モバイル

2010年10月31日 (日)

アドテックメモ: グリー、D2C

Q KPIは?

グリー 1人獲得したら、自社サイトでいくらお金を落としてもらえるか?CPAだけでなく、その後のARPUも測定している。CPAの値が同じでも、ARPUが違ったりする。そこが重要。

Q 広告メディアとのKPI共有は?

グリー できたり、できなかったり。CMOは元博報堂の人間が、広告出稿も広告営業も一人で管理している。出稿に関しては、グリーで最大の費用項目になっているので、自分と相談しながら決めている。

Q 広告メディアとしての側面から、どんな価値向上をしているか?

グリー 会社として統一基準を持っていた方がよい。テレビ広告は年間これだけみたいな、予算が硬直している企業が多い。

Q iモードを超えるスマートフォンのビジネスアイデアはなにか?

D2C コンテンツサプライヤーも利益が出るエコシステム構築が重要。ドコモは、iモード手数料は9%しか取っていない。海外キャリアのコンテンツプラットフォームは、キャリアが50%以上貰うケースもある。コンテンツで儲かるから、企業が集まる。

Q スマートフォンが日本市場でどれくらい伸びるか?

D2C 2年でシェア20%だろう。普通、ケータイは2年間で買い替える。

Q スマートフォン向け開発に、社内リソースをどれくらい使っているか?

グリー スマホがどれくらい普及するか?という段階の議論はもうやめている。10年後には、iPhoneとアンドロイドケータイだけになるのだから、ガラケーだけやっていると、それは座して死を待つだけ、自分たちは10年後に存在していない、ということになる。とにかく全部やる以外にないという感じだ。
スマートフォン上のビジネスは、強制的にグローバル競争に巻き込まれる。そのなかで、グリーがどう生き残るか。

D2C 電通はデバイス型組織。新聞、テレビ、雑誌と組織が分かれている。日経は、紙もデジタルもやっている。新聞に広告を出したいのではなく、紙とかネットとか関係なく日経のユーザーに広告を出したいクライアントもいる。
D2Cでは、スマホとかガラケーとかデバイスによって専任者はつけていない。

セプテーニ 会社が小さい頃は、全員多機能工だったが、大きくなるにつれて専門的に分化する。意識的なジョブローテションが必要。そのスピードが大事。

Q オーディエンス・ターゲティングについて

コムスコア メディアの付加価値は減っている。プラットフォーム、ソーシャルが重要。

Q グリーの脅威は?

グリー オーバーラップの激しい業界。みんないつの間にかゲームをつくっている。ひとつに執着しない。

Q 起業して生き残れる確率は昔と違う。

グリー 昔は1人でも起業できた。今は無理。パワポで奇麗に作られた計画や機能と実際のニーズは別。マイクロソフトがシングルサインオンサービスを開発したけど、誰も使わなかった。一見便利そうだったが、実はみんなそんなにIDとパスワードをたくさん使ってなかった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

携帯向けマルチメディア放送 公開説明会メモ

DSC01392

Q 新メディアへの期待、将来性
マルチメディア放送 コンテンツは3Dが開始、端末も多様化、メディアは久しぶりの新しいビジネス。コンテンツ、端末、メディアの三位一体でいくのがマルチメディアビジネス

Q 貴重な帯域、スピード感が大事
マルチメディア放送 ユーザーにアピールするサービス、利用効率はよい
メディアフロー 屋内が主な利用であることを想定したネットワーク設計をしている

Q 委託放送事業者との共存共栄は?
フ どこかのレイヤだけ儲かってはダメ。ビジネス開始時のコストに配慮している。エリア構築を共同で。沖縄特区でもコンテンツ事業者とテストをしている。
マ 料金を安く。オープン性をキープ。

