« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月27日 (金)

Boxee、なぜソフトウェアにとどまるか?

Boxeeとは、まとめ資料をダウンロードする

・ テレビをインターネットにコネクトするのが次の収益源
・ ヤフー・ウィジェットは、エンターテイメントサービスではない
・ テレビのインターネット画面は、まだおそまつだ


Boxee  メーカー、メディア、コンテンツビジネスにとって、テレビをコネクト(インターネットにつなぐ。インターネットで他デバイスとつなげる)するのが、次の収益源となろう。今のところ、テレビメーカーが発売しているネット接続テレビのインタフェースは、優れているとはいえない。ハードウェアメーカーが、ソフトウェアで勝負するのは、いい結果を生まないだろう。

Boxee  VUDU、Netflix、ヤフー・ウィジェットを試している。それぞれ素晴らしいサービスだが、まだ改良の余地がたくさんある。VUDUは、素晴らしいサービスだと思う。NetflixもXboxなど色々なデバイスにサービスを提供していていい。とにかく、今後『テレビを売る』商売は、難しくなるだろう

Q. ユーザーにIPTVや新しいセットトップボックスを欲しいと思わせるポイントはなにか?

ZeeWee  ヤフー・ウィジェットは、ユニファイド・サービスとしては、いいサービスだ。しかし、ヤフー・ウィジェットは、ネット動画をテレビで視聴するサービスではない。ネットのウィジェットをテレビで見せるサービスだ。株価や天気などの情報配信のサービスだ。

ZeeWee 現在のテレビは、インターネット・コンテンツをオープンな環境で視聴するにはパワー不足。コーデックがたくさんあり過ぎて、対応できない。

OpenTV OpenTVは、東芝、パナソニックにブラウザ技術を提供している。日本では、テレビを買ってインターネットに接続すると、コンテンツを見られる。しかし、今のサービスは、とてもヒドい(笑) 

OpenTV  ユーザーは、テレビでパソコンと同じようにインターネットコンテンツを見られると思ってスイッチをオンするが、とてもガッカリする。解像度、画格がテレビ用に作られてないからだ。ヤフー・ウィジェットは、インターネットコンテンツをテレビにあった形で見せようとしている点が評価できる。

OpenTV プラットフォームという観点から考えても、iPhoneのアプリとヤフー・ウィジェットは、だいぶ違う。モバイルは、ワン・トゥワンコミュニケーションだ。テレビは、もっと家族的なもの。テレビを家族で見ているときに、自分宛てのメールがテレビ画面上にポップアップしたら、その内容によっては物議を醸すこともあるだろう。

ZeeWee  インターネットテレビの成長はアンリミテエッド。コンテンツの配信網、視聴可能になる環境。

OpenTV  衛星放送で配信するのが一番回線コストが安い。

Boxee  ユーザインタフェースが重要。Boxeeの次バージョンは、映像検索、検索結果の表示方法に工夫している。人気度、好みなどのカテゴリを加えている。クリッカー(Clicker)というウェブのテレビガイドを目指しているベンチャー企業に注目している。

Boxeeとケーブルテレビを巡る論争(2009年3月ニューヨーク)はコチラ

■ パネリスト 詳細
John Gildred, President, SyncTV
Vic Odryna, Co-Founder and CEO, ZeeVee
Mike Noonen, Senior Vice President, Global Sales and Marketing, NXP
Greg Gudorf, CEO, Digeo
Nick Fishwick, Vice President, OpenTV Labs
Andrew Kippen, Vice President, Marketing, Boxee
Paul Moroney, PhD, Fellow, Advanced Technology, Home and Networks Mobility, Motorola, Inc.
Rick Doherty, co-founder and Director, The Envisioneering Group, Moderator
Digital Hollywood Fall 2009,  2009年10月21日 9時- サンタモニカ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

3Dカメラ Inter BEE 2009 メモ

3D Camera Shooting 3D Camera Rigs and Red

(写真左)3Dカメラを使った収録風景。3D撮影には
2つのレンズ(映像)が必要。現在のところ2台カメラ
が必要なので、カメラを積むRIGという機械が必要になる。
(写真右)2つのレンズは、鏡に映った風景をそれ
ぞれ映像に収める。人間の両目の間隔(6.5センチ)
を基準にレンズ位置を決める。レンズが大きすぎる
ので、並べると6.5センチに収まらない。なので、
こういう横を縦にカメラを設置する機械が必要。重さ
は65Kg。

3Dカメラ リグの調整 IMG_2691

カメラ2台を固定する機械RIGの、調整ダイヤル。
レンズの距離、視差角を左右についたダイヤルで
調整する。

3Dカメラ リグの調整 IMG_2691

レンズ2つを並べた小型3Dカメラ。写真左は、映像
データマガジン。ロウデータはここに格納される。
このデータを元に、デジタル現像作業をする。作業
概念は、フィルムのときと同じ。ロウデータから
好みの色などを調整する。

 IMG_2691

ソニーの3D編集機。撮影した映像の3D度を際立た
せたり、2D文字を3Dに変換したり。

 IMG_2691

取材してそのままU-Streamで配信。スゴイ!これ
からの記者・ビジネスパーソンには、動画制作能力
も求められる。

[メモ]

- REDの映像は、まったりしている。フィルムと質感が似ている。
- サイド・バイ・サイド方式 : 画面を左右2分割。BS11chの方式
- フレーム・シーケンシャル : 交互に左目・右目映像を出力
- 偏差 : 走査線1本ごとに左右映像を出力
- ハリウッドのDVD商売3年前から赤字
- ディズニーなどは既にライブラリ作品3D化始めている Blu-Rayで販売
- 映画館3Dは輝度が低いので目に優しい
- 家庭3Dのファイル変換機能はパネル・権利者・放送 誰がやるかは市場が決める
- AVATAR最終調整はパナ機材使用
- 
3Dの編集ノウハウ: 3Dカットを連続すると目が疲れる。何か違うカットを挟む。
- 画面内の人物は小さく見える
- 3Dは、撮影・編集・配信・再現、の4エリアに分けて考える必要あり

3Dについてのまとめはこちら

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

ツイッター 早く来ないか JIN曜日 ヤマ×シム対談 3

ロックメディア ツイッター 早く来ないか JIN曜日 ヤマ×シム対談3

ツイッターブーブの中の人TBS山脇伸介さんとヤマ×シムお茶の間トーク第3回。つぶやき職人ヤマさんと、人形町、カキ雑炊を食べながら、つぶやきました。寒いけど 雑炊熱いよ ツイッター。

志村 こんにちはー

山脇 やっほー

志村 どーすか?

