葉 - 紅葉を少し伸ばすと、竹の葉になります。 - 筆先を引っ掛け、逆方向に少し線を描きます。 - その後、下に移動しながら、筆を紙に向け押します。 - その後、移動しながら、筆を紙から離します。 - 紙から離れるのが、筆先になるよう筆先を払います。 - 手首を軽く返してよいです。 - 描き始めは、軸は筆毛に先行しますが、筆を上に離すとともに、手首を返します。 - 最後は、軸より筆毛が先行します。 - 竹の葉は下に伸ばすと、雨に打たれてる感じになり、横に伸ばすと力強い感じになります。 - 5枚の方向を変えると風になびいてる感じがします。 - 葉の向きだけで、水墨画は描いてないものを表すことができます。 - 竹では、描いたもので、描かないものを表す感覚を掴んでください。 セット - 竹の葉は、5枚1セットで描きます。 - 3枚は同じ方向、2枚は逆方向に描きます。 - それぞれの竹の葉は、重ねて描きます。 - 描き出しは、前の葉と重なってもOKです。 - 1枚1枚の角度が、同じにならないように注意します。(上写真) - 始めの2枚より、後半の葉のほうが角度を広く取ります。 幹 - 側筆で描きます。下から上へ筆を動かします。 - 筆を紙に付けてから、ひと呼吸し、筆を動かします。 - それぞれの幹は、下の方が短く描きます。 - 幹の描き終わりも、ひと呼吸してから、筆を神から離します。 - それが、節となります。 節 - 線描で描きます。 - 幹の側面を強調するように、2筆で描きます。 - 筆先を左にズラしながら、筆を押します。 - 押すと同時に、右に払います。 - 筆先を右にズラしながら、筆を押し、左に払います。 枝 - 竹の枝は節から2本出ています。 - 節ごとに、出る場所が逆になります。 - 線描で描きます。 - 先に描いた葉と幹をつなげるように描きます。 詳細:http://sumi-e.jp/draw/bamboosumi-edrawingvideo.htm