2009/01/03

ウォーリー Wall-E

【うんちく】監督は「ファインディング・ニモ」のアンドリュー・スタントン。ピクサーとディスニーの製作。勝手に、ウォール・イーって発音するのかと思ってました。。

【ちょっと】イヴは、ホンダのアシモか、クリオネか。どこかで見たことあるシェイプ。あんまり、期待はしてないけど、アメリカの友達が、オモシロイっていうから、少し見る気になりました。

【見る前に】日比谷、宝塚の地下、スカラ座。ここの劇場結構好きです。椅子がソフトで柔らかい。土曜夜の回、若い女性が2人で見に来てる姿が目立ちます。ラスト・シーンは、涙すする音が聞こえてきました。デート成功度高し。見る前に、ポップコーンとコーラのセットでも買って。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/02

トロピック・サンダー

【うんちく】ベン・スティラー監督作品。ジャック・ブラック、ロバート・ダウニーJr、そして「カメオ」出演(というらしい)で、トム・クルーズがでているという豪華さ。ほかにも、マシュー・マコノヒー、ニック・ノルティとか出ています。ついでに、「プリズン・ブレイク」で、スコフィールド兄弟を追っかける側のチャイニーズ系黒幕の役者さんも出とりました。

本編始まる前の予告編映像が結構面白い。プロデューサーと俳優の代理人の契約、代理人と俳優、スタッフ、デッチアゲ体験のシナリオ、米国では愛される「Tivo」など、ハリウッド現場のパロディが楽しめます。ベン・スティラー(たち)のいろいろなアイデアが詰め込まれてる。

【見る前に】

ベトナム戦争物のパロディで、地獄の黙示録、プラトーンなど見たことがある人にとって、アルアル的なシーンが楽しめます。サントラも、ストーンズとか地獄の黙示録ぽい。そういうの見てからいくといいんでは。

【ちょっと】

公開2週目の土曜、有楽町マリオン。客は2割の入りっていうところ。パロディ映画だと、英語だけのギャグにいちいち反応する大人がいるんだけれど、この日もおりました。ちょっとしたオバサン。

マリオンでエレベーター降りても、どこでやってるのかわからんくらい地味にやってた。立て看板もなく可哀想。会社近くのすき家横には、何故かポスターが貼ってありました。

6ドルで新作見れるアメリカだったら見てもいいかなぁって感じだと思うけど、日本で1800円払ってこのコメディを大画面で見る気にはなる人はあまりおらんかも。トム・クルーズの役とかマジ笑えるけんど・・・

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007/09/26

韓国ドラマ情報:「10月新作ドラマ!」

お声聞かせてください→info@kwow.jp
ケーワウメルマガが本に!→http://astore.amazon.co.jp/kwow-22

('∇')ノ韓国ドラマ情報デス♪♪

10月お待ちかねの新作韓国ドラマが放映されます。
「エア・シティ AIR CITY」です。10月26日(金)午後8時に第一話放映します!!
絶対に見逃せませんね~♪
再放送は翌週木曜日午前10時からなのでもし見れなかったときも、こちらで追っかけてください。
チェ・ジウがイメージを変えて、クールでプライドの高いエリートを演じます。新しい彼女に大注目です!!
それと現在放映中の「ある素敵な日」の第一話から第八話までを、10月3日(水)・4日(木) 午前8:20~ デジタル193chで一挙放映します。
こちらも要チェックでお願いします!!

それでは今週のドラマ情報と、お勧め映画の情報です。

[韓国ドラマ情報]
『ある素敵な日』
WOWOW
第七話 「交際宣言」 →9月27日(木)午後7:00
第八話 「私の居場所」→9月27日(木)午後7:55  

[韓国映画情報]
『トンマッコルへようこそ』
WOWOW
9月30日(日)午後10:00~
出演
ピョ・ヒョンチョル:シン・ハギュン
リ・スファ:チョン・ジェヨン
ヨイル:カン・ヘジョン
チャン・ヨンヒ:イム・ハリョン
ムン・サンサン:ソ・ジェギョン
スミス:スティーヴ・テシュラー

来週もお楽しみに!!

| コメント (1) | トラックバック (2)

2007/09/14

映画批評モリコラム キャプテン

「キャプテン」(2007/日本)
正直観る前は全く期待していなかったというと、作り手に対して失礼かもしれないけれど、この作品には自分が想像した以上にハマってしまった。あの名作野球漫画の実写映画化。確か私が中学生位の時だったと思うのだが、当時野球少年だった私も漫画や、それを元にしたアニメーションも繰り返し読んだり観たりしていたのは今でもよく覚えている。それだけに思い入れもそれなりにあるのだが、映画はその原作のを気に入っている人は勿論、原作を読んでいない人も素直に楽しめる作品になっているのがまず嬉しい。

