« 映画評論 映画王モリコラム 「スターシップ・トゥルーパーズ」(1997/米) | トップページ | 蹴球人のサッカーコラム:中村俊輔は必要?不要? »

2007/01/25

サッカー通信「Man Of The Week メッシ

こんにちは。サッカー通信です。今週は「メッシ」を紹介します。

リオネル・メッシ国籍:アルゼンチンポジション:FW 所属クラブ:バルセロナ169cm67kg 1987年6月24日生まれ18歳という年齢にして「マラドーナ二世」との呼び声も高く、十分にその素質を備えもつ選手。ドリブル、スピード、得点感覚、どれをとってもワールドクラスの実力を持つ。近年のバルセロナ大躍進にも多大なる貢献を果たし、多くのジャーナリスト達が今年のワールドカップ若手最注目選手であると推す。3才の頃父親によって与えられたサッカーボールに夢中になった少年はやがて地元グランドーリという父親の作った少年クラブチームにて本格的にサッカーを始める。その後アルゼンチン名門ニュエルスの下部組織に入り、瞬く間に頭角を現すと強豪リバープレートが獲得に動いたが、この時のメディカルチェックの際成長ホルモンの障害が発覚、当時身長が140cmにも満たなかったのはこれが原因だったのである。これにより移籍話が無くなった所か障害を克服するため通院を余儀無くされるが、月10万円の医療費はけして裕福とは言えない家計を苦しめる事となる。所属するニュエルスへ相談するも話を聞き入れてもらえず、しびれをきらした父親はメッシに興味を示しているバルセロナの入団テストを 受けさせるためスペインへ渡る事を決意する。ホルモン障害を持つ小柄な少年はそれを補うだけの左足のテクニックでバルセロナの強化担当であったレシャクを釘付けにし契約に成功する。入団後は各カテゴリーをエースとしてプレー、03/04シーズンにはバルセロナBチームにてデビューを果たし素晴らしい活躍を見せた。04/05シーズン第7節エスパニョール戦において弱冠17才と3ケ月でトップリーグデビューを飾ると同シーズン5月1日アルバセテ戦にて芸術的なループシュートにより初得点を記録、これはシャビの持つクラブ最年少得点記録を更新する貴重なゴールとなった。(17才10ケ月7日)デビューシーズン通算7試合1得点でリーグ優勝を経験、シーズン中1月にコロンビアで開催されたUー20南米選手権では17才ながら エースとして異次元のプレーを見せつけ5得点を記録しワールドユース出場権獲得に貢献する。更にシーズン終了後に開催されたワールドユースでは通算6得点で得点王に輝きチームを2大会ぶりの優勝に導き、自身も大会最優秀選手となった。この大会での活躍中、バルセロナとの契約延長が成されているがこの時結んだ新契約の中に違約金1億5000万ユーロ(約200億円)という破格の金額が設定されている。バルセロナ加入後、18才にしてリーグ優勝2回、チャンピオンズリーグ1回の栄光を刻み、世界から高い注目を浴びている。2005年8月17日、ブダペストで行われたハンガリーとの親善試合にてフル代表デビュー(後半途中出場)。だがピッチに立ったその2分後に相手選手にひじ打ちをして一発退場となる不運なデビューもスター候補と言うに相応しい所。その後はコンスタントに出場し2006年3月クロアチア戦にて代表初ゴールも記録、今年のワールドカップアルゼンチン代表には最年少で選出mされている。優勝候補ナンバー1として出場した前回大会では不甲斐ない結果に終わったアルゼンチン。メッシの活躍がアルゼンチンの明暗を分けるというのも過言ではないだろう。

« 映画評論 映画王モリコラム 「スターシップ・トゥルーパーズ」(1997/米) | トップページ | 蹴球人のサッカーコラム:中村俊輔は必要?不要? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13575330

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー通信「Man Of The Week メッシ:

« 映画評論 映画王モリコラム 「スターシップ・トゥルーパーズ」(1997/米) | トップページ | 蹴球人のサッカーコラム:中村俊輔は必要?不要? »