水墨画 紅葉の描き方 葉 紅葉(カエデ)の葉は、1つに7枚あります。なので、1つの葉を7筆で描きます。 最初は、真ん中、次に両端、その次が更にその両端。 最後に、小さく短い葉を描きます。 最後の2枚は、上向きに描くとバランスが取れます。 真ん中の葉が長過ぎると、形が悪くなります。 また、4−5筆目の葉の方向は、なるべく広げます。真ん中の葉に対し、ほぼ直交(やや下げ気味)くらいまで広げます。 7筆は、それぞれ描く方向毎に、筆を持ち代えます。直筆です。 葉の先を尖らすために、終筆は筆先で描き終えます。終えるように粘ります。 途中で筆を上げると、葉の先端が丸くなってしまいます。 葉のセット 一つのセットは、5枚の葉で構成します。 それぞれの葉の描き出しは、前に描いた葉と重なるところから始めます。 葉の先端が出ていれば、モミジの葉に見えます。 5枚の葉は、1回の墨で描きます。途中で墨を付けずに描き終えます。 セット 5枚1セットを、幾つか描きます。 描く前に、どんなものを表現するのか?考えてから、描き始めます。 幹 最初に筆先を紙につけ、筆をし手に引きます。 引きながら、筆を横に寝かせ、筆毛が全部紙に着いた状態で、筆を下に引きます。 最後、また筆を立たせ、筆先が最後に紙から離れるように筆を払います。 線描の筆を作り、幹の枠線を入れます。 枝 線描の筆で、幹から描きます。 コツは、あまり描かないこと。幹からの線と、一番先端の細い枝の線だけでも充分です。 最後の枝は、心持ち上向きに描きます。 描き方の動画: http://youtu.be/nTjpMzfeQps