« サッカー蹴球人2 3大陸トーナメントスイス戦 | トップページ | KW格闘技通信:相沢はムニョスからWBASフライのベルトを奪えるのか? »

2007/09/14

映画批評モリコラム キャプテン

「キャプテン」(2007/日本)
正直観る前は全く期待していなかったというと、作り手に対して失礼かもしれないけれど、この作品には自分が想像した以上にハマってしまった。あの名作野球漫画の実写映画化。確か私が中学生位の時だったと思うのだが、当時野球少年だった私も漫画や、それを元にしたアニメーションも繰り返し読んだり観たりしていたのは今でもよく覚えている。それだけに思い入れもそれなりにあるのだが、映画はその原作のを気に入っている人は勿論、原作を読んでいない人も素直に楽しめる作品になっているのがまず嬉しい。

物語は主人公の谷口君が弱小野球部のある中学へ転校し、野球部に入部、しかし彼は野球は大好きだが、決して上手とはいえない、むしろ下手クソな選手なのだが、前の学校の名門野球部に所属していたことからの周りの誤解もあって名選手に祭り上げられ、いきなりキャプテンにされてしまう・・・。

その後の主人公の必死の努力とそれが実を結んで試合の快進撃という展開は原作通りであるのだが、原作のエピソードをテンポ良く巧みに繋ぎあわせ、しかもオリジナル部分である女性の扱い方も決して彩りだけに留まらず、物語の展開を邪魔することなくうまく溶け込ませているあたりも好感がもてる。(この映画の重要なシーンで、キャプテンを引き受ける事になるさりげないシーンが中盤の伏線に絡んでくるあたり、これを原作にない女性に言わせているあたりは巧い。)

そして何よりも野球の試合のシーンがきっちりと撮られており、キャストの演技は決して巧みとはいえないけれど野球経験者を重視したというだけあって、彼らの動きが後半にリアリティと説得力を生み出している。(そういえばキャストでいえばイガラシ君を演じた少年などは原作のまんまという感じで思わずニンマリ。)決して映画史上の傑作というような部類の作品ではないし、汗と涙と努力と根性の物語をそのままストレートに描く展開は主人公を見守る家族の描写も含めてベタといってしまえばそれまでだけれども、その割にはウェットにならないのは小気味良いテンポの故か、万人が楽しめ、素直に感動できる好編に仕上がっている。

« サッカー蹴球人2 3大陸トーナメントスイス戦 | トップページ | KW格闘技通信:相沢はムニョスからWBASフライのベルトを奪えるのか? »

コメント

深夜時間帯にメール送付してくるのは社会人の常識としてやめて頂きたい。
私は、このメルマガの登録はしていないが。
肝心なリーガ放送予定は決定していませんで役に立たない上に、余計なメールを送ってくるって、どういうこと?

投稿: | 2007/09/15 00:23

 時間帯も然ることながら、冒頭に出会い支援サイトの宣伝が入るのもどうかと思います。
 WOWOWの看板を背負って出すメールとしては、いささか品位に欠けるのではないでしょうか。

投稿: ゆた | 2007/09/15 08:42

ご利用誠にありがとうございます^-^
弊社は今R0とかリネ2とかFF11とか扱っております
特にR0が大量に在庫を持っております
こちらの値段の方がほかの業者さんより一番安いですね
こちらの販売してるホームページは  http://www.rmtro-jp.com/blog/です
ご参考してから、もしご希望の鯖がありましたら、
是非ご連絡するのは幸いですね^^
または弊社の信用とサービスがいいです
こちらと対応したお客様が分かっています
それはご安心くださいね
以後でよろしくおねがいいたします^-^

投稿: RMT | 2007/09/19 17:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/16446796

この記事へのトラックバック一覧です: 映画批評モリコラム キャプテン:

« サッカー蹴球人2 3大陸トーナメントスイス戦 | トップページ | KW格闘技通信:相沢はムニョスからWBASフライのベルトを奪えるのか? »