スズメ(雀)といえば、茶色、頬の黒い斑点、小さい、ピョンピョン跳ねてる、、なんてことを思い出します。「雀」って字は、「小と鳥」が重なってできてるぽいし、コトリなイメージです。(白川静「字統」で調べたら、やはりそうでした。因みに「じゃく」と読んで、子供の頃好きだった桂枝雀とか思い浮かべますが、マージャン(麻雀)のジャンでもあります。(敬省略))水墨画を描くときも、それを頭に浮かべながら描くといいですね。  ところが、スズメってマジマジと見たことがないので、実際どこがどうなってるのか、わかりません。。そこで、とりあえずアトリエ前の道でボーっとスズメがエサをつついているのを眺めつつ、写真を撮ってみました。 水墨画、スズメで最初に思い出すのは、可翁や宮本武蔵の雀と竹でしょうか。竹と雀、、自分の周りにはなかなかない組み合わせです。。結構、痩せていて鋭い雀です。それと、正面から描くと、鋭くて恐いです 都会のスズメは、そんな鋭くないですね。都会の鍛えられ方は、禁欲的でなくて、よりよいものをつかむ欲に対して鋭くなっています。 描き方 頭:中くらいの墨、筆はほぼ机と平行に倒して、筆先をまず紙につけ、少し筆を引いてから、筆全体を紙につけます。少し、半円を描くような動き。頭は、丸に近いほど、カワイく、子供のスズメぽくなります。あまり流線型にならないほうが、スズメぽいかも。 筆を洗って、濃い墨を、筆先は堅く、絞ります 目:半円を描く感じで動かした筆の跡と、最初に筆が紙に付いた尖がり部分の間の丸い湾のような空間に目を描きます。ホントのスズメの目は、黒い部分にあるのですが、水墨画だと黒い上に黒い目だとわからないくなるので、下半分だけの目を描きこむことにしちゃいます。 目の真ん中は、白く残しても、黒く塗りつぶしてもどちらでもOK。黒く塗りつぶすと、黒目が大きいかわいい感じになります。 くちばし:そのままの筆で、くちばしを。一番最初に筆が紙に付いた場所に、三角形なくちばしを。上の辺、下の辺、大体120度以上広げて、短く描きます。つぶれた三角形な感じ。 斑点:くちばしが終わったら、そのまま斑点を。ここは、とにかく黒く。コツは、頭の終わりと斑点の終わる位置は直線上で同じになることです。斑点の場所は、何回も描くうちに、ここがいいなってというポイントが紙から浮かび上がってきます。 筆を洗います。墨はちょい濃いめ。墨をつけたら、筆先を指で広げて、さらに毛の先っぽを指でつぶして、毛先を平らにします。 羽根:羽根は胴体に格納されている、胴体の上にのっかってる感じ。なので、あまり大きく(幅も長さも)ならないよう。まずは、中の羽根を、2回で。筆を紙に付けて、ひと呼吸。それから、スピード感持って、払いましょう。羽根の後ろから、頭の方へ描いたほうが雰囲気がでると思います。続いて、切り羽。これも2回で。先っぽが窄まって、格納感がでてるといいと思います。羽根は自分が最初描きだそうと思った場所より1センチほど手前で、長さも2センチほど手前で終わらせるくらいの短さ、といった心持でちょうどよいと思います。軽く払う、スピード感を大事に。 筆を洗って、毛先を平らにします。薄い墨をつけて 胴体:軽く半円、小さな下半円を描くように胴体の輪郭を描きます。スズメも胸がありますから、胸は少し張った感じで、切り羽のちょっと先に向かって。描き出しは、斑点のちょっと下側からでいいと思います。切り羽に向かう最後の部分は、少し色が入ってもいいです。 筆を洗って、毛先をまた平らに。墨を少しつけます 尾羽:尾羽もあまり長くないほうが、スズメぽいかと思います。尾羽の先から手前に払う感じで。これも、筆が紙についたら、一呼吸ついて、払います。そうすると、尾羽の先が濃くて、次第に薄くなるグラデーションが綺麗にでます。スピード感が大事です。また、尾羽の描き終わりが、胴体とつながってる必要もないです。むしろ、手前で終わらせて、あとは目の錯覚、脳の働きで、つながってるように見せるほうがシンプルでよいと思います 筆を洗って、目を描いたのと同じくらい、濃い墨、堅く絞った筆を 脚:鳥の脚は、近くで見るとかなりしっかり、ちょっとグロテスクな感じもします。でも、リアルに描かないほうが、かわいい感じになります。脚の描き始める場所は、胴体の毛と交わるところにして、墨が滲むようにしましょう!薄い墨の水分が乾かないうちに、濃い墨を載せて滲んじゃう感じが水墨画を描いていて一番好きな瞬間なんですねー。ちょっと後ろめ、お尻に近いほうについてるとバランスがとれます。奥の脚は、指の部分だけでもいいと思います。指も前3本だけで、後ろはたまに省略してもヨカです。 ここまでできたら、木の枝か、エサでも描いて、スズメがどこにいるのか描いてあげるといいと思います。描く部署が多いと、スズメがどんどん膨らみます。思った以上に小さく、短く、軽く、コンパクトに描いてみましょー