kw.cocolog-nifty.com > 世界旅斿名所素材画像

コスモポリタン、ラスベガス
明日のメディア - 旅歩き写真集 -
Ben Sherman (ベン・シャーマン )
Kooza クーザ シルク・ドゥ・ソレイユ サンタモニカ
クーザ Kooza シルク・ドゥ・ソレイユ サンタモニカ
ロサンゼルス ハリウッド エルカピタンシアター 映画代11ドル
北京、タクシー代
北京 護国寺賓館
梅蘭芳邸宅跡 護国寺街
北京 狗不理 包子を包む人
北京 798
オバマ・サンタモニカ、3rdストリートモール
サンタモニカ・ビーチ ピア
コルテオ、Forum、イングルウッド、ロサンゼルス、
コルテオ、シルク・ドゥ・ソレイユ、ロサンゼルス
コルテオ Forum、イングルウッド、ロサンゼルス
O ベラージオ@ラスベガス シルク・ド・ソレイユ
Dsc01257
Zumanity @ニューヨーク・ニューヨーク ラスベガス
ミステレ Mystere @トレジャー・アイランド ラスベガス
ミラージュ REVOLUTION ラスベガス
LOVE シルクドソレイユ @ミラージュ、ラスベガス
ラスベガス コンベンションセンター
雪濃湯 ソーロンタン@ガンミオク ニューヨーク
マグロウヒルビル ニューヨーク
ソーロンタン@ニューヨーク
ニューヨーク 冬 湯煙 
エンパイアステートビル スタテン ニューヨーク
サンフランシスコ メイソン通 Mason St.
Dsc00626
Dsc00594
Dsc00590
カリフォルニア やしの木
Tivo
サンタクララ
Dsc00280
Dsc00279
Dsc00278
アメリカンフィルムマーケット
アメリカンフィルムマーケット(American Fim Market)
Johnny Rocket@ロサンゼルス ファーマーズマーケット
夕焼け ロサンゼルス Globe
ロサンゼルス夕焼け
Paramount
California
Dynamiteroll
Acccedentcrossing
Dsc00230
Dsc00227
Grove
Dsc00212
ロサンゼルス チャイニーズシアター
Dsc00210
アールズコート ロンドン サンドイッチ屋
Earl's Court
イギリス 銀行の路上ATM
アールズコート駅前
Photo_11
Photo_10
Philipionmarkt
Derby Hotel Kensington
横断歩道@ロンドン Look Right
ロンドンのエレベーター
@derby hotel kensington menu
ロンドンアイ
ロンドンテムズ河橋
ロンドン スターウォーズ
Photo
Photo_4
イヌ男
Photo_6
テムズ河岸 ビッグベン
Londonladies
Photo_18
ITV本社 テムズ南岸
チャンネル4の地下鉄広告
CCTV
BBC本社 ホワイトシティ駅前
BBC 本社ホワイトシティ駅前
Photo_7
大英博物館 ミイラ
ガネーシャ
龍@大英博物館
甲骨文 大英博物館
Dragon2
Indo2
Dragon3
金字文 大英博物館
コベントガーデン
Channel4 London
ロンドンのパブ
ホガース通り、アールズコート
ゴルフ場 ロンドン近郊
Photo_9
グランドキャニオン リスとリンゴ
エルミタージュ 夕日 サンクトペテレズブルグ
タリン エストニア チョコレート工場
ブエノスアイレス
ブダペスト
ノルウェイ ベルゲン
チベット セラ寺 禅公案
チベット 山の上 タンカ
チベット ラサ大昭寺 八角街の僧侶
チェコ プラハ夕日カレル橋
フローレンス アルノ橋夕日
フィレンツェ ドゥオーモ
ベニス ゴンドラ ベネツィア
サンクトペテルズブルグ駅 ロシア
青の洞窟 カプリ島 ナポリ
コペンハーゲン 自転車
タリン エストニア
北京 天安門 夕暮れ
北京 書道 道の上
北京 四合院
ブエノスアイレス タンゴ
イグアスの滝
エストニア タリン ロシア正教会
アテネ
アルプス 乳牛
ウィーン 教会
ミコノス ギリシャ エーゲ海
バルセロナ 教会塔
プラハ時計
マッターホルン
ヘルシンキ アレクサンテリン通り H&M横 白夜
スイスアルプスの氷河
ルアンプラバン-ラオス 兄弟喧嘩
ルアンプラバン 追いかける婆と犬
Imga0283
ルアンプラバン ワット・シェントーン
チャンマイ ワットワン 椰子の木
ルアンブラパン 寺塔
Imga0229
ルアンバパン2-ラオス学校
Imga0222
ルアンプラバン サッカリン通り
Imga0189
ルアンバパン2-ラオス少女
ルアンプラバン メコン河渡し船
メコン川ボートレース
ルアンプラバン-ラオス少女
ルアンプラバン-ラオスメコン河船
Imga0148
ルアンプラバン メコン河の少年
Imga0128
メコン河 ルアンプラバン
チェンマイ ワローロット市場前
チェンマイ氷屋
チェンマイ バムルンブリー通り
チェンマイ タラート
Imga0060
バンコク ワットポーの少年寺守り
Imga0031

<< 前 | トップページ | 次 >>

大英博物館 ミイラ

大英博物館 ミイラ

物価高、寒いロンドンで、お金なく過ごす方法といえば、美術館・博物館にまさるものはありません。大英博物館もテートギャラリーも無料。1日では見終わらないボリューム感がまた、貧乏旅人のハートを掴みます。
こっちの博物館の楽しさは、バシャバシャ写真撮っても怒られず、しかも作品・展示品にロープがはってあることもないので、近くまで寄って見れることです。
大英博物館はどっちかというと観光客多め、テートギャラリーは、英国人高校生カップルが多め。アツイ。
大英博物館は楽しかったス。こちらでは、秦の始皇帝の兵傭馬の展示が盛り上がっておるのですが、特別料金3000円かかるのでパス。それよりも、甲骨文、金字文がさりげなく置いてあって、静かに感動。ロゼッタストーンとミイラにも会え、とにかく古代の実物(なのか?)を目の前に興奮しました。
展示がいいのか、古代中国からインドの塑像まで見ていると、なんだか頭が整理されてきて不思議です。インドは派手で官能的。龍の姿も、古代から明の時代までくるとだいぶトゲトゲしさがなくなって、明るくなります。アジアあたりの展示は、古代ヨーロッパ、ミイラに比べとても空いてるので、お得。

日本展示館もあって行ったら、茶の湯ワークショップをやっていました。聴講20人くらい。話しかけようかなと思いましたが、こういう海外の権威ある場所で話してる日本の人って外人にはフレンドリーなくせに、一般ピープル日本人旅行者に異様に冷たい性癖があるのでやめとき。日本コーナーの「Samurai」は「Must Check」と博物館のガイドブックに載ってます。あんまり感動せず。なんか展示品も、無理があって凄くない。。。

官能的なインド、四季に目がいく中国、暗いロンドン、とか考えてると気候は人間の感情や生活に密接に結びついてることを実感する日々です。

テートギャラリーは、おしゃれなテムズ南岸にあって、こちらはイギリス若者(見た目おしゃれといえず)のデートコースと化してます。キスに出くわす場面多し。

現代芸術って、トゲトゲしかったり工業化に対するアンチテーゼみたいな作品だったり、してあまり心が癒されない。。やっぱり古代からの絵を見てたほうがいいですね。。工業製品をアートにするよりは、自然の造型をアートにするほうが惹かれます。

固定リンク