« アルビン・トフラー、ハイジ・トフラー夫妻 - NAB 2008 - | トップページ | アメリカの地デジ移行から学べること »

2009年8月 3日 (月)

ダグ・リーマン監督、コンテンツ・イノベーションの戦略、 - NAB 2008 -

・制作環境の制約が、クリエイティブのイノベーションを生む
・インターネットは、時代の才能を見出す場となるだろう

ダグ・リーマン監督作品

Getting in(1994)、スウィンガーズ(1996)、GO(1999)、ボーン・アイデンティティ(2002)、Mr. & Mrs Smith(2005)、ジャンパー(2007)、OC、ナイトライダー

-  1994年頃、自分はインデペンデントで映画を撮影していた

-  そのころは、ハリウッド・システムから外れて、映画を撮影するのは難しい時代

-  南カリフォルニア大学を中退して、映画製作をしているうちに、制作過程のマネジメントなどに興味を抱いた

-  大規模な予算の映画は、大物俳優をキャスティングできるが、インデペンデントではそうもいかない。

-  しかし、テクノロジーの進化で、低予算でもいい映像が撮れるようになっていた

-  最初、プロデューサーと自分では、撮りたい映像にギャップがあった

-  最初の映画は、自分の家の地下で、親友、妹や従兄にも手伝って撮影したものだった

-  その映画は、ねずみを人間と見立てて演出した

-  1999年に撮影した「スゥインガーズ」は、予算25万ドルで撮影した。

- コンテンツのビジネスモデルは、インターネットで変わる

-  インターネットは、ローカルな才能を見出す。次代のヒットテレビ番組は、インターネットから出現するだろう

-  インターネットにより、無名の作家、作品もヒットする可能性がある。検索エンジンへの最適化なども必要だ

Jackson Bitesというインターネットなどデジタル映像コンテンツの制作プロダクションに参加したのは、インターネットのグローバルなプロモーション力に魅力を感じたからだ

-  制作環境が制限されると、新しいアイデアがでてきて、クリエイティブのイノベーションにつながる

-  タイガー・ウッズのナイキCM撮影中、ウッズがリラックスするためか、アイアンでゴルフ・ボールを弾いているのを見て、これだと思ってハリウッドのギルドはランチ時間が長い(笑)ので、自分でカメラを担いで撮影した。それが、CM映像になった

-  優れたアイデアは、どんなテクノロジーもかなわない

- いまテレビドラマを作りたいと思ったら、パイロット版を制作、テレビ局の人間に見てもらい、気にいってもらわなければならない。インターネットを利用すれば、その過程を省ける。

Featuring LEN, Steal My Sunshine    Videoはココ

« アルビン・トフラー、ハイジ・トフラー夫妻 - NAB 2008 - | トップページ | アメリカの地デジ移行から学べること »

NAB 2008」カテゴリの記事

コンテンツのビジネスモデル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/45821926

この記事へのトラックバック一覧です: ダグ・リーマン監督、コンテンツ・イノベーションの戦略、 - NAB 2008 -:

« アルビン・トフラー、ハイジ・トフラー夫妻 - NAB 2008 - | トップページ | アメリカの地デジ移行から学べること »