山脇 ケッコーいろいろあるぶう。

志村 なになに?

山脇 ヒ・ミ・ツ

志村 まぁいいか。

山脇 ツッこめぇ。

志村 調子悪くてねぇ。

山脇 さびしいねぇ。せっかく人形町まできたのに・・

志村 なにいきますか シースゥー(寿司のこと)?

山脇 いやぁ、北海道で食べてきたから・・ぶーぶツイッター見てないの?

志村 タマに見かけます。フォロー数増えるとフォローできない・・それがツイッター。

山脇 そーいや、ぶーぶのフォロワー数、情熱大陸に抜かれちゃったよぉ。

志村 あらま。ダメじゃん・・・(さらっとスルー)とりあえずシバれるんで、雑炊なんてどーすか。

山脇 いいすねぇ。

志村 ほんじゃ、よし梅へゴー

■ バーチャルに お茶の間囲んで ツイッター

志村 ツイッターやってて、なにか新たな発見ありました??

山脇 この雑炊うまいねぇ。

志村 ツイッターは?

山脇 うん?ツイッターはバーチャルお茶の間ですね。

志村 エア茶の間?

山脇 #jin見てる?

志村 なにそれ?

山脇 ドラマの「JIN-仁-」見ながら、みんなツイッターで呟いているんですよ。

志村 へぇ。なんか面白そう

山脇 それでハッシュタグ「#jin」をつぶやきにつけると、「#jin」が付いているつぶやきだけが見られる掲示板みたいなのがあるわけ。

志村 ふむふむ。

山脇 その掲示板見てると、気分が盛り上がるんだよねぇ。

志村 ツイッターが?

山脇 ツイッターもなんだけど、テレビを見てる気分が。

志村 へぇ。なんでですか?

山脇 なんかみんなで見てる一体感があるんですよ。

志村 おぉ。“おひとりさま”でも。

山脇 まさに昭和のお茶の間?映画を映画館で見る楽しみってあるじゃない。

志村 うんうん。

山脇 すごいシーンで「おぉーっ」っていうざわめきが広がったり。音楽ライブの一体感とか、演劇舞台を生で観てる感覚?

志村 へぇ。ツイッターで体感できるんですか?

山脇 いや、すごいですよ。内野聖陽さんが坂本竜馬役やってるんだけど、「じゃきにぃ↑」って言う内野節がでると、「キター」「キターッツ」っていうつぶやきがドワーっと。

志村 あちっ。このカキ雑炊うまいなぁー

山脇 ・・・シムさん伝わってないでしょ。この盛り上がりは、やってみないと実感できないですね。

志村 なんとなくわかるけど。

山脇 今度見てください。日曜21時だから。

志村 ほい。

山脇 ぼくってNHKラジオ講座って録音じゃ、絶対ダメだったタイプ。

志村 そんなタイプあるんですか?

山脇 「続基礎英語」ってあったじゃない。朝6時40分からラジオの前で聞いてないと、続かないわけ。

志村 なんでー?

山脇 今まさに同時に英語勉強してる奴が全国にいるんだっ!って思うと気合が入る子供だったんです。(実は今も)

志村 なるほど、バーチャルにみんなで聞いているわけね。

山脇 そーいうのない??

志村 いやあるけどさー。さっきのハッシュタグ「#jin」は、2ちゃんねるのスレッドの実況版となにが違うんすか?

■ 2ちゃんねる なにが違うの? ツイッター

山脇 まず、今の段階でふたつの媒体?の評価が違うでしょ。レッテルと言ってもいいけど。

志村 腐ったみかんみたいな。

山脇 機能的には同じなんで、歩んできた結果かも知れないけど、ツイッターと2チャンネルの評価というかイメージの違いは大きくて、これ無しではふたつの違いは語れないぶう。

志村 ふむふむ。

山脇 それで、どうして同じような機能があるのに、こういう違いが出てきたかって言うと、ツイッターは、なんていうの、半分実名みたいなもんじゃない。

志村 そうですね。

山脇 自分の分身がしゃべってるというか。2ちゃんねるはやっぱり究極の匿名文化ですよね。

志村 匿名だとなにが違うんでしょー? 

山脇 やっぱり、誰が言ってるかわからないなら、より刺激的でひどいこと書いたほうが目立つとか、言っても平気っていう、悪い面が、みんなが持っている以上に出ちゃったと思う。

志村 過激に。

山脇 たぶん、普通以上にそういう悪意みたいな面が出たんじゃないかな。ツイッターのほうが普通だよね。普通にコミュニケーションがとれる、今は。皆それぞれ交友関係を持ってるから、荒れてちゃ、アウト。2ちゃんねるは書き捨てでもあるし。

志村 なるほど。ツイッターは継続性、2チャンネルは落書きと。

山脇 そう。生い立ちが違いますよ。アメリカはITも実名社会だから、ツイッターも実名。デルみたいに社会性の高い企業が公式参入したり、顔も名前もある有名人が参加したのが大きいと思う。結果的にツイッターのほうがノイズ少ない気がします。

志村 ほう。それって、ツイッターの機能がそうさせてるんすか?それとも「#jin」コミュニティの雰囲気が暗黙のうちにノイズ排除してるんですか?

山脇 機能もあるし、立ち位置みたいなものかな。うまく制御しながらコミュニティが成長しているよね、今のところ。それにJINはコンテンツの強さってのもありますよ。「JIN-仁-」はいいドラマだもん。

志村 じゃあ、JIN以外のドラマだったら盛り上がらない?

山脇 うーん。「小公女セイラ」ってドラマがあるんだけど、ツイッターではあんまりつぶやきが続かないんですよねぇ。

志村 その違いが知りたいんす(泣)

山脇 うーむ。だからコンテンツの魅力の違いなのかな?あるいはツイッターやってる人とはターゲット違うとか?まだわからんのよ。うっうまーい。カキ、ウマーイ。

志村 ごまかさんと。

山脇 マジ、わからんのよ。ただ、やってて「#jin」の参加者が多いっていう現実。

志村 「#jin」ツイッターは、テレビ見る動機にはなってるんですか?

