« 格闘技通信「格闘技にルールは必要か?」 | トップページ | テニス情報 ブラジル結果 ブエノスメンフィス »

2007/02/19

映画批評 映画王モリコラム 

和の心を応援する嘯氣堂:水墨画を毎週10枚プレゼントします

「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」(1998/英)
映画監督というより、もしかして歌手のマドンナの旦那さんとしてのほうが有名かも知れないガイ・リッチー監督。しかし彼のデビュー作であるこの作品は、映画監督としての才能とセンスを確実に見せてくれている。マフィアを相手にしたポーカーで負けてしまい莫大な借金を抱えた若者の4人組。返済の期限が迫る中、彼らはある行動に出ることに・・・。映画は冒頭からクローズアップを多用し、茶色をトーンにしたスタイリッシュな映像処理とそれにかぶさるナレーションで一気に話が進んでいき、彼ら4人の行動によって登場する様々な個性的な人物が面白く、時には激しいバイオレンスが描かれるつつも全編にどこかとぼけたユーモアが楽しいクライム・サスペンスに仕上がっている。印象としては時制をバラバラにした展開やブリティッシュロックの多用のせいか、タランティーノ監督作品と「トレインスポッティング」を足して2で割ったような感じといえばいいか。ただあまりにもスピード感溢れる展開ゆえに、数多くの登場人物を整理し切れずやや混乱しないではなのだが(この辺りはテンポを重視した監督の確信犯的演出とも思えるのだが・・・)、彼らが織り成す多彩なエピソードが後半序々にパズルのピースがはまって行くかのような展開はかなりの見物であり、ある種のカタルシスを与えてくれることに成功している。ただこの作品があまりに鮮烈だったせいか、この監督のその後の作品の評判は今ひとつ。充分に実力と才能がある人と思えるだけに、一発屋と呼ばれないよう、今後の彼の捲土重来を期待したい。

« 格闘技通信「格闘技にルールは必要か?」 | トップページ | テニス情報 ブラジル結果 ブエノスメンフィス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13970254

この記事へのトラックバック一覧です: 映画批評 映画王モリコラム :

» ブリトニー・スピアーズ・スキンヘッド・刺青も・・いったい何が? [ブリトニー・スピアーズ・スキンヘッド ]
ブリトニー・スピアーズ・スキンヘッド・刺青も・・いったい何が? [続きを読む]

受信: 2007/02/19 12:59

» ムーディー勝山 [話題の芸人!]
突然で申し訳ありません。記事に「歌手」に関する事が書かれていたのでトラックバックさせて頂きました。 「今年の一押し歌手!?芸人」をリサーチしてご紹介しているブログです。今後どんどん情報を集めていきますので、 ご迷惑な場合は、お手数をおかけ致しますが、削除してもらってかまいませんので、どうぞ宜しくお願い致します。 尚、相互トラクバックも大歓迎ですので、気が向いたらジャンジャントラックバッ�... [続きを読む]

受信: 2007/02/20 04:25

» 掛け軸市場 [掛け軸市場]
山水や花鳥をはじめ色々な掛け軸を販売しておりますので是非ご来店ください。 [続きを読む]

受信: 2007/02/20 09:16

» アダルトビデオ DVD 販売店! [アダルトビデオ DVD 販売店!AMEDSショッピングサイト! ]
商品点数40,000点!日本一のアダルトビデオ DVD販売ショップ! [続きを読む]

受信: 2007/02/20 18:04

« 格闘技通信「格闘技にルールは必要か?」 | トップページ | テニス情報 ブラジル結果 ブエノスメンフィス »