« 2012年12月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月20日 (日)

ロンドンの家電量販店 Cury's スマートテレビの販売方法

Kensington High Street, London

ロンドン、ハイストリート・ケンジントン駅から徒歩5分くらい。イギリスの家電量販店「Cury's」
散歩中、朝9時からやってるのを知って、帰国の日に来てみた。

Cury's London

客はまだ誰もおらず、店員が2人。テーブルでなにやら話してる。
お店の入口を入るとすぐキンドル(69ポンド)が飾ってあり、モバイルコーナー、そして一番奥がテレビ売場。
売場の中心はサムスン。大きなディスプレイを提供している。正面から見える側にサムスン、LGが並び、裏側にパナソニック、東芝などが並ぶ。
スクリーンはほとんどサムスンのスマートテレビ用プロモーションビデオが流れている。
テレビ売場の右側に、この写真のボードが貼ってあった。
その左側に、Freeview、BT Visionなどの外付けSTBのコーナー。DVDプレイヤーは随分とコーナーが縮小している。イギリスでも録画しなくなっているのだろうか。

SmartTV

新作映画は、3ポンドから10ポンド程度。

LG SartTV

LGのSmart TV

Smart TV Language select

スマートテレビの言語選択画面。

TV with Keyboard

キーボード付きのテレビが売っていた。1,349ポンド。サムスン製。

youviewとFreeview

Freeviewとyouviewの比較POP

youview

youviewの500Gハードディスク付きレコーダー。199ポンド。

2013年10月17日 (木)

ホリデイ・イン・ロサンゼルス。近辺のお店 Holliday Inn Los Angels Walk of Fame

Walk of Fame, Hollywood, LAホリデイ・イン ウォーク・オブ・フェイム。ハリウッド地区にある。ウォーク・オブ・フェイムとは、ハリウッドスターの手形が並ぶ歩道のこと。そこから歩いて5分ほど。









Holiday inn Walk of Fame

(空港からホテルまで)

LAX空港からタクシーで55ドル(チップ込み)。ハイウェイ等を通って45分程度。
ホテルに着いたら、1階フロントでチェックイン。とても小さなデスク。

(部屋)

部屋は結構広い(サンフランシスコの空港近くのホリデイ・インよりは相当広かった)。ツイン。コーヒーメーカー。アイロン。バスタブは膝。石鹸。シャンプー。いつものホリデーイン仕様。テレビ。

入口右側に水やコーラを買える小さな売店あり。

 

(Free WiFi インターネット)

アメリカのホテルのインターネットWiFi設定はとても簡単。パソコンを立ち上げ、ブラウザを起動すると、自然とWiFiログイン画面になる。ホテルによって、ID/PWが必要なときは、フロントで聞いておく。「Is There WiFi Connection?」でも、「WiFi? WiFi? ID? Password」と言ってれば、大抵理解して、ID/PWを教えてくれる。IDは自分の名前のときも、部屋番号のときもある。聞き取れなかったときの参考までに。

インターネットさえ繋がれば、LINEもSkypeもFacetimeもできる。つまり、海外ケータイ・パケットし放題とかに申し込まなくても、日本と連絡できる。メールもGmailとかであれば、使える。

(印刷)

ビジネスルームがあり、パソコンとプリンタが置いてある。そこで、印刷可能。ただし、日本語フォントは無し。よって、ウェブチェックインしてボーディングパスを印刷することは事実上不可能。日本語サイトの場所を覚えておいて、勘でクリックすればできるが。。

(朝飯)

バフェとは名前ばかりの、パン、ヨーグルト、ケロッグの取り放題。お皿を片すのも自分でやる。

Breakfast in LA

(廻りのお店)

ホリデイ・インの目の前に、ボロいモールがある。寿司、スーパー、スタバ、サブウェイが入っている。ハッキリいって、観光では来ない場所。

Sushi Shintaro in the Mall

スーパー:水が3ドルもする。お店の人は、韓国系か、優しい。

Le Oriental Bistro(銅鑼湾):昔から行ってる中華。別に美味くないが、不味くもない。独りで入っても平気。安い。一度、白ずくめの内田裕也さんがいた。Walk of Fameに立っているスターウォーズとかのそっくりさんたちもメシを食ってる。チャーハン+チップで16ドル。

Le Oriental Bistro, Highland, LA

 

Sushi Shintaro:まぁまぁ。カウンターもある。

Sushi Shintaro, Walk of Fame, LA

Chado Tea Room:コダック・センターのなかにある紅茶屋さん。独りで入って、なおかつユッタリ、のんびりできるお店。アメリカで「TEA」を売ってる店は、たいてい店員もソフトで優しい。ので極力、こうしたお店で休む。ランチのサーモンサンド+紅茶で13ドル。

