DEMO Fall 09

2009年10月 2日 (金)

DEMO Fall 09 from the Japanese Perspective

Small talk with Naoko Umeda san, ' What intrigued us in DEMO Fall 09? ' , Suitengu shrine, Ningyo-cho, Tokyo

 

Say you want a revolution, well you know... count me out

She points out that the incooporate SNS like Dekks powered by Indigo would be necsessary for us to improve productivity. Dekks gives us a good tool for the 'right person at right place' case.

Sure it does. However, so many productivity improving gadgets are out there and I have not seen them get the job done. Why? One of the reasons is that employees don't want to new tools. They think it lowers the productivity to use unfamiliar tools. They are now sutisfied just email or having a small talk.

The lower white-color productivity bottlenecks for the better work flow or larger surpass. But in Japanese situation, we need to spare us out of the bureaucratic process of decision making first. General or accountant stuff works hard with happiness to make so many rules to say that we need to keep our security, account rule change or the SOX act :) Rules piled up with keeping to send e-mails from general affair division. Some enterprises seem like the empire of the social democracy in the capitalism world. After removing this bureaucratic system, the incooperate SNS would work well. 

Lost in Translation? Well, machine will help you..

Translation is the next generation keyword in the online business.

Chinese, Indian or most of European entrepreneurs pitch their services in the global market. 70% of online conversation is in non English. Mobile is the first computer for people in the emerging market. SMS reaches billions of users everyday. There are huge opportunity among the start-ups.

Dubzer, the machine translation developer, sees the bright future in the translation business. But, is it possible for the symple argolithm to apply the multiple translation? The Dubzer CEO, Anjali Gupta said, 'We can do that'. Their argolithm determines the way of transition each alpahabet, Chinese characters or Japanese hiragana. It works automatically and learns the way with organic.

Google already has machine translation service, and few people think that works well. However, I see the search results of Google translation when I serach some foreign news. It will be productive for many non English speakers to use their mother tongues to understand the information written in English. 

A DEMO producer, Chris Shiply pointed out that Web 3.0 will be the 'distribution web' where the real world information carrys on the digital world. More spread the internet will, more people with non English speakers will log on. The new horizne of internet industry streaches on the Africa or Asian with local language and non techy people. 

Zipangu or Galapagos?? Where to go, our ahead mobile market?

Azlan S. Shahabudin COO in Rseven, the mobile calender sync service, said, 'We focus on the mobile calendar because this is universal service. That's the way it is.' Rseven records every activity on daily life and archives it.You can check what you did on the paticular day. 

 

There were other share the calendar or leverage-friend-list services at DEMO fall 09. Lunchster will makes you a lunch master and Tungle gives availability of share the schedule for you with friends. Most of them use iPhone platform.

Those are intersting for me, but I am not familiar with the leverage of my own friends lists. There is interesting cultural differences. The US people like social and we don't. Instead of busines use, most of the mobile sevice here in Japan is for amusement such as casual games and fortune teller. Teens or many commuters check the email (not SMS), writes what they are doing on SNS, or reading mobile literature.

I told Mr. Shahabudin that we use a notebook to manage their schedule. He said, 'Never' :D 'Hello! Kitty' note books are the schedule manager. 

Mr. Shahabudin said, 'Japanese mobile service are crazy, we don't understant that.' The cuteness, or kawaii, is the key to the success in the mobile business here. It could be teens who have initiated how to use mobile phones. Decome, or mail application to decorative their mail, or Emoji, cute ascii art for email don't exist without their enthuisiasm for the mobile communication. We thought we are ahead in the mobile market. But, is it a zipangu or glapagos??

Japan has the lack of our ability of developping 'platform'. Google, Amazon or Facebook... all the online platforms come from the U.S. We have Yahoo! Japan, which is the only search engine that Google can't overwhelm in the local market. Mixi is the number one SNS, which

has eight million subscribers. Docomo i-mode has enjoyed the paid contents model for a decade. Mobile restaurant search is familiar for many years. Our distress is none of our convinient service goes abroad as global platform. Masochistically, we called our mobile market Galapagos, where the evolution occured by own in each of island.

News paper dilemma, free, to be or not to be

Z-commerce, powered by Zuora, would solve the Japanese media congromarites dilemma, free or pay. As the US or any other nwes paper companies do, Japanese newpapers suffer from their structual downturn economy. Asahi and Nikkei has annouced that they will end in deficit in the fiscal year of 2009.  It seems that they can not figure out the digital transition solution yet. Z-commerce has all in one package. Good solution for those Japanese media giants.They should contact with them.

