« 韓国ドラマ デュエリスト | トップページ | 映画王モリコラム「愛と宿命の泉」(1986/仏) »

2007/01/09

韓国ドラマ情報 チャン・ドンゴン

こんにちは。韓国ドラマ情報です。
チャン・ドンゴンの役作りにご意見info@kwow.jp

今回は「タイフーン」について触れたいと思います。違うメルマガに書いたのですが、映画「タイフーン」、あまり客足がよくないようです。東京以外の地域は良いらしいのですが。。。

しかし、この映画、チャン・ドンゴンでなく、イ・ジョンジの演技に、魅入ってしまう作品です。南北の対立軸というプロットはいつものことながら、アジア全体をロケ地にし、あまり国籍を感じさせない作品のスケールは、日本人には無い感性ではないでしょうか?「PROMISE」も日中韓3スター競演のスケールでした。中国人が作るアジアを跨る作品は、結局中国の地を意識させることに落ち着きますが、「タイフーン」は、アジアが海で繋がっているという流動性を感じました。

とまぁ、難しく感じることもなく、単純にいい作品だと思いますので、是非公開中に見てください。アメリカのアクション映画とは一味もふた味も違うと思います。

« 韓国ドラマ デュエリスト | トップページ | 映画王モリコラム「愛と宿命の泉」(1986/仏) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13449996

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ情報 チャン・ドンゴン:

« 韓国ドラマ デュエリスト | トップページ | 映画王モリコラム「愛と宿命の泉」(1986/仏) »