« 名画★パフューム-ある人殺しの物語 | トップページ | VOL.76★ジャパニーズロック:『P.M.A.解散-KEMURI』 »

2007/03/01

蹴球人のサッカーコラム:「注目の移籍選手」

こんにちは、サッカー情報です!
今週の質問( info@kwow.jp )「J開幕!優勝、2位、3位予想を!チームとその理由」です。お答えお待ちしてます!!

皆さんこんにちは。蹴球人です。

いよいよJリーグ開幕が今週末に迫ってきましたね!今日は今年の見どころをピックアップしたいと思います。といっても見どころをどんどん挙げていくとキリがないので、「注目の移籍選手」を見出しにして書きたいと思います。

①阿部勇樹(千葉→浦和)  今季いちばんの大型移籍。中盤の底で鈴木啓太とコンビを組むことになりそうですが、先日のゼロックス・スーパーカップでは息が合わず。試合もガンバ大阪に0-4で敗れ、不安な発進です。チームの中で機能するのはまだまだのようですが、持っている力は相当なものだけに、試合数をこなしながら連携強化が望まれます。千葉は苦しい!

②久保竜彦、奥大介(横浜FM→横浜FC)  カズ、小村、山口らベテラン勢と若手との差が激しいだけに、脂の乗った中堅2人の入団は心強いかぎり。横浜FM奥の後釜は高校生ルーキー乾くん(野洲)に期待。久保の代役には慌てて鈴木を獲得したが、果たして…。

③福西崇史(磐田→FC東京)  ジュビロの顔のような存在になりつつあった福西。W杯ドイツ大会でも日本代表のレギュラーとして奮闘したが、チームの若返りにより移籍。FC東京では元磐田の金沢、川口(信)と再会です。今野とのコンビが機能すればかなり強力な中盤に。セットプレーではワンチョペ、平山とともに高さでも貢献できる。

④西澤明訓(C大阪→清水)  C大阪のJ2転落を機に故郷・清水に移籍。戸田、久保山、チョ・ジェジンらとのFW争いはし烈。中盤、サイドには伊東、平松、藤本、兵動、フェルナンジーニョ、山本、市川ら豊富なタレントが揃うだけに、ポイントゲッター西澤の存在は貴重。アクロバチックなゴールにも期待。ユニフォームに襟がないのが痛い。

⑤大久保嘉人(C大阪→神戸)  こちらもC大阪のJ2転落を受け、日本代表返り咲きを目指して神戸に移籍。カズと同様、早くも「神戸は大好きな街宣言」(人を惹き付ける街、神戸…)。昨年の入れ替え戦で壮絶な戦いを勝ち抜いてJ1に上がったものの、選手層は不安だらけの神戸。大久保と三浦アツだけに期待がかかってると言っても過言ではないくらい。逆に言えば、大久保が力を発揮できないようだと1年でのJ2降格も。

⑥名波浩(磐田→東京V)  昨季はC大阪にレンタル移籍していましたが、J1昇格は達成できず。ラモス監督の熱烈なラブコールにより服部とともに東京Vへ。ヴェルディは他にも土屋、船越、飯尾と「昔の面々」を次々と呼び寄せており、ラモス監督の苦悩と楽観が同時に見え隠れします。磐田は上述のように福西も移籍し、本格的な若返りを敢行中。菊地、成岡が一人立ちできるかがカギ。

⑦千代反田充(福岡→新潟)  福岡のJ2降格に伴い、キャプテン千代反田も移籍。ココでも「J1復帰に向けてがんばれ!」と書いたんですが…。個人的には東福岡高時代からお気に入り。やはり一度味わったJ1の味は忘れられなかったか。新潟は他にも鹿島から深井、千葉から坂本、大宮からディビッドソン純マーカス(この名前どこで切れるんだ?)と渋い補強でちょっと楽しみ。

⑧古賀正紘(名古屋→柏)  ベンゲル監督の誘いで名古屋に入団してから10年。今年の意外な移籍のひとりでした。1対1の強さとスピード、高さは柏にとって大きな戦力に。1年で見事にJ1復帰した柏は、清水から佐藤由紀彦、FC東京から阿部らも獲得し、また熱いサッカーとスタジアムを見せてくれそうです。名古屋は秋田も京都に放出し、米山を東京Vから獲得したものの、DFの層が若干心配。ただ、チーム戦術は昨季の後半から徐々に浸透しており楽しみ。注目は本田、ヨンセン、そして新加入の巻佑樹。開幕戦では、兄の誠一郎(千葉)と兄弟対決なるか!?

皆さん、週末の開幕が待ち遠しいですね!
ブログ掲載分
■無敵艦隊様:マンチェスターU対バイエルンMの決勝戦。後半ロスタイム3分での2得点で逆転。この試合は、これからも忘れる事はないだろう。
■blaug様:表彰式では、もちろん優勝したチームには目が行きますが、敗れた準優勝チームのスーパースターたちにも思わず目が行ってしまいます。ロスタイムでユナイテッドに同点、逆転されたバイエルンのマテウス。メダルはもらった瞬間外してしまいました。PKを外してしまったシェフチェンコ。去年ではアンリ。敗退していくチームの中で準優勝チームが一番悔しいのかもしれませんね。何度も上れる舞台ではありませんし。ちょっと外れた意見ですみません。
■しげ様:やっぱり01ー02シーズン決勝のジダンのスーパーボレーが秀逸です。あの瞬間、ジダンのまわりの空間だけ時間がゆっくりと流れてましたね。美しい、言葉はただそれだけしかでてこない。

メルマガ掲載分
■チャンピオンズリーグ様:マンチェスターU時代の、ベッカムのFKともう一つは、引退したジダンのボレーシュートこの、二つは最近では最高のシュートだと思う。
■ilike様:一番の思い出は、リバプールが優勝した時ですね。前半リードされていたリバプールが後半奇跡的に巻き返したのが本当に凄かったです。観戦していた自分は半ば諦めかけていたけど、粘り強さや諦めない気持ちっていうのがこちらも伝わってきてホイッスルがなった瞬間感動しました!!
■God-Creats様:マンUvsバイエルン戦決勝の大逆転劇!

来週もよろしくお願いいたします!

和の心を応援する嘯氣堂:水墨画を毎週10枚プレゼントします

« 名画★パフューム-ある人殺しの物語 | トップページ | VOL.76★ジャパニーズロック:『P.M.A.解散-KEMURI』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/14086975

この記事へのトラックバック一覧です: 蹴球人のサッカーコラム:「注目の移籍選手」:

» 掛け軸市場 [掛け軸市場]
山水や花鳥をはじめ色々な掛け軸を販売しておりますので是非ご来店ください。 [続きを読む]

受信: 2007/03/02 10:17

« 名画★パフューム-ある人殺しの物語 | トップページ | VOL.76★ジャパニーズロック:『P.M.A.解散-KEMURI』 »