Q 衛星回線について
マ 回線稼働率は、99.9961%。1年間で20分ダウンするレベル。
フ 99.99%以上。世帯数が多いエリアは地上回線もカバー。

■ フ⇒マ
Q 全投資額は?
マ P:17: 平成28年度、800局で438億円。都市減衰も考慮。放送システム委員会で。
Q V-LOW帯は、1000億円。NHKで700億円。カバー率90%である。V-LOWはMFNである。V-HIGHはSFNなのに、なぜそれよりも基地局コストが少ないのか?
マ V-LOWの根拠はわからない。フジテレビの地デジで実施している。SNFの混信は1%程度は出るので、そこはカバー率から外している。
Q P.5: ワンセグは品質にバラつきある。13セグではもっとバラつくのでは。
マ 壁通過率。UHFは反射率が悪い。高出力、16QAMで対応。
Q 全国をSFNでカバーするのは今回が初。地デジはMFN。それでも混信する。メディアフロー技術は、混信、ガードインターバルを超えたり、遅延などしても電波に基地局IDを振ってあり、どこからの電波がわかる仕組み
マ シュミレーターでSFNの遅延は1%以内に追い込める結果。測定も厳しめに。
Q 実際に置局すると混信はおきる。電波は実際に飛ばさないとわからない。
マ 徳島の混信では和歌山を調整。基地局が少ないので混信調整は大丈夫。
Q 混信抑えようと出力減らすと、カバーエリアが小さくなり、基地局増やす必要

■ マ⇒フ
Q 置局が多くコストがかかると、委託料金にハネ返る?
フ 安かろう悪かろうではダメ。ケータイユーザーのレベルは高い。確実に電波が届かないと使ってくれない。
Q コンテンツ業界にとって敷居が高い
フ タイミングにもよる。委託要件はまだ不明確。それよりカバーエリアが大事。
Q 委託料20億円かかる。BSのトラポン1つは9億円で、6MHz使える。
フ 平成32年に7000万件に増える。
Q P.7 マはソフトバンクも利用。
フ どちらにせよ、方式が決まれば全てのキャリアはそれを使わざるを得ない。メディアフローは実際にモノがアメリカで出ているし、そのコストもわかる。マの端末が公開されたのも知らなかった。
Q 海外の数字は?
フ AT&Tベライゾンの数字は非公開。
Q 海外事情
フ コンテンツはあるが、実際に端末・モノが既にあるのが重要。

■ フ⇒マ
Q 13セグメントに分かれていない。パケットヘッダーを含め6.5MHz使うのは無駄な電力を食うのでは。メディアフローは、時分割だけを受信する。
マ 蓄積型などは、帯域は使うが時間は短いので、消費電力は少ない。
Q コンテンツに依存して、省電力でいいのか。常時6MHzを受信、画質で変化?
マ ストリーミングを受けながら蓄積画面を見ている。電力消費の7割はディスプレイ、3割が受信アンテナ。
Q ISDB-Tmccはセグメント制御の信号を発信できる。ISDB-Tsbの技術。時分割は世界の趨勢。カーナビも13セグ。
A ISDB-Tmmはワンセグに近い。バージョンアップすれば

■ マ⇒フ
Q 14.5MHzの33セグ同時一括送信、ガードバンドがない。メディアフローはガードバンドなどがある。
A 技術要件は同等と認定されている。
Q 33同時送信はコストが安くなる
A 周波数インタリーブ。13.9MHz、14.5MHzを埋める。インターバル必要。伝送性能が違う。
Q 800局の調査どれくらいしている
A 148の業務をチェック。VHF-Hiの放送局からも申し出あり
Q 免許は5年間有効。置局で、ブースターやCATVとの混信もある。
A 局数が多いから対策費が多くなることにはならない
Q 5年で累損解消。10年目で累損解消

■ 会場
Q 海外?
A ISDBは物理層は同じ。
Q アメリカ?
A リアルタイム視聴が盛り上がっている。これはワンセグ視聴行動と同じ。

■ビジネスモデル

マルチメディア放送:3年目で単年黒字

2014年度 売上114億円 営業利益 8千万、普及台数 4000万台

メディアフロー:5年目で単年黒字

2016年 売上 277億円 経常利益34億円、普及台数 2020年度7000万台
委託放送役務料金、1MHzあたり年間29億円。5年契約で1年目は3.5億円

2010年6月25日 総務省

参考:

クアルコム ジェイコブズCEOがFLO技術について言及 2010年5月のUpLinkの映像
クアルコムがFLOTVユニットを売るかもというニュース 2010年5月(UpLinkでの発言を元にした記事。しかし、サイトの映像には言及箇所なし。。)

| コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

DEMO Fall 09 from the Japanese Perspective

Small talk with Naoko Umeda san, ' What intrigued us in DEMO Fall 09? ' , Suitengu shrine, Ningyo-cho, Tokyo

 

Say you want a revolution, well you know... count me out

She points out that the incooporate SNS like Dekks powered by Indigo would be necsessary for us to improve productivity. Dekks gives us a good tool for the 'right person at right place' case.

