« 韓国ドラマ情報:「追っかけしたことあります??」 | トップページ | 宝塚大好き!かしちゃんに贈る言葉 »

2007/02/06

VOL.74★ジャパニーズロック:かっこいい、だけでいい-ガレージバンド

和の心を応援する嘯氣堂:水墨画を毎週10枚プレゼントします

『かっこいい、だけでいい-ガレージバンド』

私の今年の目標は「CDを聞いて良かったアーティストのライブは見とく」です。どうも、ハセです。この目標の元、念願のGALLOWのライブに行ってきました。BECRとは異なり気負っていない感じのライブで会場にゆったりとした時間が流れていました。ちなみにメンバーのイワハラ氏はその昔グループ魂でドラムを叩いていたこともある方。そう考えるとライブでイワハラ氏を見るのは約8年ぶり…でもあんまり変わっていなかったような。

さて、昨年半ばのネオアコブーム・終盤のパンクブームに続きまして、私の中では現在ガレージブームが到来しております。そもそもガレージとは60年代半ばに端を発した音楽で、音的には昔のロックンロール色の残るシンプルなコード進行と歪んだギターが特徴。ロックに対する初期衝動がストレートに出ており、主義主張というよりは「スタイル」を大事にしている感じ。要するに「ロック、かっこいい!俺もやりたい!」って気持ちをストレートに出しているような音楽です。

では日本のガレージバンドをいくつか紹介しましょう。まずギターウルフ。日本だけでなく世界でも絶大な人気を誇る彼らはまさに日本のガレージバンドの代表格と言っても良いでしょう。また、2003年10月に惜しくも解散してしまったThee Michelle Gun Elephantも日本ガレージ史を語る上では外せない存在。タランティーノが惚れこみ映画「Kill Bill」に出演し演奏したTHE 5.6.7.8'S(通称ゴロッパチ)は女性3ピース。ガレージは男子だけのものではないのです。実は1986年結成の老舗ガレージバンドなのです。そして私がお勧めしたい若手ガレージバンドがザ50回転ズです。2004年大阪で結成。マッシュルームカットが伸びたようないわゆる”ラモーンズカット”にスーツという見た目のインパクトも大な3ピースバンドです。昨年はフジロックのROOKIE A GO GOでライブアクト・動員数共に素晴らしい結果を残し、今年は3月のSXSWに参加しアメリカでのライブも決定しているなど今非常に勢いがあるバンドです。

調べてみて気付いたことですが、ガレージバンドは海外で活躍している人が本当に多いですね。これは言語や理屈抜きでダイレクトに伝わる音楽だということであり、ガレージがロックの初期衝動に忠実な音楽であることの証明にもなっているわけです。故に皆さん、やはりガレージバンドはライブで見ないと。皆さんも CD聞いてウォーってなったらライブを見に行くようにすることをお薦めします。
・ザ50回転ズ「1・2・3・4!!」2006年12月6日発売
・ギターウルフ「DEAD ROCK」2007年1月24日発売
・THE 5.6.7.8’S「BOMB the ROCKS」2003年11月8日発売

« 韓国ドラマ情報:「追っかけしたことあります??」 | トップページ | 宝塚大好き!かしちゃんに贈る言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13809174

この記事へのトラックバック一覧です: VOL.74★ジャパニーズロック:かっこいい、だけでいい-ガレージバンド:

« 韓国ドラマ情報:「追っかけしたことあります??」 | トップページ | 宝塚大好き!かしちゃんに贈る言葉 »