物語は主人公の谷口君が弱小野球部のある中学へ転校し、野球部に入部、しかし彼は野球は大好きだが、決して上手とはいえない、むしろ下手クソな選手なのだが、前の学校の名門野球部に所属していたことからの周りの誤解もあって名選手に祭り上げられ、いきなりキャプテンにされてしまう・・・。

その後の主人公の必死の努力とそれが実を結んで試合の快進撃という展開は原作通りであるのだが、原作のエピソードをテンポ良く巧みに繋ぎあわせ、しかもオリジナル部分である女性の扱い方も決して彩りだけに留まらず、物語の展開を邪魔することなくうまく溶け込ませているあたりも好感がもてる。(この映画の重要なシーンで、キャプテンを引き受ける事になるさりげないシーンが中盤の伏線に絡んでくるあたり、これを原作にない女性に言わせているあたりは巧い。)

そして何よりも野球の試合のシーンがきっちりと撮られており、キャストの演技は決して巧みとはいえないけれど野球経験者を重視したというだけあって、彼らの動きが後半にリアリティと説得力を生み出している。(そういえばキャストでいえばイガラシ君を演じた少年などは原作のまんまという感じで思わずニンマリ。)決して映画史上の傑作というような部類の作品ではないし、汗と涙と努力と根性の物語をそのままストレートに描く展開は主人公を見守る家族の描写も含めてベタといってしまえばそれまでだけれども、その割にはウェットにならないのは小気味良いテンポの故か、万人が楽しめ、素直に感動できる好編に仕上がっている。

| コメント (3) | トラックバック (0)

名画★デスプルーフ in グラインドハウス

こんばんわ、名画★知ったかぶり、今週は、「デスプルーフ in グラインドハウス」です

【薀蓄】
タランティーノ監督待望の新作です。出演は、CSIニューヨークのエイデン、シーズン2で死んでしまったヴァネッサ・フェルリト、24にも出てたような・・・ラテン系の少しヤバイセクシー役として活躍しとります。たらこクチビルです。他にも「夜の大走査線」シドニー・ポワチエの娘、シドニー・タラチナ・ポワチエ、マリリン・マンソンと婚約していたローズ・マッゴーワン。「バックドラフト」「バニラ・スカイ」のカート・ラッセル。A~haに似てる。

【ちょっと】
どこかの雑誌の映画評で、「タランティーノの悪い癖で、観客を楽しませる前に、自分が一番楽しんでしまった」というのがありました。よくぞ言ってくれた。見終わっての感想は、まさにこの言葉に尽きます。不思議なのは、連続するスプラッター攻撃、血の海、エグすぎる衝突シーンが、何故か痛快感を覚えてしまうところです。世間一般で、生命の大切さ、殺人への罪を教育されているにも関わらず、ラストシーンで感じる爽快感。心の奥底に潜む残忍さへの快楽性を、浮き彫りにされた気がします。「嫌われ松子の一生」のラストシーンには、何故か嫌悪感を抱いたのですが。おそらく、勝利のデスプルーフと、敗北の暴力「松子」の違いなのでしょうか?もし、両方ご覧なれれている読者の方がいたら、ブログコメントで感想を教えてください!

【見る前に】
先週平日夜の六本木ヒルズ。観客は20%といったところ。男女半々でやや30-40代が多し。ほぼタランティーノファンだと思うのですが、至るところで、日本語的「オーマイガッ」笑いがおき、ラストシーンでは全員から拍手が沸きあがってました。タランティーノが自分で楽しんでしまった作品だけに、大オケだそうです。一般ウケはまずしないでしょう。細部に至るまで、ホントに映画が好きなんだなぁということは伝わる作品ではあります。

それでは・・・★

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007/09/11

海外ドラマ:コールドケース1965年

こんばんわ、海外ドラマ好き、ピョコです。

先週のコールドケース、切なかったですねぇ。またしても。今回は、虐待系のストーリー。
舞台は、1965年。公民権運動、ベトナム、それに伴うヒッピーカルチャー、ポップカルチャーの隆盛など、先端化する若者と、古い慣習が残る大人世代、それは世代間だけでなく、固い職業、田舎と都会、などあらゆるベクトルで社会が分裂し始めた時代。
スィンギングロンドン、イギリス、アメリカが輝いていた60年代、普通60年代を扱うと、ノスタルジーに浸るストーリーになりますが、コールドケースは時代の闇にスポットライトをあて、我々に社会が複層的であることを気づかせてくれますね。。
まぁとにかく切なくなりたいために、コールドケースを見ると言っても過言ではない今日この頃、これから夜が長い秋、ますますコールドケースな季節になりますね!