山脇 なってると思う!見てよ。日曜に放送あるんだけど、21時ね。

志村 はいはいー。

山脇 平日でもつぶやきが続いてますから。

志村 へぇ。録画視聴で?

山脇 いや、それもあるけど、見終わったら次の日曜まで待ちきれないっていうつぶやきが多いんですよ。それを見て、これまで見なかった人も見よう!と思う・・みたいな。

志村 おぉ、それってコンテンツの強さ?それとも「#jin」のせい?なんですかぁ(懇)

山脇 わからんよ。でもこのおひとりさま時代にリアルタイムでドラマ見て、大勢で盛り上がる楽しさがツイッターで実現できているのは現実です。

 

■ 盛り上がる いいコンテンツだと ツイッター 

志村 視聴率いいんでしょ?

山脇 20%超えですよ。昔の感覚だと25%いってる感じ。

志村 20%超えるって、どんな実感なんすか?誰もが見てるって感じ?

山脇 いやいや。そこまではいかないけれど。今のテレビ的には大成功ですよ。

志村 ほう。

山脇 最初16%が、5回目で20%だから

志村 それって誤差の範囲じゃないんすか?

山脇 ぜんぜーん違う。

志村 JINは幅広い層に受けるからツイッターも盛り上がるんすかねぇ。

山脇 いや、「誰にでもウケそうな番組は作るな。そういう番組は失敗する」て、テレビ局入ると教わるのよ。

志村 絞れ!と。

山脇 自分が見てほしい人をかなり具体的に思い描いて作らないとあかんです。それが、結果的に幅広い層にアピールするっていうんだよね。

志村 おもしろいねぇ。でもさ、僕のリアル生活で、JINの話題でたことない・・・

山脇 ありゃ。20%に入ってる人いない?ツイッター上の盛り上がりをこちらからアピールしないといけないですね。

志村 「#jin」でつぶやいてる人って、東京の人が多いの?

山脇 全然わからない・・・。

志村 セイラは視聴率何%ですか?

山脇 8%くらい?

志村 8%じゃ少ないんですかね。20%っていう基盤があるから「#jin」が盛り上がってるのか、それともJINがツイッター向きなのか、知りたいですよ。

山脇 ツイッター向きってことはないんじゃないかな?「世界ふしぎ発見!」の#hakkenもめっちゃ盛り上がってるし。ツイッターやってる人が、まだ少ないってのはあるかも知れないけど。

志村 そう。ウチの研究所では盛り上がってるけど。昨日ケータイ販売店の友達に、「ツイッターで盛り上がってるの?」って聞いたら、名前すら知らなかったもんなー。

山脇 そーなんだよ。

志村 ヤツは、グリーで釣りはやってるんですよ。

山脇 竿買ったり?

志村 いや、「そこまではー」って言ってた。ポイント貯めて無料ゲットするんだって。

■ JIN曜日 スクスク育つ ツイッター

山脇 「#jin」コミュニティは、鷹丸クンって人が自発的に始めてくれたんだよねぇ。

志村 ファンの方?

山脇 会ったことはないけど。ブーブのフォローしてくれていて。たまたま見つけたんですよ。当初は、鷹丸クンが実況ツイートを10分毎につぶやいてくれて、ちょっと船頭みたいな役割を果たしてくれたんだよ。

志村 そういう役割は必要なんですね。

山脇 それで、だんだん「#jin」コミュニティがあるって知った人が集まってきて盛り上がったという。

志村 しかも一定のルールが保たれてると。

山脇 そう。おかげさまで、変な書き込みとかないんです。

志村 お上の監視がなくてもルール保たれるコミュニティってあるんですよ。博士論文のテーマっすー。

山脇 ブロガー同士の社交関係に近いっすね。「#jin」の前も、実況中継、いわばテレビTsudaる、やったことあるんですよ。

志村 なんかありましたね。

山脇 「うるふるず」のラストライブね。ぶーぶだけで。でもあんまり盛り上がらなかった。

志村 なんでですか?

山脇 オンエア時間とズレてたので、ぶーぶがつぶやいても、視聴者は見られなかったという・・・構造的な問題?

志村 視聴者が同時にコミュニケーション取れないとイミないんだよね。

山脇 「#jin」コミュニティは、もう鷹丸クンを幹事に指名して、ブーブがいないときも盛り上がってくれてます。

志村 おぉ、ブーブの手を離れてる。

山脇 親離れですよ。

志村 すごい。そういうフラットでオープンな雰囲気がいいんすかね。

山脇 そうかも。やっぱりテレビの人ってわかんなくなってる部分あるんですよ。手離れると、自然に育つというか。

志村 ほう。

山脇 #jinでは、日曜のことを「JIN曜日(仁曜日)」って言うんですけど。これも@S_Eijiさんが名付けてくれた

志村 手離れたほうが、どんどん成長するんだよね。

山脇 「JIN-仁-」のホームページとかも結構いいデキなんですよ。

志村 ほう。

山脇 ディレクターのダイエット日記とかあって、どうでもいい内容なのよ。ドラマと関係なくて。でもあーいう感覚がインターネット・コミュニティでは必要なんでしょうね。無意識に染み付いているテレビマンの感覚を一回離れる必要があると思います。

志村 デトックスすね。放送ってどうしても上から送るって意識になるんすかね。下から送りますって感じにはならないから。

山脇 キビシイねえ。

志村 ツイッターは自然とフラットな目線になるのかなぁ。

■ ツイッター 使ってみたけど わからない

志村 販促やカスタマー・サービス手段としてツイッター利用する企業は増えてますよねぇ。

山脇 そうそう。そういう方向って、さっきの話じゃないけど、監視しなくてもルール保てるモノになっていく要素のひとつだと思うんだよね。

志村 初期話題になったのはケーブルテレビのコムキャスト。「工事時間に来ない」みたいなつぶやきを見て、「あと何分でいかせるから」みたいな返事をコムキャストが書いたりしてる。

