« 映画王モリコラム「復讐者に憐れみを」(2002/韓国) | トップページ | 映画王モリコラム「セルラー」(2004/米) »

2006/12/24

KW格闘技通信 亀田初防衛おめでとう!

嘯氣堂の応援するJapanese Art Event SEEDSTokyoImpact12月9日の熱狂画像
http://kw.cocolog-nifty.com/photos/seeds_tokyo_impact_tsubak/

こんにちは、KW格闘技通信です。
いよいよ今年もあとわずか。2006年のベストファイトを教えてください。→info@kwow.jp
もちろんボクシング以外もお願いします。

亀田選手おめでとうございます。
亀田節も戻ってきたというか、本人も「来年は1発目から派手にKOさせてもらうよ」と明るい感じにインタビューで語ってましたね。
来年3月には亀田場所と銘打って両国国技館で試合が決まっています。世界同級王者との統一戦を本人が希望しているようです。これも楽しみですね!
それにしても年末は格闘技の大舞台が目白押しですね。
大晦日にはK-1「Dynamite」、PRIDE「男祭り」、そしてWOWOWでは「UFC66」が放映されます!
格闘技ファンにはたまらないですね。ビデオセットしても体が足りない…
うれしい悲鳴って感じの年末ですね。

それではケーワウ格闘技情報をお送りします。
[今週のWOWOW格闘技]
■エキサイトマッチ~世界プロボクシング
12/25(月) WOWOWエキサイトマッチ 20:00~
▽WBO世界ウェルター級タイトルマッチ(12.2)
 アントニオ・マルガリート vs ジョシュア・クロッティ
▽2006年総集編パート2
 重量級ベストマッチトップ10

[年内のWOWOW格闘技]
■UFC-究極格闘技-
UFC66 LIDDELL VS. ORTIZ 2
ライトヘビー級タイトルマッチ
:チャック・リデル対テ
ィト・
オーティズ、ライトヘビー級:フォーレスト・グリフィン対キース・ジャーディン
ミドル級:岡見勇信対ローリー・シンガー
ヘビー級:アンドレイ・アルロフスキー対マーシオ "ペジパーノ" クルーズ
ゲスト:関根勤
解説:中尾受太郎、稲垣收
実況:高柳謙一

では、皆さんからいただいた今回の亀田VSランダエタ戦へのお答えです。
[メルマガ未掲載分]
■pastel様:B'zの『いつかのメリークリスマス』
■no.on様:質問とは無関係ですが、大毅選手の歌った曲はB’zのいつかのメリークリスマスです、曲名は自信がありませんが、歌手名は間違いありません 興毅選手の試合の感想ですが、私のイメージ通りの展開・結果になりました 興毅選手の戦い方は今回のようでいいと思います というより、今回のようでなければいけないと思います 彼はマイク・タイソンが好きだと思います 彼の練習風景の後ろにタイソンのポスターが貼ってあるのを見たコトがあります だから彼はタイソンのようにインファイトしてKO勝ちするのが理想なんだと思います 現に前回まではそうゆう戦い方をしていました 格下相手にはそれが通用していました ところが前回ランダエタにはインファイトが通用しませんでした だから今回は彼本来の出入りのボクシングをしたんだと思います 悪く言えば興毅選手にはタイソンの真似をするのは無理だと思います 今後も今回のような戦い方をすれば、無難に試合をこなしていけると思います
■H.GOTO様:違う一面を見せたコウキ、一方的な試合運びで興奮しました。KOシーンも見たかったけど、それと変わらない試合でした。
■lights様:再戦は、頭を使った方が勝つ!ランダエタは亀田を甘く見すぎた、亀田にあんな戦い方ができるとは思わなかったスピードを生かしたいい戦い方だランダエタの様なタフでパンチがあってスタミナのある選手には、一番いい戦い方だったと思う。
■yass様:おそろしく退屈な試合打っては逃げ打っては逃げ
■ぬまりん様:盛り上がりのない凡戦でした。亀田は戦法を変えるより、前の戦法に磨きをかけて欲しかった。変えないと勝てないと思ったのか、まだ若いのに限界を感じた内容でした。試合後は両選手とも、体力の消耗がなく、乏しい試合内容を物語っています。今後は王者らしい試合を期待。それから、亀田びいきのTV解説も酷かった。また疑惑の判定勝ちなっても、視聴者の印象を良くしようという思惑を感じました。  
■fire様:まぁ、無難に終わったと言う感じですか? スタイルを変えて、KOを狙わず勝ちに行ったようだけど、まだ若いのに、思い切って行って一度負けるのも勉強になると思うんだけど・・・あんまり、おもしろい試合じゃなかったねーまたまだかな?
■marco様:結果は予想通りでしたが、亀田のボクシングがあれほど進歩したのには驚きました。文句なしの勝ちですが、試合の面白さは通好みに変化したので、今後は最後にはノックアウトで仕留める観客のみたい事をできるチャンピオンへの進化を期待します。彼ならそうしてくると思います。
■wba.wbc様:試合予想は亀田が負けると予想しましたが、試合はなかなかええ試合でした。パンチも速かったし、距離かんもなかなかうまかった。亀田チャンピオンごめんなさい。初防衛おめでとう。でも、よろこびもつかの間です。ランダエダは平均的なボクサーなんで、正直勝って当たり前。でも昨日の試合が出来るならば、なかなか防衛出来そう。しかし、短い期間で・・・たいしたもんや。判定結果は3-0で文句なし。やけど、3人ともバラバラ?116-112か117-111が普通やと思うが、ジャッジによって見方が違うやなー確に難しいラウンドはあったけど。 WBAやWBC専属ジャッジはもっと採点基準を統一して欲しい。ジャッジの国によって戦い方が変わってくる。
■toshiko様:今回は完全に亀田の勝ちですね。だけどあのスタイルだったら人気はでないような気がします。
■あ様:亀田家、協栄ジムのメンツをかけた試合「さすが」の勝利でした。アマ、空手の戦歴がわかる試合、やさしさのわかったインタビューでした。
■p.box様:老獪で技巧派のランダエタをアウトボックスで勝ったことは評価てきると思います。またヒット&アウエー戦法しか勝てないと思っていた。次はニーニョと統一戦を望んでるようだけどニーニョはビロリアとの試合を見たけど、ヒットアンド&の技巧派でランダエタ
■ev9様:今回は良くボクシングをしてくれました。これこそ負けないボクシングだと思う。あの、浜田剛史氏が絶賛してたくらいだから。短期間でよくスタイルを変えたと思います。これなら3~5階級位はいけるんじゃないですか。けど、判定の11ポイントは無いと思います。
■manita様:僕の周りの人達は、KOが無かったので不満そうでした。でも僕的には素晴らしいと思いました。あんなに足が使えるとは思いませんでした。ただ、ミニマムから上がってきた決め手の無い選手を倒せなかったのは、大きな課題だと思います。
■pound様:昨日の亀田はすばらしかった。亀田の大きな欠点をかなり修復したと思う。ジャブを多く出し、フットワーク、ボディワークをうまく使ってたと思う。カウンターもシャープだったし、コンビネーションも良かった。あの試合誰が見ても亀田の完勝だったと思う。まだまだ未完成。だけど未完成だからこそ、これからに期待大。まだ20歳だもね。

