく行った。クリスマス、サンクスギビングシーズンに、もっと売れることを期待している。スポーツイベントやテレビ番組で流せる映像トレイラーを作り、メディアが宣伝しやすいような素材をこちらから提供している。売り込み方法は、今までと同じで、ドロ臭い。デジタル的ではない。

Q. ビクトリア・シークレットとスパイス・ガールズのブランド・マーケティングについても教えて。

MemBrain LLC   ちょうど2年前のことだ。スパイス・ガールズのCDが発売され、グローバル・ツアーも成功した。アメリカ市場に入ってくるときに、スパイス・ガールズのイメージにあったブランドはないかと探した。サッカーマム(小学生くらいの子供がいる母親)が支持するブランドなどを調査した結果、ビクトリア・シークレットが候補にあがった。

参考 : ミュージシャンの売り込み方 Digital Hollywood Fall 2007

 Topspin : アーティスト・マネジメントに特化したデジタル・プラットフォームを提供する。ファンクラブ、グッズ販売などが可能。

 ワーナー・ミュージック 2008年度第2四半期のデジタル売上は、1億7500万ドル(前年同期比5%増加)

■パネラー
- Christopher Allen, COO, Napster
- Michael Spiegelman, Head of Music, Yahoo!
- Phil Sandhaus, MemBrain LLC
- Jeremy Welt, SVP New Media, Warner Bros Records
- Sam Wick, SVP of Monetization and Strategy, MySpace Music
- Gary Brotman, Sr. Director, Marketing & Artist Services, Topspin
- Kelli Richards, President, The All Access Group, Moderator
Music 2.0 - Invention of an Industry
Music Power Shift: Artist, Label, Technology, Management

■ 2009年11月18日 MySpaceがi-meemを買収する、とテッククランチが発表している。

[内容]
- 買収額は、100万ドル。キャッシュ
- 55人いるi-meem従業員のうち半分は、MySpaceで働いている

[感想]
・ i-meemは、無料音楽配信サイト。日本のiPhoneでも聞ける。あらかじめ楽曲がダウンロードされているらしく、地下鉄で電波が届かなくなっても聞けるので便利。曲が終って、好きか嫌いか、ボタンを押すと、だんだん自分の好きそうな曲だけが流れてくる。
・ 無料で、楽曲レコメンドつきの、インターネットラジオ、音楽配信サービスは、Pandoraが有名だけど、日本では聞けない。
・ MySpaceは、音楽インキュベーションセンターになっている印象を受けたが、今回の買収でさらに音楽分野に特化して生き残る戦略が明確に
・ i-meemが集めた投資金額は2400万ドル(テッククランチデータベース)。結局100万ドルでキャッシュアウト。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

Huluとテレビの食い合いはない グラボフチェアマン、NBCエンターテイメント、ユニバーサルメディアスタジオ

・ テレビドラマも格差社会。一部のヒット作がお金を稼ぐ
・ 失われたテレビ広告はもう戻ってこない
・ デジタルダラーにはなっているが、テレビ広告減少分を埋めることはない
・ テレビ視聴率低下の原因はDVRだ。インターネットではない

Marc Graboff, Chairman, NBC Entertainment and Universal Media Studios (マーク・グラボフ、NBCユニバーサル、チェアマン)
聞き手:Julia Boorstin, CNBC
2009年10月21日 12時- 
サンタ・モニカ Digital Hollywood Fall 2009

Q ジェイ・レノ(トークショー: Jay Leno)をゴールデンタイムに持ってきたことについて

- その枠の視聴率が下がる、NBCのゴールデンタイムを破壊するなど批判があるのは承知している。
- 現状、広告、視聴率とも予想より成功している。
- ジェイ・レノの後に放送するローカル系列局のニュース視聴率もあがっている。
- 他ネットワーク局の視聴率は低下している。CBSは10%。ABC11%。
- 「ジェイ・レノ・10PM・カミング」というメッセージだけを伝えた
- (注) ジェイ・レノ・ショウの30秒スポットの販売価格は、大体50,000-60,000ドル。水曜同時間帯(22時-)のCBS、'CSI: New York'は、127,941ドル。最も高いテレビ広告枠は、NBC 'Sunday Night Football'(日曜20時-)の339,700ドル。Advertising Age, 2009.10.26, p.8, 'Sunday Night Football' remains costliest TV show より。

Q テレビ広告市場の現状について

- 今年のスキャッター市場はうまく広告枠が売れた。(Scatter Market: 5月に行われるUpFrontで売れ残った広告枠を売ること)
- テレビの地位は下がっているが、広告クライアントにとって、マスにリーチできる手段はテレビしかない
- テレビ視聴率を下げているのは、インターネットストリーミングではなく、DVRだ。
- 今シーズン既に放送した「HEROES」2回分は、視聴者の30%がタイムシフトで見ていた。
- 我々は、タイムシフトに対しなにもできない。
- 新たな視聴測定の方法である「CIMM」を立ち上げた

Q タイム広告は増えているか?

- サタデー・ナイト・ライブは、バドワイザーの1社提供。
- 1社提供なので、番組中オンエアされる広告枠が減り、視聴者に支持されている

Q テレビ広告は15%縮小するといわれている。デジタル広告はこの落ち込みを埋めることができるか?

- できない。ドラマのクリエイターたちは、ドラマを作ることだけに集中していて、そのあとドラマを流行させるようなことはしない
- iTunes、海外市場・・・コンテンツをマネタイズする方法はいくらでもある。
- アップフロントで60-70%の枠を売ってしまう

Q 車メーカーは?GMはもうマス広告に帰ってこない?

- GMは戻ってくると思うけど。。ローカル市場がまだいまいち。

Q 昔、NBCは視聴率第1位だった。今は4位。どーしたら、NBCは復活できるか?

- 軸になる人気ドラマが必要だ。JJエイブラムスなど、人気クリエイターにドラマを制作してもらっている。
- 視聴率復活のプロジェクトを立ちあげている。

Q CGM、ソーシャルメディアは、テレビにどのような影響を与えるのか?

- 直接、番組のフィードバックをもらえることが素晴らしい。
- 我々は、クリエイティブな才能を持った人たちとコラボレートできるようにしている。

Q Huluは、テレビ局視聴者を食い合うか?それとも補充するか?

- カニバリゼーションはない。
- ドラマ「オフィス」をiTunesで販売している。PCで見れば、次に居間のテレビで見たくなる
- Huluは、ディスティネーションサイト、映像のポータルサイトを狙っている
- Huluでグレイズアナトミーと入力すると、ABC.comへ飛ぶ。(ディズニーがHuluに出資する前)
- 視聴者は、ABCかHuluかどうかとかどーでもいい。好きなドラマが見れればいい。
- デジタルペニーはデジタルダラーになる
- 早送りもできる。いつでも、どこでも見れるし、広告も少ない。

Q テレビの将来はどうなるか

- 消費者には、DVR、Hulu、ツイター、ブロギング、選択肢がたくさんある
- デフォルトで何かを必ず見ることはない
- 少ないヒット作と多量のダメ作に両極化
- ヒット作は、色々なプットフォームに配信され、お金を稼ぐ
- マストウォッチショウではないドラマは、シンジケーションしても広告収入が稼げない
- ドラマ制作は、とてもハイ・リスクなビジネスになっている

★参考

 Huluのマーケティング戦略  

 HuluカイラーCEO講演 in NAB Show 2008

| コメント (0) | トラックバック (0)