みなさんの感想、ブログコメントにお待ちしています!

| コメント (0) | トラックバック (1)

名画★トランスフォーマー

おはようございます!名画★知ったかぶりです!今日は「トランスフォーマー」

【薀蓄】
製作総指揮に、スピルバーグ。監督は、マイケル・ベイ、アルマゲドンとパール・ハーバーですね・・・ 主演は、シャイア・ラブーフ。アイ・ロボットなどの出演した21歳。速いセリフ回しがうまいなぁと思っていたら、LAのスタバなどでスタンダップコメディをしてキャリアをスタートさせたそうです。助演は、ミーガン・フォックス。いかにも中西部出身的な風貌ですねぇ。アメリカ人好み??他に脇役も結構ドラマで見かけた顔が・・・ション・タトゥーロは、昔バートン・フィンクで変な役をやった人。ジョン・ボイトは、真夜中のカウボーイ、アンジェリーナ・ジョリーのお父さん。それと、プリズン・ブレイクのスクレ、アマウリー・ノラスコがまたスペイン語しゃべってます。24の大統領ガードマン、アーロン・ピアースもカタール駐在軍の司令官のような役ででいます。

【ちょっと】
日本のアニメをスピルバーグが実写映画化という触れ込みが宣伝文句。サイトで見ると、実際見た人の感想がイマイチ・・・ということで期待せず、見たのですが、正直萌え~。普通に楽しめました。モトモト、プレデター対エイリアンとか好きなので、少なくともパール・ハーバーよりはよかった。。でも、シャイア・ラブーフがみんなを振り切って、宇宙のどこかから来たロボットとひとり戦ったり、ミーガン・フォックスがなんか足手まといになりそうでいて、ならなかったり、、なんか無理やり盛り上がりの音楽で二人のラブシーンとか、、単にトランスフォーマーってだけで、基本概念は、アルマゲドンと一緒です。ハイ。

【見る前に】
色々なメディアで露出され、褒められる映画も多いながら、ネットで実際に見た人の感想も読める今日この頃。王様のブランチや、文春、新潮などのオヤジ週刊誌、TVブロスやファッション系、サブカル系などの評を読みながら、場の空気、実際どーなの?ってところは、世の人はみんな鋭く読み取ってるんでしょうねぇ。9月のとある水曜午後、レディースデーで、この映画を選んだ女性たちで席は大体20%の入り。不必要に笑ったりしてたけど、あまり楽しめた様子は伺えず。。

それでは、また来週・・・★

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/31

映画批評モリコラム 「2001年宇宙の旅」

「2001年宇宙の旅」(1968/米・英)
いまや私は説明するまでもなく、SF映画史上どころか、映画史上に燦然と輝く名作であり、日本でも雑誌などで映画史上ベストテンなど行われると必ず上位にランクインされる程、この映画の作品の評価は揺るぎない。かくいう私も高校生の時にリバイバル上映が初見であったが、その壮大な宇宙空間の描写と深遠なテーマにすっかり魅了されて、それ以降どこかの劇場でこの作品が上映されていれば、ビデオやDVDで何回も鑑賞しているのにも関わらずつい劇場へ足を運んでしまう。そう、この作品は劇場の大きなスクリーンと大音響でなければ魅力が半減してしまうのだ。物語は人類がまだ猿であった時代から始まり、そこから知恵を授かることにより、西暦2001年には宇宙に進出までになるのだが・・・。

とここまで書いたのはいいが、この作品、特に後半は大変哲学的でかなり難解なのは事実。実は私も1度目は正直よく理解できず、その後数回鑑賞して、原作も読んだりして、何となく理解できたような箇所もあるのだが(はっきり理解したと断言できない事が情けないけれど・・・)、それでも全てすっきりしないもどかしさがある。しかしそれでもなお、その難解さが、逆に何度も鑑賞することになる魅力となりえる不思議な力がこの作品にあるのは事実だし、映像面においても、上記の何百万年間の流れを一瞬で表現したモンタージュシーンに度肝を抜かれ、その後に続く宇宙のシーンの美しさと浮遊感覚、そしてSFという未来の映画でありながら既成のクラシック音楽を多用、それがものの見事に映像にマッチしていることも強烈な印象を与えてくれたのである。

製作されてもう40年を迎えることとなるが、内容、技術面においてもこの作品ほど製作時からの時の流れを感じない作品はないんじゃないかと思えるほど、普遍的な魅力を保ち続けている。

| コメント (0) | トラックバック (1)

