« 格闘技通信:「見てみたい異種格闘技戦は?」 | トップページ | 宝塚情報 黒蜥蜴レビュー  »

2007/05/13

名画★ バベル

こんにちは、名画知ったかぶり、今週は「バベル」です

[薀蓄]
バベル、神が言葉を変えたために、お互いに理解できなくなり、壊してしまった。それがバベルの塔。映画もタイトル通り、お互いにコミュニケーションできない身の回りの人々の悲劇が描かれています。けれど、モロッコ、メキシコ、東京、身近ではコミュニケーションできない人々の出来事が、地球上で繋がっている、という二重構造。
監督は、メキシコ人、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督。ガエル・ガルシア・ベルナル、アドリアナ・バラッザのメキシコ俳優陣、また、モロッコ俳優陣が印象的です。ハンティング・ガイド、アブドゥルカデル・バラ、弟ユゼフ役、ブケル・アイト・エル・カイド、ガイド役サイード・タチャーニ、など。。

[見る前に]
外国人が感じる東京の雰囲気は、とてもアンビバレントです。ロストインモーションと同じような印象を受けました。海外旅行に行ったあとに、日常生活がちっぽけに見えますよね。それと同じ印象を受ける作品。例えば、東京物語のように、日常を細かくチェック、気づかないところまで提示してくれる作品もよし。この映画のように、細かい箇所はどうでもいい、色々な場所で人間生きている、ことを実感してくれる映画も、いいですねぇ。音楽がまたさざ波のようでよしです。音楽は、「モータサイクル・ダイヤリーズ」のグスターボ・サンタオラヤです。

[ちょっと]
菊池凛子のヌードシーン、自慰シーン、ケイト・ウィンスレットのおもらしシーン、目がチカチカするクラブのシーンなど、、初デートには刺激が強い箇所がチラホラ。作品だけをいきなり見に行くと、「なんだかよくわからない映画だね」ってことになります。聖書のバベルの話とか、あそこはモロッコだとか、そういう薀蓄をだすにはいい映画かも。週末、有楽町スバル座、19時15分の回。5割程度の埋まり具合。映画終了時、トイレ前で拾った会話「あの子供たちは結局どうなったの」「やっぱりアカデミー、ドリームガールズ行ったのよくわかったね・・・」「ブラッド・ピットってあんな皺あったっけ?」多分、あとからジーンとしてくる作品です。

« 格闘技通信:「見てみたい異種格闘技戦は?」 | トップページ | 宝塚情報 黒蜥蜴レビュー  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/15052660

この記事へのトラックバック一覧です: 名画★ バベル:

» やっと、自宅でパソコンを使って副収入を得ることができました。 [みさきのブログ]
やっぱり収入が発生し始めると、ガゼンやる気がでてきます [続きを読む]

受信: 2007/05/13 13:20

» 喜多嶋舞主演映画全裸シーンあり【関連映像】 [喜多嶋舞 主演映画 画像 動画 通信]
女優喜多嶋舞(34)が映画「人が人を愛することのどうしようもなさ」(石井隆監督、9月公開)に主演することが13日、分かった。劇場公開作としては95年「さわこの恋2 1000マイルも離れて」以来、12年ぶりの主演映画となる。 喜多嶋が演じるのは人気女優、名美。物語は俳優の夫の浮気に悩み、夜ごとに売春婦として街に立つ。行き場を失った心を解放していく様子を描く恋愛サスペンスだ。石井監督は数々の賞を受賞した大竹しのぶ、�... [続きを読む]

受信: 2007/05/14 12:38

« 格闘技通信:「見てみたい異種格闘技戦は?」 | トップページ | 宝塚情報 黒蜥蜴レビュー  »