山脇 マメですねぇ。でも、大事なサービスだ。

志村 デルとか。B2C企業は、どんどんツイッターで直接お客さんと会話してます。

山脇 日本でも出てきてますよね。

志村 大丈ぶう~?これって、テレビで広告する時代じゃないってことよ。

山脇 なにぃー。

志村 ソーシャルメディアって言葉が流行ってて、ゲームとか作って、そこでキャンペーンやるんすよ。

山脇 フレパ(東京フレンドパーク)みたいな。

志村 そんな感じ。でもネットはインタラクティブじゃないすか。

山脇 インタラクティぶうーーー

志村 興奮しないぶうー。自社サイトにお客さんのデータ登録してもらうんすよ。

山脇 ふむふむ。

志村 すると、自社サイトを覚えてもらえるし、新商品とかで高い広告費ださなくても、アピールできちゃう。

山脇 あらら。

志村 メディア要らない。

山脇 ぶう。

志村 ブゥ~ブゥ~・・・

山脇 ツイッターとなんかやるぶう。・・・いや、まじめに、テレビの次の一手を考えねば・・。

■ フリーミアム 動画配信 できますか?

山脇 この前毎日放送の@honaneくんと会ったんですよ。ちょっと刺激されました。

志村 おぉ、ヤルタ会談ですね。

山脇 ほなねくんは、自由だわ。

志村 そーなんすか。

山脇 非公式と謳いながら、毎日放送というネームバリューを使うっていう。

志村 ぶーぶは違うんですか?

山脇 ぶーぶは公式ですよぉ。

志村 まぁ公式とかどうでもいいけど・・・

山脇 やってるほうはタイヘンなのよー。公式キャラクターだから、返ってツイッターできないという話を聞いたこともあります。

志村 あらま。販促、バンバンやればいいのにねぇ。

山脇 まぁ、そーはいっても、東京と大阪じゃだいぶ雰囲気違うねぇ

志村 へぇ。

山脇 自由、というか寛容というか。

志村 いいよねぇ。

山脇 「大阪やったら、動画にお金払ってなんて誰もみぃへんでぇ~」ってホナネ氏は言ってた。

志村 あちゃー。企業側ばっかりの情報追ってると、「いいコンテンツならお金払ってくれる」って気に知らず知らずなっちゃうんですよね。

山脇 そうねぇ。

志村 メディアも映像コンテンツも必需品じゃないから。お金払ってもらうの大変だよね。実際。我々の意識も、住んでいる東京の知り合いだけから得てる感触なんですよね。

山脇 そうそう。東京を離れてみるとよくわかります。

志村 ツイッターやってるとテレビも冷静に見られるんじゃないすか?

山脇 そーかなあ。

志村 新たな展開見せてぇー。

山脇 結局、テレビ見てえ!!ということなんですけどねぇ。

ほな、また次回・・・

■追記:

その後、@honaneくんから、ブーブへ以下のメッセージを頂きました。
「随分な亀レスですが1つだけ註釈つけると、僕は課金モデルを全面否定したつもりはなくて、個別課金の限界を言いたかっただけ。「定額見放題」パターン(及び広告モデル)とどう組み合わせるかの問題かと。」

参考

TBS、ツイッターでぶう 第1回
Huluってどーよ!第2回

`Twitter TV Widget

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

カヌー・ベンチャーズ、ケーブルテレビとIPとの狭間で悩む

ロックメディア 広告論争:カヌーベンチャーズとグーグル

[セッションメモ]

・ 理論的に広告形態の変化と説くグーグルShah氏と、現実の課題を述べるカヌー・ベンチャーズSchlichting氏とで、議論がかみ合っていなかった
・ ネット上の動画広告は、低予算クリエイティブでも、消費者に受け入れられる(サーチ&サーチ)
・ グーグルには広告マッチング市場を促進する考えがある。一方、広告内容をコントロールできなくなる不安がメディア側にある。

Digital Hollywood Fall 2009, サンタモニカ 2009年10月20日 3時50分-

カヌー・ベンチャーズ  現在、コンテンツ・ウィンドウ(映像流通の順番。参照)は、ケーブルテレビ業界にとって、好ましい状態だ。

-  ケーブルテレビもソーシャルメディア(Facebookなど)もコンテンツをキーにコミュニティを構築していることに変わりはない。

-  現在のコンテンツ市場の状態は、消費者はインターネットで番組を見ていて、コンテンツ・ホルダー、ケーブル業界は、ケーブルでコンテンツを流通している。

-  ケーブルの先に消費者はいないし、消費者はコンテンツホルダーが流している映像を見ているわけではない。   

-  両者をどうやって、交差、結びつけるかが課題だ。

-  それは、広告業界にとっても重要な課題だ。

-  VODへの広告手法はどうなるのか?

-  インターネットの動画配信は、ビジネス・チャンスだと思う。広告が効果あるものになるよう、ネットのプラットフォームも進化しないといけない。

-  既存のテレビ番組の広告枠の営業コストの高さを、メディア業界の人たちは気づいていて、ネット広告に対し、脅威を感じている。

-  テレビの広告枠にアド・エクスチェンジ手法が入ってくると、広告のクリエイティブをコントロールできないし、非常に困ったことになる

グーグル  今でも賢いマーケッターたちは、何に価値を置くべきか(お金を払うべきか)に気づいているハズだ。

-  今後5年間で、既存の手法での広告はどんどん減少するだろう。そもそも、消費者は大量の広告を見たくない。

-  インタラクティブなコミュニケーションツールへ、お金が流入するだろう。

カヌー・ベンチャーズ 理論的にはわかる。しかし、現実は、なにか急激にあなたが言っているようにはならないだろう。

グーグル  しかし、結局は消費者が選ぶだろう。ニーズの無いところに市場は無い。
いつになるかはわからないが、消費者のニーズを実現するツール、メディアが出現すると思う。

-  クリエイティブ、サービスがよくないと、ブランドを生かすことにならない。

-  マーケッターは、DVRで広告飛ばしがどれだけ起きているのか、考えてみるべきだ。消費者とコンテンツの関係性、自分の好きなコンテンツだったら、それが広告であろうと飛ばすことはないだろう。

