« 蹴球人のサッカーコラム:「注目の移籍選手」 | トップページ | 宝塚大好き「ベルばらについて」 »

2007/03/01

VOL.76★ジャパニーズロック:『P.M.A.解散-KEMURI』

『P.M.A.解散-KEMURI』

二週間ぶりのご無沙汰です。どうも、ハセです。私が体調不良を訴えているあいだに、とんでもないニュースが飛び込んできましたね。「KEMURI、解散」。理由もなく「KEMURIは解散しない気がする」と思っていただけにかなり驚きましたが、しかし今回のKEMURIの解散は他のバンドの解散とはちょっと様子が違うのです。それは、LAST LIVEがあるのが2007年12月9日。つまり解散まであと約10ヶ月あるということ。最近は急に解散や活動休止が発表され「この間のライブが最後でした」というようなバンドが多い中、これは本当に異色。

KEMURI は1995年に結成。メンバーはVo:伊藤ふみお、B:津田紀昭、G:南英紀、Sax:コバヤシケン、Dr:平谷庄至の5人。ライブではこのメンバーにホーン隊が加わります。結成当時から国内外にこだわらない活動をしており、Hi-STANDARDと共に日本のバンドが海外でも活躍するという道を作ったと言っても過言ではありません。そういった点からも日本のインディーズシーン・スカコアシーンではかなり重要なバンドであり、オーディエンスだけでなくミュージシャン仲間や若いミュージシャンからもリスペクトをされています。

KEMURI を語る上で決して外せない言葉として「P.M.A.(positive mental attitude=肯定的精神姿勢)」というのがあります。今回の解散の仕方もこの精神から生まれたもの。「やるだけのことはすべてやりきった。あとは応援してくれた人達と最高の一年を作り上げる」。どんな形であれ悲しさや寂しさを伴ってしまう解散を最大限楽しもうという、実にKEMURIらしいやり方です。私がKEMURIと出会ったのは今から約7年前。たまたま見ていたテレビで流れたPMAのPVでした。当時まだスカコアというものを全く知らなかった私でしたがそのカラッとした音と画面から滲み出る暖かさに釘付けになりました。今から思えば私はこのとき彼らのP.M.A.を無意識に感じ取っていたのですね。

現在彼らは海外でレコーディング中。5月に発売するそのアルバムが彼らのラストアルバムになるようです。今までたくさんの言葉を我々にくれた彼らが最後にどんなメッセージをくれるのか、受け止めるべきだと思います。皆さんはどうしますか?2007年はどう考えても伝説になってしまいますよ!

・KEMURI「ベスト・アルバム KEMURI」2002年10月23日発売
・KEMURI「CIRCLES」2004年9月22日発売


« 蹴球人のサッカーコラム:「注目の移籍選手」 | トップページ | 宝塚大好き「ベルばらについて」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/14091692

この記事へのトラックバック一覧です: VOL.76★ジャパニーズロック:『P.M.A.解散-KEMURI』:

» あなたの生活を応援します。 [働く方へ]
ナンバーズ3★完全攻略★ たったの3秒。 2週間以内に必ずストレートに当選する!! WEB上に溢れ返っている、ナンバーズ予想サイト などは足元にも及ばない! 完全無条件全額返金保証付!! 【2007DL版】 [続きを読む]

受信: 2007/03/02 12:20

« 蹴球人のサッカーコラム:「注目の移籍選手」 | トップページ | 宝塚大好き「ベルばらについて」 »