« 映画王モリコラム「オールド・ボーイ」(2003/韓国) | トップページ | 韓国ドラマ デュエリスト »

2007/01/08

映画王モリコラム「CUBE」(1997/カナダ)

「CUBE」(1997/カナダ)

決してお金を掛けた大作でもなく、むしろお金を掛けなくともアイデア次第でいくらでも面白くなる映画の典型ともいえるのがこの作品。6人の男女が立方体の集合でできた部屋に閉じ込められる。出口を求めて彼らは各部屋を渡っていこうとするがそこにはそれぞれ異なった罠が仕掛けられ・・・。何の理由も説明されず開巻からいきなり始まる不条理ともいえる物語展開、次の部屋はどんな仕掛けがなされているかという何が起こるか判らない展開はまるで観ている我々も登場人物と同一体験しているかのような、いわゆるゲーム感覚要素を持つ一方、後半はその緊張感と閉塞感で分裂してゆく登場人物の姿を絡めながらノンストップで一気に観せ切る手腕は大したもので、セットのデザインや色彩等の独特なビジュアルセンスが、限られた狭い空間だけの世界に彩りを与え,そこには低予算を感じさせない豊かな映画の魅力に溢れている。

« 映画王モリコラム「オールド・ボーイ」(2003/韓国) | トップページ | 韓国ドラマ デュエリスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13161162

この記事へのトラックバック一覧です: 映画王モリコラム「CUBE」(1997/カナダ):

« 映画王モリコラム「オールド・ボーイ」(2003/韓国) | トップページ | 韓国ドラマ デュエリスト »