« 映画王モリコラム「ランボー」(1982/米) | トップページ | KW格闘技通信 亀田初防衛おめでとう! »

2006/12/24

映画王モリコラム「復讐者に憐れみを」(2002/韓国)

「復讐者に憐れみを」(2002/韓国)
パク・チャヌク監督のこの作品、製作年度は「JSA」と「オールド・ボーイ」の間に撮られた作品で、これらは“復讐3部作”と言われているらしい。昨年観た「オールド~」はこのコラムでも以前紹介させて頂いたように大いに唸らされたのだが、この作品もかなり刺激的で挑発的だ。ひとつの誘拐が思わぬ展開を呼び込み、それが登場人物達の“復讐”の連鎖となっていく・・・。この絶望的で救いようの無い展開を、一連の三池崇史監督の作品を連想させるかの様な、観客の痛覚を刺激するストレートな暴力描写を交えながら描かれてゆく。それらの描写も含めて主人公が姉と暮らす部屋の雰囲気(特に壁紙)はつい「オールド・ボーイ」を連想させ、「オールド~」ほど物語にヒネリはないものの、この作品との深い関連性を見つける事ができ、興味深い。主人公の1人を演じるソン・ガンホも今迄の素朴なイメージのあった役柄と一転、その眼光鋭い眼差しが映画の魅力に一役買っている。確かに激しい描写や、残酷で絶望感に満ちた展開は観客の好き嫌いがはっきり別れそうな映画といえるかもしれないが、それ故観終わった後のインパクトは強烈な作品となっている。

« 映画王モリコラム「ランボー」(1982/米) | トップページ | KW格闘技通信 亀田初防衛おめでとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13142323

この記事へのトラックバック一覧です: 映画王モリコラム「復讐者に憐れみを」(2002/韓国):

» イビョンホン夏物語 [イビョンホン様おっかけ隊!!!]
イビョンホン様のおっかけブログです! 韓流ブーム爆発でイビョンホン人気も大爆発!! 韓流以前からイビョンホン様の大ファンだった私にはちょっと複雑ですが、 イビョンホン様をさらに盛り上げていけるよう頑張ります!! イビョンホンファンクラブの皆さんもコメントどうぞ^^ ... [続きを読む]

受信: 2006/12/25 23:21

» NO.101「復讐者に憐れみを」(韓国/パク・チャヌク監督) [サーカスな日々]
ぺ・ドゥナには「敢闘賞」を捧げたい! 5月23日は誕生日だが、その日から書き始めたこの拙いブログが5ヶ月を終了し、6ヶ月目に入ろうとしている。 座布団シネマは今回で101本目である。月に20本。「甲殻機動隊」などのアニメや古典シリーズ、「24」などの海外TVシリーズは除いているので、平均すると1日1本観ていることになる。 まったく観ない日も多い。時々は、昔のように名画館に足を運んだりする。封切館に行くのは月に2,3度だ。若い時は、映画館... [続きを読む]

受信: 2007/01/09 16:25

« 映画王モリコラム「ランボー」(1982/米) | トップページ | KW格闘技通信 亀田初防衛おめでとう! »