Sure it does. However, so many productivity improving gadgets are out there and I have not seen them get the job done. Why? One of the reasons is that employees don't want to new tools. They think it lowers the productivity to use unfamiliar tools. They are now sutisfied just email or having a small talk.

The lower white-color productivity bottlenecks for the better work flow or larger surpass. But in Japanese situation, we need to spare us out of the bureaucratic process of decision making first. General or accountant stuff works hard with happiness to make so many rules to say that we need to keep our security, account rule change or the SOX act :) Rules piled up with keeping to send e-mails from general affair division. Some enterprises seem like the empire of the social democracy in the capitalism world. After removing this bureaucratic system, the incooperate SNS would work well. 

Lost in Translation? Well, machine will help you..

Translation is the next generation keyword in the online business.

Chinese, Indian or most of European entrepreneurs pitch their services in the global market. 70% of online conversation is in non English. Mobile is the first computer for people in the emerging market. SMS reaches billions of users everyday. There are huge opportunity among the start-ups.

Dubzer, the machine translation developer, sees the bright future in the translation business. But, is it possible for the symple argolithm to apply the multiple translation? The Dubzer CEO, Anjali Gupta said, 'We can do that'. Their argolithm determines the way of transition each alpahabet, Chinese characters or Japanese hiragana. It works automatically and learns the way with organic.

Google already has machine translation service, and few people think that works well. However, I see the search results of Google translation when I serach some foreign news. It will be productive for many non English speakers to use their mother tongues to understand the information written in English. 

A DEMO producer, Chris Shiply pointed out that Web 3.0 will be the 'distribution web' where the real world information carrys on the digital world. More spread the internet will, more people with non English speakers will log on. The new horizne of internet industry streaches on the Africa or Asian with local language and non techy people. 

Zipangu or Galapagos?? Where to go, our ahead mobile market?

Azlan S. Shahabudin COO in Rseven, the mobile calender sync service, said, 'We focus on the mobile calendar because this is universal service. That's the way it is.' Rseven records every activity on daily life and archives it.You can check what you did on the paticular day. 

 

There were other share the calendar or leverage-friend-list services at DEMO fall 09. Lunchster will makes you a lunch master and Tungle gives availability of share the schedule for you with friends. Most of them use iPhone platform.

Those are intersting for me, but I am not familiar with the leverage of my own friends lists. There is interesting cultural differences. The US people like social and we don't. Instead of busines use, most of the mobile sevice here in Japan is for amusement such as casual games and fortune teller. Teens or many commuters check the email (not SMS), writes what they are doing on SNS, or reading mobile literature.

I told Mr. Shahabudin that we use a notebook to manage their schedule. He said, 'Never' :D 'Hello! Kitty' note books are the schedule manager. 

Mr. Shahabudin said, 'Japanese mobile service are crazy, we don't understant that.' The cuteness, or kawaii, is the key to the success in the mobile business here. It could be teens who have initiated how to use mobile phones. Decome, or mail application to decorative their mail, or Emoji, cute ascii art for email don't exist without their enthuisiasm for the mobile communication. We thought we are ahead in the mobile market. But, is it a zipangu or glapagos??

Japan has the lack of our ability of developping 'platform'. Google, Amazon or Facebook... all the online platforms come from the U.S. We have Yahoo! Japan, which is the only search engine that Google can't overwhelm in the local market. Mixi is the number one SNS, which

has eight million subscribers. Docomo i-mode has enjoyed the paid contents model for a decade. Mobile restaurant search is familiar for many years. Our distress is none of our convinient service goes abroad as global platform. Masochistically, we called our mobile market Galapagos, where the evolution occured by own in each of island.

News paper dilemma, free, to be or not to be

Z-commerce, powered by Zuora, would solve the Japanese media congromarites dilemma, free or pay. As the US or any other nwes paper companies do, Japanese newpapers suffer from their structual downturn economy. Asahi and Nikkei has annouced that they will end in deficit in the fiscal year of 2009.  It seems that they can not figure out the digital transition solution yet. Z-commerce has all in one package. Good solution for those Japanese media giants.They should contact with them.

