« アイドル・エンタvol2【夏の思い出】 | トップページ | 映画王モリコラム「理由」(2004/日本) »

2006/12/20

アイドル・エンタvol3女の子に好かれる女性アイドル

嘯氣堂は和風アートを応援しています12月9日のイベント(画像54枚)Check It Out! 

【女の子に好かれる女性アイドル part1】

ついこの前の後輩との話… 「合コンとかで、女の子から『好きな女性のタイプって誰??』って聞かれたとき、何て答えたら良いですかねぇ!?」「合コンなら『加藤あい』かなぁ」と即答!「なるほどねぇ。でも、正直に好きなアイドルとか答えたらヤバイって思われますよねぇ。。」と後輩。「そりゃねぇ。コツがあるんだよ、コツが♪ 女の子に答えるのにいい目安がさぁ」「(目を輝かせ)マジっすか!? 何っスか、その目安って??」「それはねっ…」さて、みなさんならそんな質問をされたとき「誰」を回答します??正直にイチオシアイドルを回答するのも素晴しいことですが、合コンですから。引かれては元も子もないわけです。話題を提供しつつ、盛り上げなくてはなりません。前回のメルマガをご覧になられた方はお解りだと思いますが、今のAEのイチオシは「相武紗季」なわけです。しかし、まだその名前を合コンで出すのは時期尚早。だからあえて「加藤あい」を回答したわけです。これがまだ「池袋ウエストゲートパーク」の時ならばきっと「管野美穂」と回答していたでしょう。「IWGP」の時ではまだ「加藤あい」も時期尚早なわけです。では目安を発表します。「女の子にも認識されるアイドル」の目安とは、≪化粧品のCM≫に出てるアイドルです!!みなさんが先ほど思い浮かべたアイドルは、≪化粧品のCM≫に出てましたか?ロジックとしては簡単な事で、「同性が購入する商品のCMで出演している=同姓の高感度が高い=同性にメジャーなタレントとして認識されている」というわけです。しかも、女性向けの化粧品のCMであれば、同性からの支持も高いわけです。「相武紗季(花王・ビオレ)」「加藤あい(カネボウ)」「管野美穂(資生堂→ソフィーナ)」じゃ、≪化粧品のCM≫に出ていれば誰でもいいのか? ≪化粧品のCM≫だけでは50点。では、残りの50点については…次回に続く。次回のメルマガをお楽しみに♪ 【カム!!】イチオシアイドルを推薦します。第2回は「堀北真希」です。このメルマガをご覧になってくださるようなみなさまには既に顔なじみになっていると思いますが「ケータイ刑事・銭形舞」の主演でした。現在は「電車男」に主人公の妹役で出演してます。「フジフイルム」のCMで長瀬智也の隣で何もしてない娘です(笑)。そういえばデビューは映画の「COSMIC RESCUE」なんですねぇ。V6とも競演してます。しっかり「ジャニーズ」と絡んでますねぇ。(誰かに先を越される前に早いうちに「ジャニーズ論」を展開してしまわなくては…。)で、「堀北真希」ですが、顔は「前田愛」にちょこっと似てるかなぁと。「前田愛」は全然ターゲットにならなかったのですが(好みの問題です、悪しからず。)、「堀北真希」はかわいいなぁ、っと。「渋谷怪談」「渋谷怪談2」観ました??めちゃくちゃ怖いです。「水川あさみ」の後を受けて「2」で主演を張っていますが、「堀北真希」が出てなければ間違いなく観なかった。。最近は映画付いてますね。「逆境ナイン」他、続々と映画が公開中(予定)です。実近では8月28日にWOWOWで「予言」という映画が放送されるようです(観られる人はどーぞ)。きっとお芝居がきちんとできる娘なんでしょう。女優路線で着実に伸びていくアイドルではないかと。そんなこんなでまた次回♪ 【グラビア選手権】では、「工藤里紗」、【15秒のシンデレラ】では「ポカリスエットの《綾瀬はるか》」を取り上げる予定ですが、長くなりましたのでまた次回にします。最後に一言、「グッドウィル・モバイト.com」の「原幹恵」やばいっすね。うっかり化けるポテンシャルを感じます!今回も応読頂きましてありがとうございます。では、また次回!!

« アイドル・エンタvol2【夏の思い出】 | トップページ | 映画王モリコラム「理由」(2004/日本) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13135422

この記事へのトラックバック一覧です: アイドル・エンタvol3女の子に好かれる女性アイドル:

» 綾瀬はるか [グラビアアイドル大特集]
人気グラビアアイドルの特集です。グラビアアイドルのプロフィール、水着写真集、DVD、最新情報満載です。 [続きを読む]

受信: 2006/12/21 16:00

« アイドル・エンタvol2【夏の思い出】 | トップページ | 映画王モリコラム「理由」(2004/日本) »