[メルマガ掲載分]
■無敵艦隊様:第1戦とは別人のような戦い方。再戦は、考えた方が勝つ。亀田選手は考えた。ランダエタ選手は何もできなかった。というより、何もさせてもらえなかった。亀田選手、見事な勝利。さぁ、次の相手は誰だ!
■若松様:巷では、3-0の大差の判定勝ち等と言われている様ですが、それほどの差は無かったと思います。ランダエタに余にも策が無さ過ぎただけ。亀田がロ-プに詰めて連打していたけど、殆どガ-ドの上からで、当ってはいなかった。だから大差の筈なのに、ランダエタの顔にキズや腫れは全く見られなかった。ランダエタ自身が、もう亀田と関わりたく無かったのでは?でも、こんな逃げ回る作戦ばかりでは、客が減るだろうし、今のボクシングでは1階級上のポンサクレックには通じないと思う。
■AQI様:いや、驚きました。足を使うところと前に出て攻めるところ、緩急のある試合運びに感心です。今回は誰が観ても納得の完勝でしょう、お見事でした。ただ一言、ファンやインタビュアーに対して敬語を使わないのは、相変わらず「?」ですね。そのあたりも磨いて世界で活躍するチャンピオンになって!
■yama様:今年のベストマッチを18日に見た後なので余計なのかもしれませんが、ただ一言、「つまらなかった!!」 
■o.sei様:俄かボクシングファンにはランダエタL・フライ級においてどの程度の実力があるのかを知る由もないが、大したボクサーではない。速さ・旨さ・パンチ力・タフネスに見るべき物はなく唯一身体の柔軟性のみが売り物の平凡な選手である。亀田は前回明らかに負けていた事実においても、今回倒せなかった点においてもまだまだ実力に乏しいと言わざるを得ない。ポンサクレックやロレンソ・パーラーやブライアン・ビロリアにはどうやっても勝てそうにない。ホルヘ・アルセはクラスを上げたが世界には強豪がナンボでもいる。どうアガいてもチャンピオンでいられるのは哀しいかな指名挑戦までの後僅かであろう…
■さのすけ様:俗に初防衛戦は難しいと言われているが難なく勝利した点は素晴らしいと言いたい。が、もう亀田のKOは見られないのではないか?今回のように足を使ってポイントアウトするボクシングじゃないと通用しないのではないか?(まあ、その足も大したことないのだが…)強打をヒットさせるすべと言うか、コンビネーションと言うか、それを見ることができない。今回はランダエタ用の戦い方だったのかもしれないが…次はKOが見たいですね。 さのすけでした。
■dk330様:今回は亀田が勝つ戦いをして間違いなく勝った!10月 戦ってたら負けてたと思うけど……WBCとの統一戦が楽しみだぁ〓本当のレベルがわかる!ボクシングファンおよびマニアの人に聞きたい大毅の試合はどうなの?オジサンにしてみれば階段駆け上げさせるための試合にしか見えないんだけど…ある意味恐いんだけど…
■hohsu様:とても世界戦のレベルとは思えない試合でした。統一戦の話が出てますがパーラやラタナポンらと比較すると、全ての面で劣る気がします。まずは防衛戦でキャリアを積むべきだと思います。しかし正直、品性に欠け奔放な振る舞いやテレビ局ぐるみのタレント性重視のスタイルは見ていて不快です。ボクシング界は前回の八百長騒動で評判を著しく下げましたし、チンピラみたいな亀田一家はブラウン管から消えてほしいのが本音です。

それと「大毅選手が歌ってた歌…」に関して、やさしい方からメールいただきました。
B'zの『いつかのメリークリスマス』だそうです。
教えていただきありがとうございました!

みなさんお答えありがとうございました!
来週もお楽しみに!!

« 映画王モリコラム「復讐者に憐れみを」(2002/韓国) | トップページ | 映画王モリコラム「セルラー」(2004/米) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13161781

この記事へのトラックバック一覧です: KW格闘技通信 亀田初防衛おめでとう!:

« 映画王モリコラム「復讐者に憐れみを」(2002/韓国) | トップページ | 映画王モリコラム「セルラー」(2004/米) »