-  広告クライアントの広告出稿の目的を理解しないと、いくらデータを収集、分析しても意味がない。

サーチ&サーチ  テレビCMの製作費は高い。オンライン動画は、それほど高いクオリティは必要とされていない。広告素材も、そんなにお金をかける必要がない。そのことに、広告クライアント、代理店は気付くべきだ。

- オンラインでは、クオリティよりも、作品の影響力のほうが重要である。代理店の仕事は、広告メッセージをインターネット上で広めるかにある。テレビ時代でもメッセージを広めるという目的は一緒かもしれないが、インターネットとテレビでは行動様式が違うことに気付くべき。

- インターネットでは、テレビよりも広告ビジネスの提案が簡単になっている。データもあるし、消費者の反応も直接拾える。広告代理店は、デジタル時代になって、ビジネスしやすくなっている。

カヌー・ベンチャーズ  デジタル系の人たちが、データ分析に偏ったビジネスをしているが、我々既存メディアのDNAとは隔たりがある。 今まで、紙媒体やテレビの広告枠を売っていた広告代理店の人間が、デジタル商材に慣れるまでには時間がかかる。

[参考]

 カヌー・ベンチャーズ (Canoe Ventures) : 米国の大手ケーブルテレビが出資設立したケーブルテレビの広告ビジネスを行う会社。ケーブルテレビの広告収入は、ここ10年間視聴料収入が伸びてきたのに比べ、あまり伸びていない。一方、STB(セット・トップ・ボックス)を利用して、ターゲティング広告ビジネスへの参入に意欲を見せている。⇒のがこのカヌー・ベンチャーズ。しかし、いまのところ上手く行ってるとは思えない。

 米国のケーブルテレビ広告収入推移 NTSC SNL Kagen調べデータを元に作成
・ ケーブルチャンネル広告収入とは、CNN、MTVなどケーブルテレビで見られるテレビ局の広告収入のこと
・ ローカル・スポット収入が、ケーブルテレビ・オペレーター(コムキャストなど)が受け取るエリア広告収入
・ ケーブルテレビ・オペレーターに入る広告収入の伸びの少なさが、カヌー・ベンチャーズ設立の動機になっていると思われる

米国ケーブルテレビ市場推移(広告収入)

 ケーブルテレビ視聴料収入(下図)  NTSC SNL Kagen調べデータ

米国ケーブルテレビ市場推移(視聴料収入)

パネラープロフィール

グーグルShah氏とカヌー・ベンチャーズSchlichtings氏とのやりとり

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

ミュージシャンの売り込み方2 広告モデルの音楽

[セッションメモ]
・ MySpaceは、音楽産業のインキュベーションセンターとして機能している
・ バンド・コミュニティに出稿する広告ブランドも増えている
・ Guitar Hero、Rock Band、ゲームプラットフォームが楽曲ビジネスの流通手段として重要性が増している
・ どの電器屋さんに行っても、これら音楽ゲームは導線のメインに展示されている。子供たちが群がる

Digital Hollywood Fall 2009 (サンタモニカ 2009.10.21,10:45-)にて

Q 音楽産業の現状について聞かせて

ワーナー・ミュージック  ミュージシャンがレコード会社に期待するのは、俺/私をどうやって売り込んでくれるの?に尽きる

ワーナー・ミュージック  MySpaceは、音楽プロモーションだけでなく、実際の商売にもつながっているパワーツールだ。あるバンドは、Myspace上でファンが60,000人いる。今までのプロモーション手法と、デジタルな手法を組み合わせて売り込み方を考えている。

Topspin  ウィジェットによる音楽配信サービスは、とても成功している。無料で音楽を聞いた人の30%は、そのミュージシャン関連のモノを買っていく。音楽は無料だ。お客さんを気持ちよくさせてあげると、商売につながる。

Q. Rockband、Guitar Heroといった音楽ゲームが、CDに代わる音楽プラットフォームとして盛り上がっている。大物アーティストも、『どうしたら、ギターヒローに自分の曲を載せてもらえるのか?』を、最初に聞いてくるほどである。9月にビートルズのギターヒロー版が売り出され、それに合わせてカタログ・ボックスセットも売り出された。その戦略を

MemBrain LLC   マーケティング、プロモーションなどの組織の壁を取り払って、共同でプロモーションしたのがうまく行った。クリスマス、サンクスギビングシーズンに、もっと売れることを期待している。スポーツイベントやテレビ番組で流せる映像トレイラーを作り、メディアが宣伝しやすいような素材をこちらから提供している。売り込み方法は、今までと同じで、ドロ臭い。デジタル的ではない。

Q. ビクトリア・シークレットとスパイス・ガールズのブランド・マーケティングについても教えて。

MemBrain LLC   ちょうど2年前のことだ。スパイス・ガールズのCDが発売され、グローバル・ツアーも成功した。アメリカ市場に入ってくるときに、スパイス・ガールズのイメージにあったブランドはないかと探した。サッカーマム(小学生くらいの子供がいる母親)が支持するブランドなどを調査した結果、ビクトリア・シークレットが候補にあがった。

参考 : ミュージシャンの売り込み方 Digital Hollywood Fall 2007

 Topspin : アーティスト・マネジメントに特化したデジタル・プラットフォームを提供する。ファンクラブ、グッズ販売などが可能。

 ワーナー・ミュージック 2008年度第2四半期のデジタル売上は、1億7500万ドル(前年同期比5%増加)

■パネラー
- Christopher Allen, COO, Napster
- Michael Spiegelman, Head of Music, Yahoo!
- Phil Sandhaus, MemBrain LLC
- Jeremy Welt, SVP New Media, Warner Bros Records
- Sam Wick, SVP of Monetization and Strategy, MySpace Music
- Gary Brotman, Sr. Director, Marketing & Artist Services, Topspin
- Kelli Richards, President, The All Access Group, Moderator
Music 2.0 - Invention of an Industry
Music Power Shift: Artist, Label, Technology, Management

