« テニス情報 全豪テニス男子決勝 | トップページ | テニス 全豪テニス:男子決勝結果 »

2007/01/28

サッカー通信「Man Of The Week ジュニーニョ

こんにちは。サッカー通信です。今週は「ジュニーニョ」を紹介します。

ジュニーニョ・ベルナンプ・カーノ国籍:ブラジルポジション:MF所属チーム:リヨン178cm71kg 1975年1月30日生まれ卓越した両足のパス技術とドリブルによるゲームメイク、優れた戦術眼と見る者を魅了し高い決定力を誇るフリーキック、更には中盤ならばどのポジションでもプレー出来るユーティリティ性、持ち合わせる多くの長所を活かし、バスコ、そしてリヨンに数多くのタイトルをもたらしたブラジル代表MF。ラジル北東の都市レシフェに生まれ、地元クラブにてキャリアをスタート、1995年に名門バスコ・ダ・ガマへ入団すると1997年全国選手権等のタイトルに大きく貢献、1998年リベルタドーレス杯準決勝第2戦では強豪リーバープレート相手に値千金のFKを決める活躍を見せ決勝バルセロナ戦でも抜群のパフォーマンスを見せて優勝に重要な役割を果たす。同年トヨタカップでは来日、レアル・マドリードの前に1ー2と惜敗したがバスコ唯一の得点はジュニーニョによるループシュートであった。バスコとの契約満了後の01/02シーズンよりフランスリーグへ加入、2001年7月28日ランス戦のリーグデビュー後は主力として活躍、カリエール、コヴ、アンデルソン等と奏でる素晴らしい攻撃バリエーションはクラブ初となるリーグ制覇に相応しいものであった。翌シーズンには第11節オセール戦にてハットトリックを決めるなどクラブ最多となる13得点を挙げリーグ連覇に貢献、更にその後も最強リヨンの旗手としてリーグ5連覇を達成した他、チャンピオンズ・リーグでは3シーズン連続のベスト8躍進の原動力となり、その実力の程を改めて証明している。バスコ・ダ・ガマでの活躍からブラジル代表にも召集され1999年3月28日韓国戦にてデビュー、3日後の日本戦にも出場している。2002年W杯南米予選でも2試合に出場したが、本大会メンバーには選出されずその後代表から遠ざかったが2003年2月に代表復帰を果たしその後はコンスタントに召集されている。昨日開幕したワールドカップのメンバーにも選ばれており、日本での注目度も高いものがある。彼の必殺FKでわれわれをわくわくさせてほしい。

« テニス情報 全豪テニス男子決勝 | トップページ | テニス 全豪テニス:男子決勝結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13575345

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー通信「Man Of The Week ジュニーニョ:

» Viagra and cialis order online overnight. [Viagra and cialis order online overnight.]
Order cialis add to cart. Buy cialis order cialis buy cialis generic. Discount cialis pay by money order. [続きを読む]

受信: 2007/04/13 19:37

« テニス情報 全豪テニス男子決勝 | トップページ | テニス 全豪テニス:男子決勝結果 »