Well, here are some thoughts on DEMO.. If you come to Tokyo, pleased to show you around, sushi in the fish market can't be missed :))

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

アジア、アフリカへは、ケータイ決済サービスがこれから伸びる DEMO Fall 09 初日まとめ

 ■ DEMO Fall 09 初日まとめ with 埋田奈穂子研究員

   DEMO Fall 09でプレゼンをするベンチャー企業は64社。昨年は72社、3月は30社くらい

  モバイル、ファイナンス、ソーシャル、がキーワード

  iPhone、FaceBookは、ベンチャー企業にとってサービス開発のプラットフォームとなっている。

  iPhoneは、モバイルサービスのマストアイテム。iPhoneとパソコンのカレンダー、フレンドリストのシンクロ、iPhoneで動画視聴、iPhoneがリモコンなど

 Facebookのフレンドリストを読み込む、ログインをFacebookのIDでさせることも目立つ

 オーガニック農場と買い手(レストラン、ホテル)のマッチングサイト。扱う商品がオーガニック農場という点がトレンド

 ブラジル発のケータイ決済サービス。ケータイ番号にSMSを送って決済。アジア、アフリカは、パソコン、銀行口座がない人が多い。そこで、ケータイを利用した決済サービスが伸びる可能性アリ

 アメリカでは銀行口座がない人が多い。そこで、無料で振込機械をレストラン、バーに配布。手数料で稼ぐ。口座がない人向けサービスもトレンド?

■ オモシロかった会社 

 Zuora : 新聞の有料配信をサポートするSaaSサービス。記事毎、月額、年間契約といった料金体系、決済、その他のサービスをパッケージで提供。顧客データは、メディア側が保有する。日系4世のヨシムラさんもメンバー:D。日本の新聞社も、これを利用したらいいんではないでしょうか。社長は、元セールスフォース、なのでSaaS。    

 Weels : パソコンからキーボードを無くすことを目的に開発。開発ソースはPearl、Java。ドラッグ&ドロップであらゆることができる。自分の好きな画像、映像、記事などをドラッグ&ドロップで集めて送信したり。大学生と高校生が起業。なんだかスゴい。いちばん可能性を感じた企業  

 Twirl TV : Hulu、CBS.comなどのオンライン配信動画をアグリゲート。Facebookとフレンドリストを共有、IDでログインも可能。ある番組を面白いから教えたり、友達がもう見たか、見てないかなどがわかる。PCでの映像視聴が伸びることを見込んで、PC視聴に特化。MITのメディアラボ出身。もう10年以上、オンライン動画配信の研究をしてきたそうです。やっと、出番がきたっ! 

 Traacker : ブログ、Twitterなどのクチコミを集め、評価する。広告宣伝前のPR用データとして販売。

 Micello :  グーグルマップのビル内部版。グーグルマップが表示できるのは、ビルの形と名前まで。本当に必要なのは、巨大モールのどこに自分の行きたいお店があるのか?や、広大なキャンパスのどこに教室があるのか、のようなビルの中の情報。Micelloは、モール内の店舗と提携して、ビル内部の店舗情報をケータイ上に表示させる。地図は、色分けされわからいやすい。カスタマイズも可能。将来は、アメリカのバカでかい駐車場のどこが空いているのか、わかる情報なども提供したい。

iPhone、アンドロイドアプリを公開。

2010年7月に日本版を開始した。

 Point of Wealth Systems, Inc.  IRS、電気・水道代など各種支払、VISAカードへのチャージができるワンストップ・ファイナンシャル機械をバーなどに無料設置。トランザクションの手数料で儲ける。機械は、中国RML社製。アメリカではバーテンダーなど4,700万人が銀行口座を所有せず、彼らの年収総額は、1兆円以上と推測される。新興国にも進出したいそうです

 Freedom SMSを利用した決済システム。ブラジルキャリアの"Oi"と提携、既にサービスを開始している。米国にも進出したい。現在、キャリア、銀行と交渉中。アフリカも視野。

DEMO Fall 09の写真は、コチラ

CNET寄稿記事は こちら