« VOL.76★ジャパニーズロック:『P.M.A.解散-KEMURI』 | トップページ | 格闘技通信:「今から始めるならどんな格闘技を始めます?」 »

2007/03/02

宝塚大好き「ベルばらについて」

来週のテーマ:エリザベートはどこが好き?どこが嫌い?info@kwow.jp にメールか、このログにコメントをお願いします!

お久しぶりです。D-ヒサです。今日はベルばらについてという壮大なテーマシリーズ第2弾です!以下、アンドレ・オスカル編とフェルゼン・マリー・アントワネット編とまぜこぜに書いておりますことご了承くださいっ。

アンケートの様子を見ると、ベルばらを好きな人と嫌いな人半々な感じでした。厳密に言うと、好きだけど嫌いなとこもある、嫌いだけど好きなとこもあるという複雑な心境という人が大多数という感じでした。もちろん大好き!という方も絶対苦手という方もいらっしゃいました。

まず、幕開きの小公子が見所のひとつ、将来のスタアがセンターで歌い踊るというポイントを楽しみにしてらっしゃる方も。最近の生徒さん達は足が細くてまっすぐで小公子姿もかなりかわいらしいですよね。この幕開きの場面でかなり一気に非現実に突入できます。

そしてきらびやかな衣装とゴージャス風なセット。これは賛否両論でした。華やかだから好き!これぞ宝塚!という方と、ゴージャス風なだけで決して本当にゴージャスなわけではないのが嫌い!という方と。

かなりきらびやかな衣装とゴージャス風なセットに加え、歌舞伎調とも言える古典的なセリフの数々。「恋の甘酒」とかね。甘酒って白くてどろっとしてるやつ想像しちゃうと笑っちゃう。あと「くびき」。クビキって何ですか。。。でも、こういった古典的なセリフは演出によって違うセリフになっているのだそうで、必ずしも同じわけではないようです。そのときどきによって古典的なセリフが変わるのも見所になってるとも言えそうです。笑。

もう古臭いなあと思う場面もいっぱい。シッシーナ伯爵夫人の「失神しそう~」とモンゼット公爵夫人の「悶絶しちゃう~」とか。。。ま、劇中で少しほっとできる場面ではあり、ほっとできる場面は必要だし、この前の星組の高央さんがシッシーナ夫人やったときは男役ならではのドスのきいた台詞回しとか楽しみだったけど。「行けフェルゼン!」の場面も、この前はわたるさんが勇ましくやってたけど、一緒に旅をしていたジェローデルは馬車に一緒に乗ってなかった、どこ行っちゃったの~!?♪遥かなトツクニへ~♪

でもやはりオスカルとアンドレが結ばれる名場面は、大好き!という方多数。あの場面について確かプロジェクトXの解説によると、オスカルの体勢ってすごーく大変なんですってね。コムちゃんのオスカル見た時、かなり注目してしまいましたが、コムちゃんかなり体が柔らかいから、すごーく背中が反ってて本当に美しかったです。あと、アントワネットが断頭台に向かうシーンはどなたが演じてても、途中いかなる古臭いセリフに笑っちゃったことがあったとしても、涙涙です。

それと、歌。「愛の巡礼」って。。。どういう意味だかわかんないし。いつも1~2曲新曲が入るのも楽しみという方と新鮮味にかけるという方と賛否両論。わたるさんのときは「アン・ドゥ・トロワ」でしたねえ。愛の三叉路って、、フフ。

なんだかんだ言っても、生徒さんの役代わりや過去見た作品とで見比べると、同じオスカルでも同じアンドレでも演じる人によって演じ方が違うし、同じフェルゼンでも同じアントワネットでも演じる人によってまた新たな魅力を発見できたりしますよね。こういったところもベルばらの魅力とも言えそうです。

ストーリーも「愛」のみならず、「女性差別問題」とか「女性の自立」という部分で共感を得てる方も多いみたいでした。確かにオスカルが衛兵隊に転属された辺りとか、悔しい思いをしますよね。コムちゃんはかなりさわやかで豪快でかなりオスカルっぽかったと思ったのですが、どうでしょう。

余談になりますが、D-ヒサ的にはオスカルってかなりコムちゃんがベストオスカル賞と思ったのですが、如何でしょう?アンドレは(見てないけど)ワタルさんで。笑。

たとえ好き嫌いあっても、結局ベルばらって一般的に宝塚の作品として認知度は高いし、古臭いとわかっていても、やっぱり見ておこうって思っちゃう人が多い。

好きだけど嫌いなところがあったり、嫌いだけど好きなところがあったりもするという、微妙だけど、そこそこのものに仕上げておけば安定的集客力のある作品で劇団としては無難ってとこでしょうか。。。

ここでひとつ思い切って提言すると、今までの作品を忘れて全く新たなベルばらを一回作ってみちゃうってゆう冒険をしてみたらどうでしょうか。やっぱり古典的なほうがいいね、ということになっちゃったりするかな。でも、今の小中学生とか見て、古典的なベルばら見て、意味とかわかるのかな~?という素朴な疑問の声も。今何となく夢中になっているのは子供時代にベルばらに夢中になったことのある世代な気がしますが、どうなんでしょう。今の小中学生が大人になったときもベルばらは大人気なのかしら~。この辺り、小中学生でご覧になった方或はお子様と一緒にご覧になった方に聞いてみたいです。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

和の心を応援する嘯氣堂:水墨画を毎週10枚プレゼントします

« VOL.76★ジャパニーズロック:『P.M.A.解散-KEMURI』 | トップページ | 格闘技通信:「今から始めるならどんな格闘技を始めます?」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/14086885

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚大好き「ベルばらについて」:

« VOL.76★ジャパニーズロック:『P.M.A.解散-KEMURI』 | トップページ | 格闘技通信:「今から始めるならどんな格闘技を始めます?」 »