■ 2009年11月18日 MySpaceがi-meemを買収する、とテッククランチが発表している。

[内容]
- 買収額は、100万ドル。キャッシュ
- 55人いるi-meem従業員のうち半分は、MySpaceで働いている

[感想]
・ i-meemは、無料音楽配信サイト。日本のiPhoneでも聞ける。あらかじめ楽曲がダウンロードされているらしく、地下鉄で電波が届かなくなっても聞けるので便利。曲が終って、好きか嫌いか、ボタンを押すと、だんだん自分の好きそうな曲だけが流れてくる。
・ 無料で、楽曲レコメンドつきの、インターネットラジオ、音楽配信サービスは、Pandoraが有名だけど、日本では聞けない。
・ MySpaceは、音楽インキュベーションセンターになっている印象を受けたが、今回の買収でさらに音楽分野に特化して生き残る戦略が明確に
・ i-meemが集めた投資金額は2400万ドル(テッククランチデータベース)。結局100万ドルでキャッシュアウト。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

オランダのアニメ・マンガとケーブルテレビ事情

■ オランダ、アムステルダムの本屋さんのアニメ・マンガコーナー

- とりあえず、挨拶代わりのNaruto
- 手塚治虫の「MW」。アメリカのカリフォルニア州サンタモニカの本屋(Barns & Noble:Nookはチラシだけが置かれていた)マンガ・コーナーには、「Astro Boy」がピンで飾られていた。映画公開に合わせてる?(2009年10月)

 

- 場所はライツェ広場からダム広場に向かう道(ライゼ通り)。4階建て。下の地図あたり。

- 2階か3階の奥にコミック・コーナー。目立つ位置ではない

- 棚の1面が現地マンガで、裏面が日本のマンガ棚

- 滞在時間は10分弱、その間訪れた外人?現地人?は5人。土曜のお昼。日本のマンガを手に取ったのは1人

- 少年マンガがメイン、少女マンガも少し

- 判型は、A4。ディズニー系のマンガはこぶり

- 現地マンガは、USコミック系ペラペラ紙でなく、もう少ししっかり

- ドラゴンボールのフランス語版について、昔フランス人の女性が「日本のマンガは暴力的な物が多くて好きになれない」と言っていた・・

- オランダの日本食レストラン、緑茶は甘い

- 寿司、焼きうどん、ラーメン。焼きうどんには、キュウリや鶏肉

- ラーメンは、にゅうめん入りごま油スープ風味

参考: フランスのアニメ・マンガ事情+サンディエゴ・パロアルトも少し

 オランダのケーブルテレビアダルト系チャンネル(広告??)がかなりあります。

参考:世界のケーブルテレビ サンタモニカ編  ロサンゼルス・北京・香港編

大きな地図で見る

2009年11月 2日 (月)

ハリウッドで起業した! 宜野座一葵

ロックメディア 宜野座一葵インタビュー

■ コンテンツ・ベンチャー・インタビュー、今回は、ハリウッドで活躍する宜野座一葵さん。
■ 沖縄県立開邦高 ⇒ バンタン映画専門学校 ⇒ カリフォルニア州立大学ノースリッジ校メディア学科 ⇒ ディスコチェリー設立。Facebook ⇒ Ikki Ginoza  チバレよぉ~。



■ 下から見ていた打ち上げ花火 映画ビジネスの道

志村   こんにちはー。毎回ありがとう!お世話になります。

一葵   いえいえ。

志村   前から、このコンテンツ・ベンチャーって枠で一葵君の活動を紹介したかったんだよぉ。

一葵   ありがとうございます。

志村   アメリカ来て、学校出て、そのまま会社興しちゃったんだよね。

一葵   そうなんですよ。

志村   でーじぃすごいよねぇ。

一葵   いえいえ。普通の会社に勤めたことが無いので、ビジネスの常識が無くて、苦労することもあります。

志村   まぁ、まず出身から聞きたいんだけど、沖縄のどこだっけ?

一葵   浦添市です。

志村   あの甲子園ベスト4の?浦添商業?

一葵   僕は開邦高校ですが。

志村   高校時代はなにを?

一葵   サッカーです!中学で始めたんですけど、本気(マジ)でプロ目指してました。無理とわかってからは、高校でサッカー教える先生になろうかなぁ、なんて。まぁ今でもプレーしますよ。 

志村   ほうー。映画は???

一葵   映画も小さい頃から好きでした。親父が映画好きだったので、よく連れられて映画見に行ってたんですよ。

志村   地元の?

一葵   そうですね。浦添には映画館がないので、那覇によく行ってました。

志村   やっぱりハリウッド映画とかをよく見るの?

一葵   小さい頃はそうでしたけど、高校時代は邦画ばかり見てました。

志村   へぇー。誰か好きな監督とかいるんですか?

一葵   岩井俊二監督の作品が大好きでした。ラブレターとかスワロウテイルとか。

志村   おぉ。イエンタウン。

一葵   それで、映画監督になりたくて、東京に出てきたんです。

志村   格好いいじゃん。

一葵   渋谷のバンタンという映画の専門学校(バンタン映画映像学院)に入ったんですよ。

志村   ほー。バンタンって、ファッションじゃない?

一葵   映画学科もあるんです。僕が3期生なんですが。

志村   えぇー、映画を撮ってたんだ?

一葵   そうですね・・・ 撮影して酷評されたり。

志村   どこかにフィルム残ってる?

一葵   あると思います!

志村   それで、そこを卒業してアメリカの大学に入ったわけ?

一葵   バンタンは途中で辞めてるんです。3年制なんですけど、3年になる前に、アメリカの学校を受けて、来ちゃいました。

志村   行動力あるねぇ。なにかきっかけがあったんですか?

一葵   アメリカン・フィルム・マーケット (American Film Market, AFM)という映画を売り買いするマーケットがロサンゼルスであって、見に行ったんですよ。

志村   おぉ。アメリカで初めて会ったときやってたよねぇ。デジタル・ハリウッドの1週間後に同じロウズホテルでやるんだよね。

一葵   来てみて、『あっ、映画の撮影だけでなく配給、マーケティングというビジネスもあるんだ!』って思って。それで、アメリカで映画の勉強したいと思って、来ちゃったんです。

カリフォルニア・ドリーミン’アメリカで学ぶ映画ビジネス

志村   最初からロサンゼルスですか?