Well, here are some thoughts on DEMO.. If you come to Tokyo, pleased to show you around, sushi in the fish market can't be missed :))

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

流通業は「翻訳業」に代替される? DEMO Fall 09 2日目

DEMO Fall 09 2日目のまとめ with 埋田奈穂子 研究員

 マシン『翻訳』のベンチャーが勃興。多言語対応、音声、鳴き声、テキストtoボイス、リアル活動をデジタル化する技術

 新興市場へのローカライズが必要という文脈。普通のサービスでも、多言語対応するベンチャーが増えた。

 デジタル化された情報は、再現するのが簡単。例)映像をデジタル化すれば、PC、ケータイ、テレビ、デバイスを選ばない。

 どんなデバイスにも配信、再現できる分野=『プラットフォーム』が有望。昔は、ハードで実現していたが、今はソフトウェアの時代。ネットでいえば、ブラウザの競争

 多言語対応の翻訳ベンチャーは、テキストのデジタル化による多様な再現を可能にするプラットフォームを構築している

 言語以外にも違う翻訳分野がある

 これからのビジネスは、こうした『翻訳=トランスレート』する技術(顔認識、音声など)を開発するベンチャー、その技術を利用しプラットフォームを構築する企業、翻訳されるモノ=コンテンツを作り出すクリエイティブな人の3層で成立

 中間の流通業の付加価値は下がる。モノ・情報を運ぶことで得られる価値はインターネットで低下した

 デジタル映像は、フォーマットを変換すれば、TVでもPCでもケータイでも再生できる。フィルムにプリントされた映画は映画館でしか上映できないし、ノートに書かれた英語は、日本語にはならない。ところが、情報をデジタル化すれば、再生方法は多様化する。

 一つのフォーマットでしか再生できないメディアは、その価値を低下させる。そして、多様な再生方法を可能にするプラットフォームに代替される。

 今後の流通業は、なにかを翻訳することで付加価値を生み出すしかない

■翻訳・認識・変換系

 Native Tung サイトを多言語対応にしてくれる。日本語もあり。ドイツ語と英語でリアルタイムでチャットできる。

 Dubzer: 多言語の翻訳サービス。企業ローカライズのためのプラットフォーム。どんな言語にも対応できるアルゴリズムを開発。辞書エンジンの精度は自動的に向上。元ページの変更・修正にリアルタイムに対応。アメリカでMBA(マーケティング専攻)取得後、インドで起業。世界がボーダレスになると、必ず翻訳機能が大事になると思って起業したそうです。 

 Answers.com : Wiki、Q&Aコミュニティ。質問に自動で答えるデータベースも用意。4000万ユーザー。イタリア語、スペイン語、ドイツ語でも提供。

 Tunewiki : 曲の歌詞を翻訳するサービス。コミュニティなど基本サービスは完備。40ヶ国語をサポート。iPhone、ブラックベリー、Nokia端末で利用可能。日本に帰ってから、自分のiPhoneにダウンロードしてみました。これはオモロイ。ストーンズの海賊版がたまたまiPhoneにあったので聴いてみると、普通に歌詞がでました。日本語に直してみると。Baby、Keep me Happyは、赤ちゃんは、赤ちゃんを私はうれしい!正規版のアルバムが歌詞のバックに表示されます。How come your taste good ! YouTubeからその曲の動画も自動で検索できまする。

 My Vocal : テキストto音声技術を使い、雑誌、新聞を音声コンテンツに変換。通勤中に使われることを想定。パリでも地下鉄通勤が多いので思いついたそうです。

 Digitrad Communications: OrganIP を発表。Facebookチャットを利用した電話。電話したい人の名前を入力するだけで、OrganIPが色んなフレンドリストからその名前を探し、電話をかけてくれる。もう電話番号はいらない!名前を見つけ、コンタクトをとるときに、VoIPを使うサービス。オモロイ!パリ発

■ 業務効率化系・カレンダーSNSのようなもの

 Facebookが顧客データベース、グーグルマップ、GPSが位置情報、この2つにもう一味加えたマッシュアップサービスが多い。

★ 誰もが利用するサービスとして、カレンダー機能を友達と共有、フレンドリストの整理、交通・天気情報をシェア、というのがトレンド

 Gogrok Technology : 仮想化ドキュメントのコラボ作成ツール。台湾の企業。漢字で書くと『谷克』 語感がいいから名付けたそうで、意味はないそうです。

