« オリンピックの放映権 | トップページ | 家電メーカーは、ダメなんだろうか??そしてVIZIOの出現 »

2010年2月16日 (火)

米国5大メディアコングロマリットの売上推移

5大メディア・コングロマリットの売上・営業利益推移の表(PDF)ダウンロードはこちら

2007年1月から2009年12月まで。

Club Penguin のプリペイドカード

2007年といえば、テレビ局が「視聴者はテレビに戻ってきてくれる」と思ってた頃。MySpaceやYouTubeに番宣コンテンツを提供していた。また、ディズニーがClub Penguinを買収したり、CBSがLast.fmを買収したり、SNSをメディアとして取り込む動きも活発でした。

3年前はテレビに期待感があった

上図(PDF)ダウンロードはこちら

しかし、流れには逆らえず・・・

2008年3月にHuluを開始。インターネットはインターネットで完結させる方向に転換。広告は、テレビ+インターネット and 屋外看板など・・・

メディア・コングロマリットにとって、2006年10月にYouTubeをGoogleが買収してしまったのが、大きな分水嶺だった。。プロフェッショナルな、プレミアムなコンテンツを配信していても、HuluはYouTubeの視聴回数の10分の1だ。

Asus 

これからは、

スマートフォン、タブレット端末上のメディアとはなにか?がテーマに戦略を練るしかない。おそらく固定的なメディア、枠という概念より、プラットフォームがひとつの解だろう。

コンテンツは、映像・テキスト・音楽などが合わさったものになる。広告もだけど。

MediaChart

« オリンピックの放映権 | トップページ | 家電メーカーは、ダメなんだろうか??そしてVIZIOの出現 »

コンテンツのビジネスモデル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/47575968

この記事へのトラックバック一覧です: 米国5大メディアコングロマリットの売上推移:

« オリンピックの放映権 | トップページ | 家電メーカーは、ダメなんだろうか??そしてVIZIOの出現 »