一葵   最初は、サクラメントにあるカレッジに通ってました。その後ロサンゼルスにあるカリフォルニア州立大学ノースリッジ校に編入しました。

志村   カルステートってやつね。

一葵   そーです。そこに、Cinema & Television Artsという学科があって、メディアマネージメントを専攻していました。ハリウッドのビジネス部分を教えてくれるんです。4年間、ひたすら図書館に籠って勉強してました。あん まり遊んだ記憶がないですね〜。

志村   わかるなぁ。教科書ブ厚いし、授業前の予習が命なんだよ。

一葵   そうなんです。最初は、会話について行けなかったですねー。無視されたり、子供扱いされたり・・・。屈辱ですよ〜(笑)いい年した男が2、3才くらいの子供の気分を味わされるのは(笑)

志村   あるよね〜。

一葵   やつらは、悪気なく差別しますから(笑) でも、彼らも人を見定めないといけないんですよ。ロサンゼルスは人種の坩堝なんで、言語、宗教とか、皆が同じ考え、行動をするわけじゃないんです。

志村   アメリカの映画学科は、やっぱり役に立つの?

一葵   そうですね。映画にビジネス論があるっていうのが新鮮でした。あとハリウッドのギルド(組合)の仕組みとかも。そういう習慣とか、映画関連の契約に関することとか、法律とか、こちらでしか学べない教科は役立ちました。

志村   へー。ハリウッドってギルドの影響力が強いんだよね。

一葵 仕事は、ギルドに入らなくてもできちゃうんですよ。でも、ギャラの支払いが遅れたり、減額されたり、個人でやってると、リスクは自分に降りかかるじゃないですか。その点、ギルドのメンバーになるのはメリットが大きいです。ギャラとか労働時間とか決められていて、発注側にボッたくられる心配がないですから。ただ、ギルドのメンバーになるには、それなりのキャリアを積まないといけないんですよね。

志村   へぇー。オモシロイねぇ。

一葵   テレビ局とか、ハリウッド・スタジオの人が講義に来てくれたりもするんで、そういうのは面白かったです。

志村   インターンもしてたっけ?

一葵   そうですね。4年間で4社しました。学校で教わることより、実地で学んだことのほうが多かったですね。ただ、学校がインターン先を探してくれたりするんです。

志村   どんな会社ですか?

一葵   インデペンデントの制作会社とか配給会社です。仕事は、ムチャブりばかりでしたけど、それが今となっては良かったんだと思います。

志村   苦労してますなぁ。

一葵   起業できたのも、そのインターン先の人脈のおかげですから。

■  ハリウッド起業!

志村   名前がディスコ・チェリー!最初、2人で会社やってたよね?

一葵   そうですね。僕がビジネス面、もう一人が映像制作などのクリエイティブ面を担当してました。

志村   いまは、一人だっけ?大変じゃない?

一葵   2年間いろいろあって、会社的には、配給とか映像ビジネスの仕事に集中することにしました。

志村   そうかぁ。一人でも大丈夫なの?

一葵   こっちの仕事は基本的に個人ベースなんです。プロジェクトで必要なパートに、その専門の人を呼ぶという。だから一人でも専門性を磨けば、まったく仕事に困ることはないですよ。

志村   そういうところいいよねぇ。専門性というパーツをパスルみたいに組み合わせてゴールに向かうっていう。

一葵   分担がはっきりしててとても仕事しやすいです。メジャー・スタジオも契約ベースの雇用ですから。業績悪いとスグ解雇になるのが困るんですけど・・・

志村   どんなビジネスをしてるんですか?

一葵   日本映画をアメリカやヨーロッパの映画祭に出品するお手伝いをしています。映画祭の申込手続き、宣伝素材、翻訳などをワンストップで提供しています。日本映画って、アメリカよりヨーロッパのほうが強いんですよね。

志村   それが、一葵クンの専門性なわけね。結構、仕事はあるんですか?

一葵   おかげ様で、なんとか・・・

志村   最近、ネット展開もするって言ってたけど。

一葵   映画祭出品.comというドメインを取りまして、一般の人が個人で映画祭に出品できるサイトをオープン したいと思ってます。

志村   なるほど。横展開だね。

一葵   この事業を軸に付随してくるサービスを展開させて行く予定ですが、フットワーク軽くいきたいと 思ってます。

志村   最近、ビジネスの動きは早いから。

一葵   ビジネスの方向性って2つあると思うんですよね。ひとつのことをコツコツやるのと、時代の波に乗るのと。今は、アイデア勝負で、波を乗り換えて生きていこうと考えています。

■  頑張る若者を応援するアメリカビジネス事情

志村   アメリカでずっと暮らすの?

一葵   アメリカに根を張りたいですね。細く長くビジネスできるよう、キャッシュフローが続くことを一番に考えています。

志村   偉いねぇ。アメリカはビジネスしやすいですか?

一葵   僕みたいな若い人にとっては、起業しやすい環境だと思います。

志村   へー、どんなところが?

一葵   頑張ってる人を応援してくれる、っていう文化があるんですよ。『そうかお前がそこまで頑張るなら応援するよ』って人が多いです。

志村   日本だと若い起業家をバカにするよね。

一葵   こちらでは、見ず知らずの僕みたいな若者でも、とりあえず話は聞いてくれますね。目上の人でも僕みたいな若い者の立場まで降りてきて話を聞いてくれますね。目線が対等というか。そのうえで、僕のアイデアが役立つかどうか、判断がくだされる感じです。日本にも営業に行くことがあるんですが、話を聞いてくれる前に、門前払が多いです。

志村   確かに、知らない人からメール来ても返事しないかも。自分もアメリカで名刺交換だけした人にメールすることがあるけど、なにかしらアクションくれるよ。

一葵   まぁ結局、自分に役立つかどうかの基準は厳しいですけどね。

志村   英語力は重要ですか?ネイティブじゃない悲しさは感じます?

