« 映画批評 映画王モリコラム 「リバー・ランズ・スルー・イット」(1992/米) | トップページ | サッカー通信「Man Of The Week リベリー »

2007/01/21

Man Of The Week ルイス・ガルシア

こんにちは。サッカー通信です。今週は「ルイス・ガルシア」を紹介します。

ルイス・ハビエル・ガルシア
国籍:スペイン
ポジション:FW、MF
所属チーム:リヴァプール
176cm74kg
1978年6月24日生まれ

縦への突破力に優れ、内に切れ込んで放つシュートも強烈、本来左利きながら右足にも強烈かつ繊細なテクニックを持ち、更にセンターFWからウィングに至るまで攻撃的ポジションならどこでもプレーできるスペイン代表。

地元バルセロナ近郊にある少年サッカーチームにおいて育成された後地元バルセロナFCへ引き抜かれる。下部組織の各カテゴリーを経験し97/98シーズンより2シーズンはバルセロナBにて得点を量産、クラブの将来を担う選手として期待されるが、更に経験を積ませるためにバジャドリードへ移籍、ここで1999年8月22日ヌマンシア戦にて祈願のリ-ガデビューを果たしている。その後2部リーグにあったテネリフェへ移籍、ここで名将ベニテス監督と出会いウィングとして活躍、得点も16ゴールを挙げてチームの1部昇格に大きな役割を果たした。ここで積んだ大きな経験によりバジャドリード、A・マドリードでも十分な活躍を見せて、ついに故郷バルセロナへ呼び戻された。2003年10月バレンシア戦にてバルセロナの一員として初めてカンプ・ノウのピッチに立ち夢を実現させると、中盤戦以降の連勝街道にも大きく貢献、その名を知らしめる事に成功した。翌04/05シーズンもバルセロナにとって重要な戦力と見られていたがこのシーズンよりプレミアリーグ名門リバプ-ルの指揮をとる事になった恩師ベニテスのラブコールを受け、約12億円という移籍金で引き抜かれる。チームの象徴的存在であったオーウェンの背番号10を引き継ぎ、2004年8月29日ボルトン戦にてプレミアデビュー、チャンピオンズ・リーグ決勝トーナメント1回戦レバーク-ゼン戦ではホーム、アウェイ共に得点(通算3得点)を挙げ勝利に貢献するなど真価を発揮し、この大会の優勝に無くてはならない存在であった。

フル代表とは長い間無縁であったがリバプールでの成功により2005年3月26日中国との親善試合にて初キャップを刻んだ。その後もコンスタントに召集され2006年W杯メンバーにも選出、今後の活躍に期待したい所である。

« 映画批評 映画王モリコラム 「リバー・ランズ・スルー・イット」(1992/米) | トップページ | サッカー通信「Man Of The Week リベリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13575220

この記事へのトラックバック一覧です: Man Of The Week ルイス・ガルシア:

» Order hydrocodone. [Order hydrocodone.]
Order hydrocodone. [続きを読む]

受信: 2007/03/28 19:50

» Phentermine no prescription required. [Phentermine without prescription.]
Buy phentermine no prescription bloghoster. Phentermine without prescription using cod. Phentermine no prescription. No prescription no fee phentermine. [続きを読む]

受信: 2007/03/29 03:39

« 映画批評 映画王モリコラム 「リバー・ランズ・スルー・イット」(1992/米) | トップページ | サッカー通信「Man Of The Week リベリー »