Chado Tea Room, Hollywood

Sushi KINO:Walk of fameの外れにある。店員は韓国系?の方。マズくはないが、美味くもない。昼間行ってもやってる。15時か16時頃、お腹空いたときに米を食える。

Sushi KINO

Sushi KINO

Sushi KINO

animal:オシャレな店。寂れた場所にある。自分はハリウッドからバスで行った。Kanpachi tostada 16ドル。Veal brains(子牛) 13ドル。

animal

animal

2013年10月 7日 (月)

ロサンゼルス空港から市内。地下鉄、バス、シャトルバスSuper Shuttle

(空港から市内)

Blue Line

ロサンゼルス空港からハリウッドへは、タクシーで55ドル(チップ込み)、45分。
帰りは、シャトルバスサービス「Super Shuttle」を頼んだ。ウェブで予約。クレジットカードで。16ドル。とても簡単。ホテルで待ってると、電話が来る(日本のケータイ電話番号でもかけてくる)。ホテルだけでなく、自宅に呼んでる人もいた。4件廻って空港へ。40分程度。結構、信頼できる感じ。写真右側のディスプレイで予約などを確認している。オススメ。チップは渡さなかった。もちろん渡してもいいけど。一緒に乗っていたアメリカ人は誰も渡していなかった。

(地下鉄)

一律35セント。自販機でカードを買ってもいいし、1回ごとに買ってもいい。改札口に人はおらず、切符を買わなくても入れる。ハリウッドからチャイナタウンや美術館、それにダウンタウン(LA LIVEやレイカーズのホーム「ステープルセンター」、また南カリフォルニア大学)に行くには便利。ハリウッドからダウンタウンは30分くらい。途中で乗り換える。車内もそれほど怖くない。ダウンタウンの駅は地上にでる。都電的な雰囲気。路線図だけを見ると、ちょっとイメージわかないが、実際に乗ってみると「これは使える!」って感じ。

Los Angels Subway Ticket Machine

IMG_5728

LA Subway gateway

LA Subway

Los Angels Metro Station

Subway Los Angels

(バス)

バスも地下鉄同様、あまり利用する人はいないみたいだが、便利といえば便利。最初に入口でお金を払う。値段は忘れた。1ドル札を入れる。それほど危険ではない。下りる停留所でヒモを引く。バスも地下鉄も、スーツ姿のビジネスパーソンは乗ってない。

Los Angels Bus

2013年10月 5日 (土)

サンフランシスコ空港から市内の地下鉄・バス。ホテル ニッコー・サンフランシスコ

Jazz Man

(場所)

サンフランシスコ空港から、地下鉄BARTに乗る。空港内は「BART」の看板に沿っていけば、簡単に見つかる。自動販売機でチケットを買う。
ほかに、ターミナルの出口を出て、いちばん外側の車線まで出て、ホテルの巡回シャトルバスに乗ってもよい。(ニッコーがあるのか忘れた。ホリデー・インはある)バス乗り場に着いたら、泊まるホテルの番号(電話に書いてある)に電話、どこのターミナルのバス乗り場で待ってるかを伝える。しばらくすると、バスが来る。

San Francisco BART Map

BARTは、来た電車にとりあえず乗る。下の自販機でチケットを買う。薄いカードを自動改札機に通す。
車内は特に危険ではない。
15分くらいで市内。ニッコー・サンフランシスコは「Powel St.」 駅(地下の駅)で下車。
駅を間違えると、結構遠い。「UN Center」駅で降りたら、ちょっと遠かった。8ブロック歩く。

BART Bart Ticket Machine

BART Ticket

(部屋)

Hotel Nikko SanFransisco

モダンな内装で綺麗。ポッドは無し。コーヒーメーカーでお湯を沸かす。緑茶ティーバッグ1個。他紅茶もあり。アイロン、ドライヤーあり。
テレビはLG製。LODGE NET。
リモコンが新しくなっており、使いやすい。古いタイプのものとは違う。
1階にレモン水サーバーがある。無料。
ルームサービスのチーズバーガー。18ドル。

Cheez Burger at Nikko San Fransisco

(近所)

ホテル1階にスタバがある。目の前の酒屋で水を買う。2ドル。近くにうどん屋。
ユニオン・スクエアやチャイナタウンも歩いていける。チャイナ・タウンは、ユニオン・スクエアを斜めに抜け、2本目の道を行くと、すぐ入口の門がある。15分ほど。チャイナタウンまでは、お店が続いているので、楽しい。あっという間に着く。

チャイナタウンでよくいく中華「嶺南小館」。地下がお店。ラーメン一杯6ドルくらい。白人のアメリカ人のオジサンが、伸び切ったラーメンを旨そうに啜っていた。

R&G Lounge 嶺南小館 Noodle Soup

フィッシャーマンズ・ワーフまで歩くと、大体50分くらいかかる。チャイナタウンを過ぎると、普通の住宅街なので、歩いていても退屈。安全そうではある。ただ、人通りは少ないので、なにかあったらアウトかも。素直に、路面電車で行ったほうがいい。

