« 映画王モリコラム:2006年外国映画ベストテン | トップページ | Dr.奥田のハッピー・デトックス・コーチング/第21回目「心のデトックス リストラ毒編その4」 »

2006/12/30

6ドル箱inUSA The 40 year-old Virgin

和の心を応援する嘯氣堂:お年賀に水墨画を毎週10枚プレゼントします

■The 40 year-old Virgin: ☆☆☆☆☆

8/19の公開から二週間を終えてもいまだにBoxOfficeでトップをキープし興行収入も$5000万を目前に勢いを保ったままのThe40year-old-Virgin。ジャンルはアメリカンコメディーに悪ノリとギリギリアウトな下ネタを織り交ぜ、観客も終始大爆笑の仕上がりになっています。ストーリーは主人公Andy (Steve Carell)が40歳になっても未だ童貞と発覚した事から展開していきます。圧倒的な下ネタを前面に押し出しながらも、Andyの揺れ動く心境を上手くストーリーにのせる事で好感の持てるエンディングとなっています。ただ、この作品はアメリカで大ヒットしたものの、日本ではウケなかったコメディー「アメリカンパイ」と同様アメリカンテイストが強く日本でのヒットは難しいかもしれません。もし、公開されるとしたら邦題は「電車男」ならぬ「童貞男?」

さて、先週の続きを。指示に従い運転席にいる友人Tが窓から両手を出す。次に続く指示の連続。「Open the door, and get off the car!!」この時点でOfficerは銃を向けています。「Turn your back on here」「Raise your hands and then lace
them behind your head!!」と続き、後ろ向きにゆっくり後退させ、確保。2,3質問のあと聞こえる「カチャカチャ」の音。「手錠....はめたよ、あいつ」張り詰める空気の車内、窓はスモークフィルムにもかかわらず照らされたライトで丸見え、静止したまま口だけでの情報交換を済ませセーフティーなラインを決め次に備える私達。「Passenger, Open the door!!」捕まる原因すら分からないまま言われるままに車を降りる友人Y。
次回に続く….。

■宜野座一葵:LA在

« 映画王モリコラム:2006年外国映画ベストテン | トップページ | Dr.奥田のハッピー・デトックス・コーチング/第21回目「心のデトックス リストラ毒編その4」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13223832

この記事へのトラックバック一覧です: 6ドル箱inUSA The 40 year-old Virgin:

« 映画王モリコラム:2006年外国映画ベストテン | トップページ | Dr.奥田のハッピー・デトックス・コーチング/第21回目「心のデトックス リストラ毒編その4」 »