名画★レミーのおいしいレストラン

みなさん、こんにちは!
名画知ったかぶり、です。
今日は「レニーのおいしいレストラン」

【薀蓄】
トイ・ストーリー、MR.インクレディブル、モンスターズインク、バグズライフなどなど、ピクサーの栄光とともに歩んできたション・ラセターが製作総指揮、監督は、MR.インクレディブルを監督したブラッド・バード。ビッグネームは揃っておりますが、製作のブラッド・ルイスのパワー不足か、おそらくブラッド・バードのアニメおたく根性が暴走してしまった作品。原題は、「Ratatouille」、ズッキーニとトマトなどの煮込みシチュー、フランス家庭料理。

【見る前に】
ストーリーよりも、CG技術の誇示に終わってしまった作品。ディズニーのストーリーテリング能力はどうしたのか??

ミッキーマウスとかぶるネズミのキャラクター映画を新たに製作したのは、ピクサーのディズニーに対する嫌がらせなのでしょうか??ディズニーは、ネズミのマークをつけたフランス料理店をディズニーランドに作りたいんでしょうかね・・

公開前の宣伝では、キャラクターをゼロから宣伝する困難さ、またパリ有名レストランでの食べ歩き取材など、映画製作裏側からのプロモーションが目立ってました。この手の「こんなに苦労したんだから見る価値アリ」論理ほど自己満足な価値観はありません。2時間現実を忘れて入り込むためにお金を払うのお客さんで、自分たちは高級レストランに制作費で行ってるわけですから。多分、プロモーション中に苦労話がストレートに記事になっているということは、全体をお客さんの視点で見ているプロデューサー、スタッフには苦労をねぎらいながら、顧客には優雅に振舞う作品のイメージを統括する役割が果たせてないのが伺えます。

ということで、この自己完結型プロモーションへの不安は、実際に映画を見て的中しました。まず、おいしいレストランの話なのに、ねずみの群れが画面いっぱいに駆け回るシーンにゾッとします。CGを使って、見事にネズミの躍動感はでていますが、そのリアル感にちょっと嫌悪感を持ちました。特に最初のシーン、天井が落ちてそこにネズミがたくさんいるというシーン、このシーンは必要なカットなのでしょうか??驚いて鳥肌がたちました。

厨房、料理の質感は実写のようなすばらしさです。ただ、その横にネズミも実写なみに描かれているので、あまり食欲がわきませんでした。。。

ネズミと誰かの追いかけっこのシーンがやたら多く、しかも長すぎるのも気になります。CGの技術を誇示するためだけに引き伸ばされた感が残ります。

【ちょっと】
週末土曜夜7時15分から、渋谷東映で。10%くらいの入りでしょうか?50人も観客はいませんでした。ほぼカップルに、女の子同士のお客、やたら大声で笑う男(←欧米か!)な感じでした。見終わっても暑すぎどこにも行く気のしない渋谷でした。

それでは・・・☆

| コメント (1) | トラックバック (1)

2007/08/03

海外ドラマ CSIで好きなキャラ

こんにちは、海外ドラマ情報、ピョコです。■CSI:6、一番好きなキャラクターは誰ですか?コメント待ってます!

また台風ですね。九州の皆さん大丈夫でしょうか。風、雨が強いとBS放送も見れなくなるときがあります。先日の台風4号のときは、スカパーはほぼ全滅でした。。

CSIとコールドケースについて、札幌市の無敵艦隊さんから、メール貰いました。「CSIは、最新の科学で事件を解決。コールドケースは、当時の関係者に話を聞きながら事件を解決。ハイテクとローテク、それぞれ別のおもしろさがある。CSIのような技術が進めば、コールドケースのように迷宮入りになる事件もなくなる、かな?」オールドとニューの対比、興味深いですね!CSIベガスは、どうも技術が進歩しすぎて、見ててえげつないなぁと思うこともあります。。ローテクの話のほうが人生模様がわかりやすく描かれていて好きです。最近スカパーでもドラマを見るのですが、WOWOWのノンCMに長年慣れてるので、CMの多さが気になってしまいます。。贅沢か?HOUSEとあと変な家族のコメディがお気に入りです。
さて、週末、テレビで見れる海外ドラマです
土曜:22時CSI:6:Up in Smoke, 壁の鼓動。前回の告知を見る限り、今回もヤバいです
23時コールドケース3:1954年の事件。曲は、プレスリーなどがかかります。
0時55分NHKデスパレートな妻たち:偽りの自分、IMPOSSIBLE。この回はコンドームとブリーが印象的です。

それでは、よい週末を・・・☆

| コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