« アイドル・エンタ 谷村美月 | トップページ | KW格闘技通信 日本のジムからヘビー級王者?! »

2006/12/08

宝塚和央ようかと花總まりさん

こんにちは、宝塚情報です。
先週募集した、和央ようかと花總まりのさんへの思い、たくさん戴きました。今日は、なるべく多くのファンの方の声を紹介したいと思います★

■yuriko様
二人だから・・・  雪組時代から共に〓まさしく一路さんに育ててもらい兄妹〓恋人同志の様なそんな二人〓デュエットダンスは、いつもうっとり〓させられ漫画の世界から抜け出て来たみたい〓これだけのゴールデンコンビは宝塚100年の歴史の中でも、いないと思います。まして、宙組を愛して一つの時代を築き、これ
ほどのコンビは早々表れないでしょう〓歌劇団は大きな大きな二人を失ったでも〓二人が一緒に退団するのは自然〓だって二人はある意味二人で一つだから・・

■fujisa様
和央さんと花總さんは強く信頼しあっていて、一人でいても素敵なのに、二人でいると、より素敵になる所が凄いです

■miho様

二人とも抜群のスタイルだから文句なしに美しい〓そして普段の仲の良さが舞台に表れています。デュエットダンスの場面なんて二人とも妬けちゃうほど幸せそう〓 特にはなちゃんがたかこさんを慕い、尊敬してるのがよくわかります〓 誰がどう見ても最高のゴールデンコンビ

■disney様 

タカちゃん退団ってことは 宝塚への関心が かなり薄れるって言うことです ファンになったのは かなり遅くて『カステル・ミラージュ』からでした!圧倒されてカッコいい!なんで女に生まれてきたのよ!って言うぐらい はまりました 子ども四人もいるとお金の問題が最大の壁で劇場に足を運ぶことは少なかったけれど…タカちゃんファンとして『はなちゃん!タカちゃんにくっつかないで!』と 何度思ったことか…今度は二人で退団かい?とかなり腹立ました! あの足の長さ!男にしか思えない歩き方 歌は
上手いし踊りのリードは上手いし ホント はまりました 最後なのに公演チケットは とうとう手に入りませんでした デモ退団公演見られないってことは 考えようによっては まだ宝塚にいるって思うことが出来るかも知れない…無理かな 女に戻って欲しくないなあと 最後の悪あがきで祈っている土浦のファン・かなデシタ 

■chisa様 
和央ようかさんも花總まりさんも、歌がとても上手だと思います!!それに、お二人とも声が素敵です(≧∀≦)私はこのトップコンビが大好きですっ^^

■mitsu様 
たかこさんの両腕の中に暖かく包まれるハナさんの姿、絵になりますね・・・お二人の姿は心のカメラにしっかりと写しました。 

■oka様 
wowow様我が家は主人と中2の息子と私の3人家族ですが、3人とも和央さんの大ファンです。wowowさんに加入致しましたのもを和央さんを見たい一心からでした。宝塚の中でもスター中のスターである和央さんのナチャラルかつ繊細な演技、ダンス、歌声に常に魅了され、夢と感動を沢山頂きました。特にはなちゃんとのデュエットダンスは絶品で言葉を失います。人間的にもとても魅力を感じます。是非とも和央さんの特集を宜しくお願い致します。

■ペコ様
たかこさんと花ちゃんは息がピッタリと合っていて、並びも凄く綺麗!!なかでもデュエットダンスの2人はめちゃくちゃ幸せそうで最高に素敵です(*´艸`*)もぉ~とにかくお似合いの2人だと思います!退団してしまうのが本当に寂しいです…

■玲子様
たかちゃんは、いつも、ファンサービスを欠かさず、自分が一番じゃないトコや、笑顔を崩さないトコ〓、トップと言う名ダケでなくすべてにおいて、礼儀を弁え、偉そうじゃないから大好き〓〓それはタカラヅカをやめても変わらないです〓 花ちゃんも、すべてにおいてベテランで、自分もトップ歴長いのに、礼儀を弁え、ちゃんと男役トップのたかちゃんを絶えず立てているトコが偉いし、好き〓、今までも。これからも、タカラヅカの歴代トップの中でこんなベストコンビ〓ゴールデンコンビ〓〓は有りえま
せん。

■chiho様:
なんたって、あの姿…生まれ持った八頭身と美しさ!努力してもマネできないですよ その上、芝居、歌、ダンスは今の宝塚に、右にでるトップコンビはないです 

« アイドル・エンタ 谷村美月 | トップページ | KW格闘技通信 日本のジムからヘビー級王者?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13344375

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚和央ようかと花總まりさん:

« アイドル・エンタ 谷村美月 | トップページ | KW格闘技通信 日本のジムからヘビー級王者?! »