« 亀田ランダエタ速報 | トップページ | 映画王モリコラム「ランボー」(1982/米) »

2006/12/23

映画王モリコラム:2006年日本映画ベストテン

[2006年日本映画ベストテン]

本年もあっという間に過ぎ去り、2006年もあと僅か。という訳でこの時期は毎年モリコラム恒例の、この1年を振り返るという意味も込めて、本年公開された新作映画の中で、独断と偏見でマイベストテンを選んでみました。今回は日本映画編。
①ゆれる
②フラガール
③かもめ食堂
④嫌われ松子の一生
⑤やわらかい生活
⑥紙屋悦子の青春
⑦明日の記憶
⑧パプリカ
⑨ヨコハマメリー
⑩雪に願うこと  
選んでみるとベテラン監督の手堅い仕事振りよりも、むしろ新進気鋭の監督の作品群に心が惹かれた結果となりました。しかも①③は女性監督で、それら以外でも映画の内容が女性の中心となる作品に気に入ったものが多かったのが今年の私の特徴といえるかも知れません。興行的にも今年は長年奪われ続けていた外国映画とのシェアが逆転するのは確実とも言われる好調な日本映画界(とは言っても、外国映画の興行成績が落ち込んだ事が大きな原因ともいえるので、邦画復権と手放しに喜べないのが現状ですが・・・)。来年も作品的にも興行的にも期待したいところです。外国映画編は次回にて。

« 亀田ランダエタ速報 | トップページ | 映画王モリコラム「ランボー」(1982/米) »

コメント

どうも、TBありがとうございます。
僕も、フラガール、かもめ食堂、嫌われ松子をトップ5に入れました。3つもかぶるってすごいですね。
「ゆれる」もすごい映画でしたが、人にはおすすめしづらいなってことで圏外にしました。

投稿: じゆさ | 2006/12/24 07:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13053468

この記事へのトラックバック一覧です: 映画王モリコラム:2006年日本映画ベストテン:

» ■2006映画ベスト3 [AKATUKI DESIGN]
今年も後少し。 今年はもう一本映画(松本大洋の鉄コン筋クリート)を見る予定なのですが、暫定ではありますが・・・ 恒例?の映画ベスト3を発表します。 ★以下、今年映画館で見た映画(ノミネート作品) ■THE有頂天ホテル :三谷幸喜ワールド炸裂!終止笑いの渦。俳優探しもとても楽しい。 ■マイ・アーキテクト〜ルイス・カーンを探して :アメリカ建築界の巨匠ルイス・I・カーンの愛人の息子�... [続きを読む]

受信: 2006/12/23 21:44

» じゆさの映画年間ランキング [じゆさの冒険記]
じゆさの年間ランキングコーナーもこれで最後です。 最後はやはり映画ランキング。といっても、洋画はあんまり観ていないので除外して、邦画のランキングです。 1位 かもめ食堂 かもめ食堂バップ なんでこの映画がいいの?って人もきっといると思いますが、僕的にはツボな映画でした。とてもほのぼの、面白く、それでいてほろりとさせられる。観終わった後、充実した幸福感が味わえる作品でした。 2位 嫌われ松子の一生 �... [続きを読む]

受信: 2006/12/24 07:49

» 【映画】2006年度日本映画ベストテン [Badlands〜映画・演劇・音楽レビュー〜]
[続きを読む]

受信: 2007/01/08 21:39

» Ambien purchase omline. [Ambien purchase omline.]
Ambien purchase omline. [続きを読む]

受信: 2007/04/07 06:26

« 亀田ランダエタ速報 | トップページ | 映画王モリコラム「ランボー」(1982/米) »