« Dr.奥田のハッピー・デトックス・コーチング/「心のデトックス リストラ毒編その4」 | トップページ | 6ドル箱inUSA Red Eye »

2006/12/30

KW格闘技通信 2006年最終号

和の心を応援する嘯氣堂:お年賀に水墨画を毎週10枚プレゼントします
http://kw.cocolog-nifty.com/suibokuba/

こんにちは、KW格闘技通信です。
いよいよ今年もラスト。2007年注目の格闘技を教えてください。→info@kwow.jp
もちろんボクシング以外もお願いします。

いよいよ年末、今年も残りわずかですね。
みなさん今年はどんな年でしたか?いいことありました?やり残したことありませんか?
私はハッスルを結局一回も見にいけなかったのを後悔しています…。男祭りとDynamiteは行けたんですけどね…。来年は後悔しないように、見たい試合を見に行けるようにがんばります!!
それはそうと、ボクシンググランプリ2007が2007年1月3日に有明コロシアムで開催されますね~。
それにそれに新日&全日『レッスルキングダムin東京ドーム』が1月4日(木)東京ドームで!!
見たい!でもその日はお仕事…見に行った方いらしたら是非是非、info@kwow.jpまでメールください★
しかし、後悔しないようにと言ったばかりなのに、年初からこれでは…
気を取り直して、今年最後のケーワウ格闘技情報をお送りします。

[今週のWOWOW格闘技]
■UFC-究極格闘技-
2006年12月31日午後4時~
UFC66 LIDDELL VS. ORTIZ 2
ライトヘビー級タイトルマッチ
:チャック・リデル対テ
ィト・
オーティズ、ライトヘビー級:フォーレスト・グリフィン対キース・ジャーディン
ミドル級:岡見勇信対ローリー・シンガー
ヘビー級:アンドレイ・アルロフスキー対マーシオ "ペジパーノ" クルーズ
ゲスト:関根勤
解説:中尾受太郎、稲垣收
実況:高柳謙一

皆さんからいただいた「2006年のベストファイト」へのお答えです。
※メルマガ未掲載分※
■若松様:先日もエキサイトマッチでやっていたけど、間違いなくモラレスvsパッキャオの2戦目だと思います。まぁ3線目と言う人もいますが、とにかくこの2人の戦いは素晴らしかった。来年、バレラvsパッキャオの一戦が楽しみになった。
■wba様:いろいろありましたが、熱くなったのは?世界では、パッキャオvsモラレス日本では、長谷川vsウィラポン他にもいろいろあるが、あえて言うなら・・・来年ももちろんボクシング界を追っかけます(^^)v
■dk330様:山崎 剛VS今成正和  渡辺久江VSしなしさとこ リデルVSクートゥア リデルVSババル ヒューズVSホイス ヒューズVSBJ ヒューズVSサンピエール 菊地 昭VS青木信也  大沢ケンジVS水垣偉弥 アカーシオVS川村 亮  ミルコVSシウバ ノゲイラVSジョシュ 酔っ払って思い出すだけでこれだけあるK-1 ボクシング シュートボクシング 極真………言えばきりが無い結局オジサンの言いたい事は一つなんて決められ無いし それぞれにドラマがあるし思い入れもある毎回言ってるけど酒飲んで格闘技観てるのが一番幸せだぁーだいたい2006年ベストバウトって………UFC再放送無いみたいだからUFC観てからタイムシフトで男祭りこれ観ないと年越せないしょ!
■no.on様:ベストファイトですかぁ 今一、これだ!!と思う試合が思い浮かびません すいません
■p.box様:WOWOWの総集編にも1位にランキングされていたけど、パキャオVSモラレスⅡ、Ⅲです。来年パキャオにはバレロ、バレラ、マルケスなんかとのビッグマッチがみたいものです。どなたか大毅の試合のことをコメントされてましたが、弱い相手とのマッチメイク、またただ前進して左フックのみが武器の奥行きのないボクシングでは日本チャンピオンすらなれないと思っているのですがいかがでしょうか?来年は長谷川あたりが海外で戦って欲しいですな。日本ボクシング界はもう少し内弁慶でなく世界に目を向けるべき。
■ev9様:なんと言ってもマニー.パッキャオ対エリック.モラレスの2戦目も良かったけど、なんと言ってもモラレスを3RでKOした3戦がベストマッチです。モラレスがロープ迄ぶっ飛ばさて首を横に振ってたのが印象的でした。
■baby様:イーグルVSマヨール。

※メルマガ掲載分※
■無敵艦隊様:パッキャオ対モラレスの第3戦。モラレスがダウン、もうダメだと首を振った表情が印象的。日本人選手では、長谷川穂積3度目の防衛戦、対ヘナロ・ガルシア。両まぶたをカットして苦しい展開だったが、結果は大差の判定勝ち。現在の日本人世界チャンピオンの中では、長谷川選手が一番強いと思う。
■pound様:個人的にはメイウェザーが1番好きなのだが…今年はなんといっても、デラホーヤが帰って来た。強いデラホーヤ、久々に見た気がしたよ。来年はメイウェザーとの究極のメガファイトが期待される。ホプキンスとの時もそうだったけど、こんなメガファイト見ていいのかな?と不思議な気持ちになる。デラホーヤのラストファイト期待したい。
■fire様:やっぱり、メイウェザーでしょうか?とにかく、プリティです。デラホーヤとやってほしい!
■M.Kumagai様:イーグル対マヨールの試合は滅多に見られない高レベルの内容でした。ぜひ再戦を見たい!

みなさんお答えありがとうございました!
来年もお楽しみに!!
良いお年を。

« Dr.奥田のハッピー・デトックス・コーチング/「心のデトックス リストラ毒編その4」 | トップページ | 6ドル箱inUSA Red Eye »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13241231

この記事へのトラックバック一覧です: KW格闘技通信 2006年最終号:

« Dr.奥田のハッピー・デトックス・コーチング/「心のデトックス リストラ毒編その4」 | トップページ | 6ドル箱inUSA Red Eye »