一葵  英語力は、どこまでいってもネイティブには並べないと思います。とりあえず自信分野でアピールするしかないですね。アメリカ人って、英語があまりうまくなくても一生懸命だったり、面白い事には素直に興味を示すんですよね。子供みたいに。だからアメリカ好きなんです。

志村   へぇー。

一葵   まぁ、それでも、言葉、人種の壁はあると思いますけど。法律、契約も細かい個所はわからないこともあります。

志村   なかなか超えられない壁だね。

一葵   ただ、その辺は対処法があります。アメリカ人は結構外見で判断するので、プレゼンテーションには気を使っています。服装だったり、先方に見せるものとか渡すものは特に。

志村   わかるなー。

一葵   プレゼン能力は必須です。アメリカ人は自分の経歴、成果をちゃんと自己アピールしますね。誰かに言わせて評判を高めるっていうのではなくて、自らの業績を自分で普通に話します。

志村   日本だとちょっとアピりがウザいな、みたいな感じ。

一葵   こっちでは普通です。僕もここは自己主張したほうがいいというポイントでは、しっかりアピールしますよ。最近そのポイントをやっと感覚的に掴めてきたんですけどね。

志村   そうかぁ。成長してるなぁ。

一葵   あと、アメリカでは、商売広げるのにオフの部分も大切なんですよね。そこで、僕は自分のウリを決めてます。

志村   ほう。なんですか?

一葵   ビジネスでのプレゼン、パーティーやレセプションなどの社交の場、あとはサッカーかなぁ。ビジネスプレゼンはロジカルな部分と、エモショーナルな部分と両方で心を揺さぶりますよぉ。

志村   ひょー。でもさ、サッカーとか盛り上がんの?

一葵   いえ、全然(笑) でも、自分サッカーしかできん男スから・・・

志村   あー、はい。

一葵   アメリカ人は、アメフト、ホッケー、バスケット、ベースボールだけがスポーツだと思ってますから(笑) 

志村   4大スポーツね。

一葵   サッカーはアメリカだと、女性のスポーツなんすよ。マイナー。ロスはメキシカンが多いので、それでもまだやる人いますけどね。いつもプレーする仲間も、マイノリティーばかり(笑)。

志村   へぇー。

一葵   でも、こっちにいるヒスパニックの人はレイカーズ(バスケ)も好きなんすよねぇ。

志村   ステープルズ・センターだっけ。連れっててくれた。LA Live。ヒスパニックの人多かったねぇ。

一葵   そーですね。あそこ、ボクがアメリカ来て、初めて泊まったホテルがあるんすよ。6年前(2003年渡米)。そのときはなーんにもなかったんですけどねぇ。突然変わりましたね・・ 

志村   すごい奇麗だよねぇ。KATSUYA(セレブなお寿司屋さん)もあるし。

一葵   カツヤさんは、ビジネスマンですよ。同郷だし、会えないかなぁ。

志村   6年は感慨深いねぇ。

一葵   あそこの隣がコンベンションセンターなんです。そこの電光版ウェルカム・ボードは、日本語表示ないんです。中国語と韓国語はあるのに・・・

志村   あちゃー。そういう時代?ジャパンは、プレゼンスなく消えていく。

一葵   ボクもヤバいすかね。

志村   いや、大丈夫しょ。でも、取材してても、"Are you interested in Japanse market?"って会話が成立しないもんなぁ。

一葵   ひょぉー。それに比べて、コリアンの人たちって、たくましいですよ。寿司屋流行ってたら、いち早くスシを取り入れますし。日本人は絶対コリアンBBQの店やらないけど、コリアンがやってる寿司屋はたくさんあります。でもハングルは絶対忘れないっていう。リトルTOKYOも、コリアンの人が土地持ってるって話ですよ。

志村   すごいよねぇ。

一葵   まぁ、でもそれを受け入れるアメリカ人もスゴいですよ。懐深いというか。

志村   そうだねぇ。この前の、タイ人オーナーが、プレスリーを唄うタイ飯の店とか。オモシロいよねぇ。

一葵   エルビスですね。

志村     そう。あれって、白人のオジさんが北島三郎を唄うハンバーガーの店を歌舞伎町で開くってのと同じシチュエーションだよね。

一葵    そうですね・・

志村   まぁ、あんまり他人に興味ないから懐深く見えるのかもね。琴線に触れると怖い。ハワイとか行くといまだにちょっと怖い。でも、基本的にアメリカ人は、アメリカ以外に興味ないし。

一葵   ないですね。そのうちTOYOTAもアメリカの会社とか言いだしますよ(笑)


■ まだ地デジ移行してないんですよ

 

志村   そういや、iPhone使ってるね?

一葵   使ってますよー。

志村   iPhoneって、なんでウケてるの?

一葵   アメリカの場合、今まで格好いいケータイがなかったんですね。日本とは全然違うんです。アメリカ人にとってパソコンと同じことができるってのがいいみたいです。

志村   他にもある?

一葵   あと、やっぱりiPhoneでネットとインタラクティブになれるのは大きいでしょうね。彼らは何か発信するのが好きなんです。

志村   日本との違いはあるの?

一葵   そうですね〜、オンラインだけのつながりでなく、実際会ったり、何かを一緒にするためのツールという位置だと思います。

志村   なんか、ツイッターとかFacebook始めてるし。去年までMySpaceしか知らんかったろ?

一葵   でへ。

志村   そういや、地デジも見てないんでしょ? (ロックメディア:米国地デジ移行について参照)

一葵   古いテレビのままです。アンテナで。でもまだ映りますよ。

志村   貴重な存在だねぇ。文献調査だけじゃわからんよ。

一葵   あはは。僕はマイノリティーですから。でも一通りの情報はネットで集まります。

志村   3Dはどう?映画界がデジタル行く動きみたいのは感じますか?(ロックメディア:3D参照

一葵   それは間違いないと思います。メインストリームになるかはわかりませんが。12月に公開され るジェームス・キャメロン監督の「アバター」は楽しみです。

志村   あれで、一気に広まるかな?

一葵   映画業界は、2極化されてます。メジャースタジオは3D当然って感じですが、インデペンデント系はインターネットとかデジタルに向かう感じはしないです。みんな頭でわかってますけどね。

志村   やっぱりシリコンバレーとハリウッドには壁がある?

一葵   うーん。どうでしょう。やっぱりメジャーとインデペンデントでは事情が違いますね。Huluの社長は元アマゾンの社員だし、メジャースタジオは、アップルの話がよくでるけど。。。インデペンデントの人たちはあんまり関心ないかなぁ・・・

志村   なるほどねー。実際はそんな感覚なんだねぇ。今度、そういう現場レポートやらない。

一葵   いいですねぇ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »