2008/04/10

宝塚大好き!番外編 身毒丸

身毒丸・・・ 宝塚をサボって(?) 今週は蜷川幸雄さん演出、藤原竜也さん主演の「身毒丸」を観に行って参りましたー! 何度も再演されてて、「身毒丸」観たことある方多いかもしれませんね。

私は全く予備知識なく観劇してしまったのですが、 95~96年は武田真治さんが主演で、 97年にロンドンで上演された際に、藤原さんが主演でデビューされたらしい。 2002年の公演が「ファイナル」ということで藤原さんでの再演はもうこれが最後 ってことになってたみたいですが、、、 今回の公演はワシントンのKennedy Centerに招致された作品として日本でも再度再演されることになったらしいっす。

ラッキーだったな、今回、観れて。 人気があるなら「放浪記」みたいに何度だって再演すればいいのにと気になっていたのですが、 私はシロウトでした。 身毒丸は少年なのです。 この役のオーディションを受けたとき藤原さんは14歳だったということですから、今25とか26歳くらい? 亡くなった母親を恋しく思う年頃の男の子というと6年前で一旦「ファイナル」になったわけです。なるほど。 が、しかし、今回観て、びっくり。 藤原さんがすごい。 やせっぽちで、愛してほしいって全身で叫んでる そんなさみしい少年になっていました。 テレビで人気のある人の舞台を観るとがっかりすることが多いんだけど、 藤原さんは舞台の方がはじけてていいなあ。

面白かったのは、芝居の最中は全くもって全身で自分を曝け出して、本当にくしゃくしゃになってたのに、 カーテンコールのときは、素の自分をやたら隠そうとしてて、それがすっごく不思議な感じしちゃった。面白い人だ。

それとこの作品、寺山修司作品だったのだ### 寺山修司さんというのは昔「時代の寵児(?)」だったらしい。その時代に共に青春時代をすごした世代の方々にはいろいろな想いがあるようだが、残念ながら私はさっぱり理解できない!当時のままの台本で再演されている芝居とか観ても素敵だと思えないし逆に嫌悪感でいっぱいになってしまうし、人間の汚らしい部分やいやらしい部分が曝け出されていたりするのもイヤだし、時代の寵児が作ったって時間が経っちゃってるんだからどうしても「古臭い」感じがするのもイヤ、傲慢な感じがするのもイヤ。要するに私は寺山作品全てを観たわけではないけれど、苦手なんです、すみません。

で、始まる前にプログラムで「身毒丸」が「寺山作品」であることに気づき(それまで気づいていなかったのだ)、 「ヤバイ###」(>_<) でも、蜷川さんだから大丈夫!人間のドロドロした汚らしい部分とかいやらしい部分とかをこれでもかと目の前に沢山見せ付けられる感じはしなくて、逆にこちら側から積極的に汲み取ってドキドキさせられる感じだった。(うまく言えないなあ)また幕が開く前から、客席いっぱいにまでスモークが焚かれていて、客席に着く瞬間から「身毒丸」ワールドに足を踏み入れた感じがしました。 1時間半で舞台が終わったのも無駄がなくてよかった!

観終わったら、体重が2キロ落ちていたんじゃないかと思う程、自分も消耗した熱い舞台でした。蜷川作品は観て得るものがある分、観てる側も真剣に観なきゃソンソン。オツ!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/12

テニス情報 ウィーン・スットクホルム・モスクワ

プロテニス協会(ATP)が発表した男子テニス選手の最新世界トップ10ラン
キングが発表されました!みなさんの現在の世界最新トップ10はいかがですか?
日本人が入ってないのが寂しいですが、鈴木貴男選手などいい選手がいるので、残念です。
がんばってほしいですね!

1:ロジャー・フェデラー(スイス)→7355 ポイント
2:ラファエル・ナダル(スペイン)→5385
3:ノバク・ジョコビッチ(セルビア)→4145
4:ニコライ・ダビデンコ(ロシア)→3255
5:アンディ・ロディック(米国)→2540
6:フェルナンド・ゴンザレス(チリ)→2360
7:ジェームズ・ブレーク(米国)→2235
8:ダビド・フェレル(スペイン)→2130
9:トミー・ロブレド(スペイン)→2035
10:トーマス・ベルディハ(チェコ)→1950

さて、秋を深まりつつありますが、まだ昼間は暑い!半袖で十分な東京です。読者の住んでおられる場所はどうですか?
東北、北海道は、秋ってすぐ終わってすぐ冬になる感じがしますよね。。
テニス日本界も秋は、1月全豪後の東レととともに盛り上がる季節です。
先週のAIGオープンご覧なられた方はいっらしゃいますか??フェデラー選手が来なかったのがちょっとイマイチでした・・・決勝は、ガスケとフェレーロ。

ツアーは、ヨーロッパを廻っています。この季節ヨーロッパは地中海沿岸はともかく、非常に寒いです。私も先週ロンドンに行ってきましたが、もう寒くて風邪気味です。オマケに朝曇り、昼は快晴、夕方から雨というロンドン特有の気候に悩まされました。ツアーを廻っている選手たちも、こういう気候に慣れなければならないんですね。

ロンドンで新聞を読んでいたら、イギリスの10代のテニス選手がネットに飲酒している写真を掲載していたのがバレ大問題になっている、という記事がありました。そこにアンディ・マレー選手のコメントが載っていて、「僕も昔はやっていたけど、大人にならなきゃ」と。昔はやっていたってコメント、いさぎいいですね・・

さて、ツアーは今ウィーン、ストックホルム、にいます。BA-CA テニス トロフィー。ジョコビッチ、ゴンザレス、ルビチッチの争いでしょうか?3人ともベスト8まできています。AIGのファイナリストガスケはなんと棄権。長旅ご苦労様です!優勝賞金は13万3千ユーロ。

スットクホルムは、ブレイクが好調です。他にトミー・ハースも勝ち上がってますね。こちらはAIG優勝のフェレールが棄権。やっぱり最終日まで残って次ヨーロッパで試合は、無理ですよね・・優勝賞金は、9万ユーロです。

3つめ、モスクワ。こちらはダビデンコが優勝でしょうか?二番手がユーズニー、三番手がアンディ・マレイだったのですが、どちらも負けてしまいました。。。

それでは・・・また来週★

それでは来週もお楽しみに!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/11

全米テニス フェデラー優勝

こんにちは、テニス情報です。
全米オープン、ある意味順当な戦いでしたね。
フェデラー対ジョコビッチは、7-6(4), 7-6(2), 6-4でフェデラーが優勝。モントリオールでの敗戦のリベンジを果たした格好です。
今回の全米オープン優勝で、フェデラーはまたもさまざま記録を更新しています。
少し書き出してみますと。。。

・グランドスラム連続決勝進出--10回目
・2年連続、その年のグランドスラム決勝進出
・史上初全米オープン4年連続優勝
・グランドスラム4連続優勝を2大会(ウィンブルドンと全米)、もう一人は、ビヨン・ボルグ(全仏とウィンブルドン)
・全米オープンで、27ゲーム連続勝利は、マッケンローの25を抜き、レンドルの27と並びました。
・全米オープンの戦績は、38勝4敗、ヒューイットの39勝8敗がこれに続きます。
・生涯成績138勝22敗はテニス史上11位。
・グランドスラム12勝(全豪3勝、全英5勝、全米4勝)は、ロイ・エメルソンに並び、サンプラスの14勝に続き2位。
・全米オープンの賞金240万ドルは、スポーツ史上最高額。

こんな感じで、私たちはまさに今歴史が作られつつあるのを毎年見ているわけですね。幸せなことです。
今回は、ナダルは膝の故障で、残念、フェデラーの戦うことなく負けてしまいました。大相撲も白鵬が横綱になり、やっと朝青龍と二人横綱になったと思ったら、また一人横綱に戻ってしまいました。
テニス界もフェデラーのライバルがでて盛り上がるのでしょうか??
それでは来週は北京マスターズシリーズです。お楽しみに!

| コメント (3) | トラックバック (0)

2007/08/31

映画批評モリコラム 「2001年宇宙の旅」

「2001年宇宙の旅」(1968/米・英)
いまや私は説明するまでもなく、SF映画史上どころか、映画史上に燦然と輝く名作であり、日本でも雑誌などで映画史上ベストテンなど行われると必ず上位にランクインされる程、この映画の作品の評価は揺るぎない。かくいう私も高校生の時にリバイバル上映が初見であったが、その壮大な宇宙空間の描写と深遠なテーマにすっかり魅了されて、それ以降どこかの劇場でこの作品が上映されていれば、ビデオやDVDで何回も鑑賞しているのにも関わらずつい劇場へ足を運んでしまう。そう、この作品は劇場の大きなスクリーンと大音響でなければ魅力が半減してしまうのだ。物語は人類がまだ猿であった時代から始まり、そこから知恵を授かることにより、西暦2001年には宇宙に進出までになるのだが・・・。

とここまで書いたのはいいが、この作品、特に後半は大変哲学的でかなり難解なのは事実。実は私も1度目は正直よく理解できず、その後数回鑑賞して、原作も読んだりして、何となく理解できたような箇所もあるのだが(はっきり理解したと断言できない事が情けないけれど・・・)、それでも全てすっきりしないもどかしさがある。しかしそれでもなお、その難解さが、逆に何度も鑑賞することになる魅力となりえる不思議な力がこの作品にあるのは事実だし、映像面においても、上記の何百万年間の流れを一瞬で表現したモンタージュシーンに度肝を抜かれ、その後に続く宇宙のシーンの美しさと浮遊感覚、そしてSFという未来の映画でありながら既成のクラシック音楽を多用、それがものの見事に映像にマッチしていることも強烈な印象を与えてくれたのである。

製作されてもう40年を迎えることとなるが、内容、技術面においてもこの作品ほど製作時からの時の流れを感じない作品はないんじゃないかと思えるほど、普遍的な魅力を保ち続けている。

| コメント (0) | トラックバック (1)

名画★レミーのおいしいレストラン

みなさん、こんにちは!
名画知ったかぶり、です。
今日は「レニーのおいしいレストラン」

【薀蓄】
トイ・ストーリー、MR.インクレディブル、モンスターズインク、バグズライフなどなど、ピクサーの栄光とともに歩んできたション・ラセターが製作総指揮、監督は、MR.インクレディブルを監督したブラッド・バード。ビッグネームは揃っておりますが、製作のブラッド・ルイスのパワー不足か、おそらくブラッド・バードのアニメおたく根性が暴走してしまった作品。原題は、「Ratatouille」、ズッキーニとトマトなどの煮込みシチュー、フランス家庭料理。

【見る前に】
ストーリーよりも、CG技術の誇示に終わってしまった作品。ディズニーのストーリーテリング能力はどうしたのか??

ミッキーマウスとかぶるネズミのキャラクター映画を新たに製作したのは、ピクサーのディズニーに対する嫌がらせなのでしょうか??ディズニーは、ネズミのマークをつけたフランス料理店をディズニーランドに作りたいんでしょうかね・・

公開前の宣伝では、キャラクターをゼロから宣伝する困難さ、またパリ有名レストランでの食べ歩き取材など、映画製作裏側からのプロモーションが目立ってました。この手の「こんなに苦労したんだから見る価値アリ」論理ほど自己満足な価値観はありません。2時間現実を忘れて入り込むためにお金を払うのお客さんで、自分たちは高級レストランに制作費で行ってるわけですから。多分、プロモーション中に苦労話がストレートに記事になっているということは、全体をお客さんの視点で見ているプロデューサー、スタッフには苦労をねぎらいながら、顧客には優雅に振舞う作品のイメージを統括する役割が果たせてないのが伺えます。

ということで、この自己完結型プロモーションへの不安は、実際に映画を見て的中しました。まず、おいしいレストランの話なのに、ねずみの群れが画面いっぱいに駆け回るシーンにゾッとします。CGを使って、見事にネズミの躍動感はでていますが、そのリアル感にちょっと嫌悪感を持ちました。特に最初のシーン、天井が落ちてそこにネズミがたくさんいるというシーン、このシーンは必要なカットなのでしょうか??驚いて鳥肌がたちました。

厨房、料理の質感は実写のようなすばらしさです。ただ、その横にネズミも実写なみに描かれているので、あまり食欲がわきませんでした。。。

ネズミと誰かの追いかけっこのシーンがやたら多く、しかも長すぎるのも気になります。CGの技術を誇示するためだけに引き伸ばされた感が残ります。

【ちょっと】
週末土曜夜7時15分から、渋谷東映で。10%くらいの入りでしょうか?50人も観客はいませんでした。ほぼカップルに、女の子同士のお客、やたら大声で笑う男(←欧米か!)な感じでした。見終わっても暑すぎどこにも行く気のしない渋谷でした。

それでは・・・☆

| コメント (1) | トラックバック (1)

2007/08/22

海外ドラマ CSIのドラマ内ドラマ

こんにちわ、海外ドラマ好きなピョコです。毎日暑い日が続いてますね。。皆さんお元気に過ごされてますでしょうか?
この前の質問、お好きなキャラクターは誰ですか?ブログにコメントくださった方、メールを頂いた方ありがとうございました★

この前のCSI:6ご覧になりましたか?CSIに警察などの追跡モノ番組の収録チームが入るという奇抜なアイデアでした。グリッソム、キャサリンなどがその番組収録カメラにコメントをいれることで、CSIなど科学捜査モノドラマへの世間の批判に対する回答していました。アメリカのしかも何年も売れているドラマならではの、柔軟な構成に驚きました。なんといっても面白かったですね。私は最後のブラフ警部に対する質問、警官を撃ってしまった気分はどんなでしたか?という質問に、警部が呆れて立ち去っていく場面が印象に残りました。読者の皆さん、この回をご覧になられた方で印象に残ったコメントありますか??ブログのコメント、かメールお待ちしております!

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007/08/10

テニス情報 モントリオール ロジャース・マスターズ

こんにちは、テニス情報です。みなさん、いかがお過ごしですか?お盆前、いよいよ熱くなってきましたね!

さて、今週はカナダでマスターズシリーズが開催されてます。ATPランクTOP16まで全選手出場、現在ベスト16まで出揃っております。TOP16ですでに敗退した選手は、ゴンザレス、ガスケ、ブレイク、ロベルドといったところでしょうか?ロベルドは、前週ポーランドで優勝、前々週は、オーストリアでベスト8で、優勝したモナコに負けてましたね。今回は全米に備えての調整でしょうか・・・今レイヤーで注目ゲームは、ナルバンディアンとジョコビッチ戦でしょう。そして、決勝はナダルとフェデラーなのか?優勝賞金400,000ドル、ファイナリスト200,000ドル。モントリオールのロジャース マスターズ。全米オープン前哨戦として、注目です。

先週の結果です。レッグ・メイソン・テニス・クラシックは、ロディックが優勝です。ポーランド、オレンジ・プロコム・オープンは、トミー・ロベルドが優勝。

それでは・・・お体にお気をつけて!

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007/07/30

サッカー蹴球人2 アジアカップに寄せて

みなさん、ご無沙汰です。2代目蹴球人のコタロウです。宜しくお願いします。突然ですが、アジアカップ3位決定戦、11対10になってから、なかなか点がとれませんでした。その原因はなんでしょうか?読者の方の意見を聞かせてください!

コタロウの意見は、俊輔を後半交代、羽生、佐藤寿人の投入の早めにしてはどうだったか?です。後半明らかに全選手の足取りはヨボヨボになってました。そこで、パス回しの起点は、遠藤に絞り、相手撹乱用兵の羽生、佐藤で攻めたらどうだったでしょうか?韓国勢も、足がつったりバテバテだったのに、あの精神力は日本選手にないものです。プロ野球とかラグビーとか、で走らない姿を本番の試合でされけだすことはないですよね。いつも思ってしまうのですが、なんかサッカー選手はその辺の精神力が弱いなと感じます。
コタロウ

| コメント (4) | トラックバック (1)

海外ドラマ CSI:6 コールドケース3

こんにちは、海外ドラマ情報です!今回から執筆を担当する海ドラジャンキー、ピョコです。私は、ビバヒルから始まり、最近は24、デスパ妻、OC、プリズンブレイクを撃破。一番好きなのは、CSIのH、ホレイショ様です。

CSI、コールドケースの感想教えてください! info@kwow.jp まで。
皆さん先週のCSI:6ご覧になりましたか?ユダヤ、ホロコーストが絡む人種差別的な話題。それに、人体実験が絡むものスゴイハードな内容でしたね。オマケに最後は、レディヘザーが、砂漠で犯人を鞭打ってる場面で終わるという、なんともスゴい回でした。考えてみれば、話の筋は、あまりたいしたことなく双子オチ。映画プレステージを思い出し、なんとなく解剖のキモさだけが残りました。私は、CSIのうちベガスだけがなんとなく身が入らないんですね。それは、多分このハード偏重な話の作りにあるんではないか?と思ってしまいます。読者の皆さん、いかがお考えですか?

続いてコールド・ケース3。こちらも人種差別。黒人と白人の野球選手の話。コールド・ケースは、必ず最後スロー・モーションで若い昔の場面と今の姿がオーバーラップされますよね。あのシーンがいつも胸にグッときます。コールド・ケースは、CSIのように最新の機器を使ったりすることがない分、ストーリーが練られていて、せつない気持ちになる回が多い気がします。そこが、CSIより好きなところです。今回も少年の夢とか、昔抱いていた志とかが伝わりつつ、それでも過って罪を犯してしまう感じがよくでていて、最後は涙してしまいました。。。

他にも、読者の皆さん好きな海外ドラマあったら教えてくださいね!

| コメント (2) | トラックバック (0)

テニス情報 クロアチア・インディアナポリス・オーストリア

こんにちは、テニス情報です!

今週男子ツアーは、ワシントンで行われているLegg Mason Tennis Classic、ポーランドはソポトのOrange Prokom Open、です。レグ・メイソン テニスクラシック、トップシードは、アンディ・ロディック、そしてトミー・ハース、マラト・サフィン、ガエル・モンフィスあたりが注目選手でしょうか?ロディックは、先週のインディアナポリスに続くトップシード。先週は準決勝でカナダのダンチェビッチに負けてます。

ポーランドのオレンジ・プロコムオープン、はダビデンコ、ロベルド、が注目です。エントリーは32選手の小さい大会、優勝賞金は、59,200ユーロです。ロベルドは、トップシードだった先週のオーストリアオープン、優勝したモナコに準々決勝で負けています。ロシアのイゴール・アンドリーブにはベスト16でアタリ、勝ったのですが残念でした。ダビデンコは、先週のクロアチアオープンで、フランスのジレ・シモンに2-1で初戦負け。今週はどうなるか。

さて、先週アメリカで行われたインディアナポリス。優勝は、ロシアのドミトリー・ツルスノフ。日本の17歳錦織は、このツルスノフに準々決勝で負けました。2回勝ったんですが・・ 

クロアチアオープンの優勝は、スペインのモヤ。モヤは、ワウリンカ、フェレーロ、カナスを破り、決勝でルーマニアのパベル(1回戦でルビチッチを破りました)を倒して優勝です。優勝賞金は55,820ユーロでした。

オーストリアオープンは、アルゼンチンのモナコが優勝しました。賞金は、110,500ユーロ。クロアチアの2倍です!その割には、ATPのTOP10ランカーがロベルド一人だったというちょっと寂しい大会でした。クレイコートだからでしょうね・・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