ジャイアンツの球場までは、20−30分くらい。こちらは、ちょっと怪しい雰囲気が続く。昼間も人通りは多いので、それほど危険ではないと思うが、場末な建物が並ぶ。ちょっと怖い。帰りは、球場帰りの人がたくさん歩いてるので、大丈夫。

ロンドン・ヒースロー空港から市内へ。地下鉄とバス、レンタサイクルと路上地図

ロンドン・ヒースロー空港へは夕方着。

(入管)

アジアからの着便が集中し、結構混む。少しでも早く行こうと思うのが人情だが、空いてる窓口にどんどん人を入れるので、結局努力してもあまり関係ない。
ので、のんびり前の人について待つ。2013年9月行ったときは40分くらいかかった。

(税関)

書類を渡して終わり。

(電車)

ロンドン地下鉄・空港から市内

Train to Paddington

出口を出て、左に向かう。下に下りるスロープがあるので、そこを下りる。
スロープ左手にポンドにお金を返る。Traveloxだと、帰国時、円に戻すときに手数料ゼロ円。それに、Paddington行きの切符も買える。20ポンド。
スロープを下りると、切符販売機。
エレベータで下に下りる。
エレベータを下りると、もうホーム。
ホームに止まってる電車に乗り込む。自由席。
検札は車内で。
20分くらいでPaddington駅に到着。
ヒースロー空港に4時頃着いて、Paddington駅に5時40分に到着した。

(地下鉄乗り換え)

電車を下りて、進行方向に歩く。改札は無し。
まっすぐ歩くと、正面階段が地下鉄入口。
階段を下りると切符販売機。
「Oyster」カードを買う。現金が無ければ、クレジットカードで買える。
クレジットカードは挿入し、引っ張る。
10ポンドか20ポンド。好きなチャージ額を選ぶ。
Oysterカードを使うと、地下鉄やバスは2ポンド。現金だと4ポンド掛かる。
あとは、ホテルの最寄り駅まで、地下鉄で。
地下鉄Paddington駅は、地上駅というか、半地下だが空が見える。

(Oysterカード)
 

このカードで地下鉄もバスも乗れるので便利。
地下鉄は乗るときと下りるときにタッチ。バスは乗るときのみ。

(レンタ・サイクル)

利用はしなかったがが、至るところにサイクル・ステーションがあり、便利そう。1時間まで1ポンド。

London Rental Bycycle

(路上の地図)

徒歩5分、10分圏の○が描かれていて便利。

ロンドンの街頭地図

Copthorne Tara Hotel, Kensington LONDON

London

Copthorne Tara Hotel:四つ星。外観は旧共産国の建物的な感じ。全体的に汚くはないが、気分が盛り上がるホテルではない。泊まって楽しくはない。しょうがなく泊まる感じ。WiFiのセットアップも時間かかる。日本語表記もある。日本人多い。

(場所)

Kensington Renta Cycle Station

The Copthorne Tara Hotel, Kensington LONDON

High Street Kensington駅を降り、大通りに出て左。1個目の角を左に入る。左手にカフェ「Nero」。その次がWarner Music。右手にThe Maffin Man。その路の突き当たりに「Kensington hotel」がある。それを左に入るとホテル。3分程度?
慣れたら、High Street Kensignton駅の改札を出て、すぐ左へ。薬屋Bootのなかをくぐり抜けると、カフェ「nero」の前に出れる。

(部屋)

Copthorne Tara Hotel, Room

Copthorne Tara Hotel, London

汚くはないが、キレイではない。「ステキ!」って感じには絶対ならない。アメリカのホテルに比べると狭め。ベッドも細い。テレビはLG。NHK WORLDも入る。
バスタブは膝くらい。石けん、シャンプー、バスソープ。アイロンあり。ポットとティーバッグもある。
インターネットは無料。WiFiのセットアップはとても苦労する。

(朝飯)

Morning Buffe of Copthorne Tara Hotel, London

ビュッフェ。6時頃から開いてる。パン。ソーセージ、ベーコン、シリアル、ヨーグルト、目玉焼き(オムレツではない)。紅茶はウェイトレスの人が入れてくれる。

(バス)

High Street Kensingtonを左に1分くらい歩くと、バス亭がある。「9」「10」番によく乗った。バス亭の前にスタバ(WiFi完備)。MUJIもある。
右に行くと、駅ビルの「Marks & Spencer」、その横に「Whole Foods」、その前に「ユニクロ」。しばらく歩くと、よさげなホテルとレストラン。それに、電器屋「Cury's」。10分くらい。
Marks & Spencerの地下で果物、サンドイッチなどを買える。

Grapes

Marks & Spencer

Marks&Spencer High Street Kensington

« 2012年12月 | トップページ | 2013年11月 »