« 蹴球人のサッカーコラム:今年最初の日本代表メンバー発表! | トップページ | アニメ情報:「ホワイトデーの思い出」 »

2007/02/14

VOL.75★ジャパニーズロック:カエラという求心力

和の心を応援する嘯氣堂:水墨画を毎週10枚プレゼントします

『カエラという求心力-木村カエラ』

ZAZENBOYS から日向氏が脱退!というニュースが飛び込んできましたね。どうも、ハセです。数週間前に「ひなっち、バンドやりすぎ」と書いたばかりだったのでちょっと驚きました。しかし思うことは「ZAZENでやれたならどこ行ってもやれるだろう」ということ。ZAZENでプレイしたことは日向氏にとってかなりの修行となったのではないでしょうか。向井氏の公式HPに「若きベーシストを探して練り歩く」と書いているので、どんな才能を発掘してくるのか、日向氏の今後同様こちらも期待です。

このメルマガで何度となく出てきた言葉に「木村カエラのバックバンド」っていうのがあります。ニール&イライザ・堀江氏やASPARAGUS・忍氏、 toe・柏倉氏の紹介として使った言葉なのですが、本当にカエラ氏を取り巻く人々は才能に溢れた人が多いです。昨年はサディスティック・ミカ・バンドにも参加した彼女ですが、では何故、カエラ氏の周りに素晴らしいミュージシャンが集まるのか。まぁ「お仕事だから」と言ってしまうとみもふたもないのですが、それだけではなくやはり「カエラとやると面白い」と思わせる何かがアーティスト・木村カエラにあるからではないでしょうか。それが求心力となってミュージシャンが引き寄せられていく、そんな図式が頭に浮かびます。

さて、そんなカエラ氏のアルバム「Scrach」が先日発売になりました。今回のアルバムもプロデュース陣が豪華。音楽好きならヨダレを垂らしてしまうような大御所から若手、果ては氏が共演を熱望したUKのバンド・FARRAHまで。氏の求心力は止まるところを知りません。このアルバムは実にバラエティーに富んだ一枚となっており、一言で表すとやはり「ポップ」。今までは「ロック」で表されることの多かった彼女が、ひとつ肩の力を抜いて音楽というものと向き合った結果、素晴らしくポップなアルバムが生み出されました。様々なミュージシャンに触発されてか、自身の書く歌詞にも変化が見られ、可愛らしさの中に芯の強さがあるようなガールズポップには欠かせない要素がちゃんと入っています。

ホント、この時期の女の子はすごいスピードで変化していきますね。1stアルバムからまだ2年弱しか経ってないのに、今までに出た3枚のアルバムの色がすべて全く違うのがその証拠。これからもいろんな音楽に触れいろんな表現を見せてくれることでしょう。そして、いろんな音楽を経験した後に彼女が何を選択するのかというところにもすごく興味があります。俄然、目が離せません。

木村カエラ「Scratch200727日発売

« 蹴球人のサッカーコラム:今年最初の日本代表メンバー発表! | トップページ | アニメ情報:「ホワイトデーの思い出」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13906039

この記事へのトラックバック一覧です: VOL.75★ジャパニーズロック:カエラという求心力:

» SMAP中居&中野アナ結婚おめでとう!! [SMAP中居&中野アナ結婚おめでとう!!]
SMAP中居&中野アナ結婚おめでとう!! [続きを読む]

受信: 2007/02/14 19:22

» 掛け軸市場 [掛け軸市場]
山水や花鳥をはじめ色々な掛け軸を販売しておりますので是非ご来店ください。 [続きを読む]

受信: 2007/02/15 17:13

» 木村カエラのSnowdome歌詞と試聴 [歌詞 Blo]
木村カエラのSnowdome歌詞と試聴は歌詞Bloで。 [続きを読む]

受信: 2007/02/19 16:07

« 蹴球人のサッカーコラム:今年最初の日本代表メンバー発表! | トップページ | アニメ情報:「ホワイトデーの思い出」 »