« Boxee、CBSなど・・オーバー・ザ・トップとプレミアムの議論 CES2010 | トップページ | アメリカの有料放送事業者、加入数推移 »

2010年3月 2日 (火)

LTEってなんだ? feat. Oni先生

DSC07315

■ LTE (Long Term Evolution) ってなんだ??

- 2010年から世界各地で始まる新しいケータイの方式
- 通信速度が速いので、ケータイでも動画が普通に見れる時代になる

■ いつ始まるの?

- 日本では、2010年、ドコモが開始すると言われている
- 米国では、ベライゾンが2010年に開始。ベライゾンは、日本でいうドコモ、auみたいなケータイ会社の名前
- ヨーロッパでは、テリアソネラがスウェーデンとノルウェイで2009年12月に開始済み

■ 2G、3G、4Gってなに?

- Gは世代、Generation
- 速度が速くなるケータイの通信規格
- 日本は今3Gの時代。LTEは、4G、3.9Gと呼ばれる
- 諸外国では、2Gが普通だったりする。
- アメリカでもまだ2Gが普通だったりする。

DSC07451

■ モバイルのキラーアプリが映像と言われる考えの背景

- 通信速度を上げるには、通信キャリアが自分で送信アンテナなどを建設しなければなりません。
- 建設コスト分、お客さんがケータイを使ってくれればいいんだが・・・
- 面白いコンテンツがないと、使ってくれないだろう。
- 面白いものといえば、映像だろうなぁ
- しかし、ユーザーはいくら見てもデータ定額制
- 映像コンテンツは、容量が重い。帯域をたくさん使う。
- でも、ユーザー料金は、定額だから増えない
- ジレンマ・・・

■ キャリアとメーカー(ベンダー)の関係

- LTE用のケータイが無いと利用できない
- メーカーが作ってくれないと広まらない。メーカーは広まらないと作らない
- ただし、ユーザーは誰も気づかない
- 今でも、auとドコモでは通信方式、規格が違う・・・けれど誰も気づきません。裏で頑張ってる人がいる

■ なんでベライゾンは、LTEを早く始めなければならないの?

- LTEは、CDMA(今のドコモなど)という3G規格の発展形。送信設備などを応用できる
- auは、CDMA2000という規格。チップメーカーのQualcomm(クアルコム)が中心の規格。
- CDMA2000を採用しているのは、KDDI(au)とベライゾン(Verizon)くらい
- クアルコムは、CDMA2000の発展形開発を放棄
- なので、ベライゾンは早くLTEを始めなければならない

■ 帯域と規格

- よく「700Mhz帯にオープンアクセスなんちゃらがついていて」という文脈があります。
- それと、LTEは違います。LTEはテレビでいえば、UHFかVHFかみたいなもの。帯域は、1chか千葉テレビ46chか、ってことです。
- 日本のテレビをアメリカ持っていっても映らない!のは、テレビに使ってる電波帯域が違うから。
- LTE方式を使う帯域が、国ごとに違うと、国ごとに違う端末を作らなければならないメーカーは大変!

DSC07455

■ 帯域が逼迫って??

-  田舎は周波数余っているが、都市部は3Gは破綻してるに近い。
-  LTEは40M帯域が必要
-  基地局をどうやって増やすか?が課題。一般的に住民はこれ以上基地局が自分の家の回りに増えるのを嫌っている。タワー建設は到底ムリ。
-  LTEは、より細かい基地局が必要
-  1日7.2ペタバイト使われてる。
-  3G網(3.6Mbps、10MHz帯)を7.2Mbpsにアップグレード HSPA

■ アメリカのケータイ料金って?

- 郵便番号ごとにケータイ料金が違う
-  ベライゾンは、その月の利用料の余りを翌月に持ち越せる。日本だと、auはOK、ドコモは2ヶ月まで

■ iPhoneがつながらないって??

- 日本でもソフトバンクがつながりにくい?ってよく聞きます
- ニューヨークやサンフランシスコだと、iPhoneがつながりにくいってよく言われる。
- iPhoneはAT&T。
-  2008年6月からAT&Tは、アップルへ1台400ドルの助成金払っている。
-  iPhone2年契約でAT&Tは2000ドル収入を得ている。
-  AT&Tは、スマートフォンユーザーに月額30ドルデータプラン義務付けている。
-  iPhoneユーザーは900万人。平均利用料100ドル。

■ 電話なのに、データプランしかない時代が来る?

- LTEは、全てIP ⇒ データ、インターネットと同じ
- いま、iPhoneだと、Wifi(無線LAN)経由で、スカイプができる。
- iPhoneで話してるけど、インターネットを通じて話してる。iPodやパソコンと同じ。
- 電話会社は、音声(通話)料金とデータ料金、別建てでユーザーから貰っている
- ところが、スカイプが(VoIP: Voice over IP、ボイプと呼びます)使えれば、ユーザーは電話プランは要らなくなる。
-  2010年2月、ケータイ電話会社のベライゾンがスカイプ搭載を発表

「通信ってなんだ??」 LTE編

通信と放送の融合??そんなの10年前からあるじゃん。ところが、テレビマンにとって、通信とは似て非なるもの。元は同じだけど、電話とラジオに分かれて100年。考え方もだいぶ違ってきています。問題は、世の中が通信寄りのコミュニケーションに移ってきてること。テレビの人に、通信ってなんなの?網って?LTE??Yakisoba好きのOni先生が、通信について教えてくれます。今回は、「LTEってなんだ?」

« Boxee、CBSなど・・オーバー・ザ・トップとプレミアムの議論 CES2010 | トップページ | アメリカの有料放送事業者、加入数推移 »

通信ってなんだ?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/47410640

この記事へのトラックバック一覧です: LTEってなんだ? feat. Oni先生:

« Boxee、CBSなど・・オーバー・ザ・トップとプレミアムの議論 CES2010 | トップページ | アメリカの有料放送事業者、加入数推移 »