 Zorap : 友達とリアル・ソーシャル・インタラクション。映像、画像、チャット、テクストなどをブラウザで共有

 Liaise, Inc : IM、eメールどれが重要なのか自動でカテゴライズ。自動アクションリスト作成ツール。リエーズを発音します。今回の受賞企業。

 Indigo, LLC : Dekks を発表。どの社員がどんな知識・技術を持っているかをビジュアル化。新しいプロジェクトチームを開始するときに便利。Dekks上でやりとりされる会話、質問と回答をランク付する。社内SNS。月額4-10ドルで課金予定。ブラジル発

 Rseven : モバイルカレンダーをPCとシンクロ。ブラックベリー、ウィンドウズモバイル、シンビアンベース。月額2ドルモデルを2010年2月から開始。カレンダー=手帳は、普遍的なサービスなので、このビジネスを開発した。メールの頻度、電話をとったかどうか、などをグラフで表示。友達の親密度がわかる。日本のケータイサービスは、キュートでクレイジー、サービスが進んでいるのは知っている。ほとんどのアメリカ人は、理解できないのではないか、と話してました。熱いよ。

 Tungle : スケジュールを友人と共有。カレンダーアクセラレーター。アウトルック、グーグルカレンダーとシンクロ。GPS、グーグルマップとも。iPhoneにも対応。無料サービス。日本のiPhoneでも加入できましたが、英語表記のみっす。

 Whodoyouknowat : 人脈のマネジメントツール。新規営業するときに、ターゲット顧客に辿りつけるような人脈を見つけてくれる。

 Lunchster : ランチのアポを取ることに特化したサービス。ビジネスランチのレストラン予約、顧客のアポを取るのが面倒なので開発したそうです。Facebookのフレンドリスト、GPS、グーグルマップをランチというキーワードでマッシュアップしたサービス。日本だと同僚と近所で飯食うだけだけど、と言ったら、少し悲しそうな顔をしてました・・

■ デジタル広告、広告指標 

 Scientific Media: Dot.com を運営。SMSショートコードとインターネットをつなぐサービス。SMSをメディア化。新興国ではテキストメッセージが一番リーチ数多いメディア。創業者は、元々天文学者。アフリカにぜひ進出したいそうです。

 Burt AB : クリエイティブエージェンシーに広告指標(CTR、エンゲージメント、視聴分数)を分析、提供。ビジネス開始3ヶ月。10月に新サービスRichを開始。スエーデンの企業。

 ePulze: 会話、ブログからニュアンス、ネガティブ、ポジティブを判断。マレーシア企業。なぜか会場の受けはあまりよくなかった・・・ なんで

 Glam Media: Tinkerを開始 Twitterのフィードを集めたTwitter掲示板?「#:ハッシュタグ」みたいなもの。自分の好きな話題のカテゴリを作れる。あるキーワードで集められたメディアとして、広告を集めやすい。広告代理店のマイクロブロギングをメディア化する取組。Glam Mediaは女性向け媒体を運営するメディア企業。日本にも進出

 80legs  : クロウリングテクノロジーを顧客に提供。20億ページを5台のPCが検索する。セマンティック検索エンジン。クロリングするページ数に応じて課金。

 VicMan Software : 画像マネジメントサイトpho.to。画像修整が簡単にできる。デジタルノイズ加工。フォトコラージュなど。Photo Bucketのようなサイト?英語、ロシア語でサービス。

● Pinyadda : オンライン情報の収集ツール。不要な情報をブロックするフィルター機能が新しい。。らしい・・ 新しいdigg、deliciousみたいなもの。

■ データ管理、セキュリティ

 Symform : クラウドを利用したディセントラライズ・コンピューティングで、低コストのデータ管理を実現。月額50ドルで容量は無制限。

 Fuze Meeting :  モバイル、PCあらゆる端末で可能な会議システム。パワーポイント、動画、画像も送れる。HDクオリティ。インストール、ダウンロードも必要ない。月額29ドル。価格体系は3パターン。

■ デジタル化された新たなビジネス分野

 Article One Partner :  特許のアグリゲーター。2008年創業。クラウドベース。ノン英語特許も検索可能。

 MyRealstate :  不動産管理のプラットフォーム。SaaSベース。モバイルサービスも提供。

■ iPhoneとラジオの融合 with 交通情報⇒車で使うサービス

 Waze : 無料の交通情報を提供するSNSサービス。CGMで情報を集める。Twtterを利用し、リアルタイムで道路状況がわかる。また、渋滞状況も画像をアップロードできる
ユーザーは、道順を設定、公開・シェアも可能。行く先を設定すると、道路状況から到着時間、距離、道順をナビゲートしてくれる。iPhone、アンドロイド、シンビアン、ウインドウズモバイルで提供。ユーザー数は100万。日本からは加入できなかったデス。。

 YiqYaq, LLC : Radio Weaveを運営。ラジオとSNSを合体。ラジオを双方向に、インタラクティブにするサービス。交通情報も提供。米国ではiPhoneをカーステにつないで音楽を聞くのは普通。Twitter、FacebookIDでログイン。自分で録音した音源もストレージ可能。日本のiPhoneでもダウンロードまではできました。日本語表示あり。

DEMO Fall 09 写真はこちら 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

アジア、アフリカへは、ケータイ決済サービスがこれから伸びる DEMO Fall 09 初日まとめ

 ■ DEMO Fall 09 初日まとめ with 埋田奈穂子研究員

   DEMO Fall 09でプレゼンをするベンチャー企業は64社。昨年は72社、3月は30社くらい

  モバイル、ファイナンス、ソーシャル、がキーワード

  iPhone、FaceBookは、ベンチャー企業にとってサービス開発のプラットフォームとなっている。

  iPhoneは、モバイルサービスのマストアイテム。iPhoneとパソコンのカレンダー、フレンドリストのシンクロ、iPhoneで動画視聴、iPhoneがリモコンなど

 Facebookのフレンドリストを読み込む、ログインをFacebookのIDでさせることも目立つ

 オーガニック農場と買い手(レストラン、ホテル)のマッチングサイト。扱う商品がオーガニック農場という点がトレンド

 ブラジル発のケータイ決済サービス。ケータイ番号にSMSを送って決済。アジア、アフリカは、パソコン、銀行口座がない人が多い。そこで、ケータイを利用した決済サービスが伸びる可能性アリ

 アメリカでは銀行口座がない人が多い。そこで、無料で振込機械をレストラン、バーに配布。手数料で稼ぐ。口座がない人向けサービスもトレンド?

■ オモシロかった会社 

 Zuora : 新聞の有料配信をサポートするSaaSサービス。記事毎、月額、年間契約といった料金体系、決済、その他のサービスをパッケージで提供。顧客データは、メディア側が保有する。日系4世のヨシムラさんもメンバー:D。日本の新聞社も、これを利用したらいいんではないでしょうか。社長は、元セールスフォース、なのでSaaS。    

 Weels : パソコンからキーボードを無くすことを目的に開発。開発ソースはPearl、Java。ドラッグ&ドロップであらゆることができる。自分の好きな画像、映像、記事などをドラッグ&ドロップで集めて送信したり。大学生と高校生が起業。なんだかスゴい。いちばん可能性を感じた企業  

 Twirl TV : Hulu、CBS.comなどのオンライン配信動画をアグリゲート。Facebookとフレンドリストを共有、IDでログインも可能。ある番組を面白いから教えたり、友達がもう見たか、見てないかなどがわかる。PCでの映像視聴が伸びることを見込んで、PC視聴に特化。MITのメディアラボ出身。もう10年以上、オンライン動画配信の研究をしてきたそうです。やっと、出番がきたっ! 

 Traacker : ブログ、Twitterなどのクチコミを集め、評価する。広告宣伝前のPR用データとして販売。

 Micello :  グーグルマップのビル内部版。グーグルマップが表示できるのは、ビルの形と名前まで。本当に必要なのは、巨大モールのどこに自分の行きたいお店があるのか?や、広大なキャンパスのどこに教室があるのか、のようなビルの中の情報。Micelloは、モール内の店舗と提携して、ビル内部の店舗情報をケータイ上に表示させる。地図は、色分けされわからいやすい。カスタマイズも可能。将来は、アメリカのバカでかい駐車場のどこが空いているのか、わかる情報なども提供したい。

iPhone、アンドロイドアプリを公開。

2010年7月に日本版を開始した。

 Point of Wealth Systems, Inc.  IRS、電気・水道代など各種支払、VISAカードへのチャージができるワンストップ・ファイナンシャル機械をバーなどに無料設置。トランザクションの手数料で儲ける。機械は、中国RML社製。アメリカではバーテンダーなど4,700万人が銀行口座を所有せず、彼らの年収総額は、1兆円以上と推測される。新興国にも進出したいそうです

 Freedom SMSを利用した決済システム。ブラジルキャリアの"Oi"と提携、既にサービスを開始している。米国にも進出したい。現在、キャリア、銀行と交渉中。アフリカも視野。

DEMO Fall 09の写真は、コチラ

CNET寄稿記事は こちら