« アニメ情報:風邪の治し方 | トップページ | 名画★プラダを着た悪魔 »

2006/11/30

蹴球人サッカー:AFCユース

こんにちは、サッカー情報です。

今週の質問は、「アジア大会開幕!U-21日本代表で期待する選手は?」です。info@kwow.jpまで。蹴球人さんへの感想もお待ちしてます!

フリーキック、決まると背筋がゾクゾクしますよね。私は、ロベカルが02年W杯の中国戦で放った浮き上がるやつです。アジア初のW杯に、実力の差を見せ付けたキックでした。

それでは蹴球人さんのコラムです。

皆さんこんにちは。蹴球人です。

AFCユース選手権大会、1次リーグの初戦で北朝鮮に2-0で勝利したU-19日本代表。残る2試合は、グループ突破を賭けた3チームの争いが見ものでした。初戦のもう一試合はイランがタジキスタンに3-1で勝利。これでイランが続く北朝鮮に勝ち、日本がタジキスタンに勝てば、日本とイランの決勝T進出が決まります。

しかし、シナリオ通りには行きません。日本は順調にタジキスタンを4-0で下しましたが、イランが北朝鮮に何と0-5で敗れました。これで日本の決勝T進出決定は第3戦まで持ち越されました。

さて、日本のタジキスタン戦の内容ですが、殆ど文句の付けどころがないと言って良いくらい、終始日本ペースで試合を進めることができました。メンバー的には初戦で疲れの溜まった青山(名古屋)に代えて森重(大分)、そして田中(新潟)に代えてエース梅崎(大分)が満を持して登場。得点は、前半8分にその梅崎の左サイドからのクロスを、逆サイドから走りこんだ山本(清水)が折り返し、そこに飛び込んだ森島(C大阪)が押し込みました。続いて34分、山本の左CKをまたも森島がニアサイドでドンピシャで合わせて2点目。さらに後半13分、梅崎の中央からのミドルシュートのこぼれ球を、後半開始から河原(新潟)に代わって入っていた伊藤翔(中京大中京高)が左サイドで拾って折り返し、中央で待っていた柏木(広島)がダイレクトで合わせて3点目。4点目は23分、森重が約25メートルのミドルシュートをしっかりコースを狙って決めました。

この日の日本は、得点パターンがバリエーションに富み、しかも福元(大分)を中心としたディフェンスラインの安定度は抜群。さらに伊藤や柳川(神戸)を試す余裕も見せて、2連勝でグループCの首位に立ちました。

続いて、負けても大量失点さえしなければ決勝T進出というイラン戦。しかしイランは日本に勝てばまだ望みがあるため、必死で来ます。そんな中、吉田監督は福元、河原、堤(浦和)らを休ませ、柳澤(柏)、青木(千葉)といった新しい選手を試しつつ、手堅く引き分けを狙いに行きます。そして前半22分、柏木の絶妙のスルーパスを、左サイドから抜け出した梅崎がフリーでシュートして先制。ところが後半7分、柳澤、柳川という不慣れなコンビの左サイドを突破され、同点に追いつかれます。さらに27分、FKからヘディングシュートを決められ、ついに逆転されてそのまま試合終了。

タジキスタン戦の磐石な戦いぶりはどこへやら。選手交代もチグハグで、柏木から山本への交代は流れを悪くし、森島に代えて投入したハーフナー・マイク(横浜FM)に至っては全く使い物にならず。グループは首位で進出したものの、決勝Tに向けて大きな課題が残りました。

さて、この試合で面白かったのは試合終了時。もう一方の試合、北朝鮮対タジキスタン戦が90分を終了して0-0という情報を得ていたイランは、日本に勝った瞬間大喜び。日本は勝ち点6(得失点差+5)で首位、イランも勝ち点6(得失点差-2)で2位、北朝鮮は勝ち点4で3位ということでイランは決勝T進出を確信。ここで中継は終了しましたが、何とこの後、北朝鮮がロスタイムで1点を決め、勝ち点6(得失点差+4)でタジキスタンを抜いて2位になり、グループ通過を果たしたのです。天国からの地獄のタジキスタン。その場面の映像は見られませんでしたが、悲嘆に暮れる選手たちの可哀想な姿が目に浮かぶようです。そして北朝鮮のこの土壇場の粘りが、この大会の最後まで影響することになるのです…。(続く)

ここでアンケートの回答ですが、FKナンバー1で回答数の多かったのは、ミハイロビッチ、ロベルト=カルロス、ベッカムといたところ。日本人ではやっぱり木村和司でした。ちなみに、私の個人的ナンバー1はストイコビッチです。W杯イタリア大会、スペイン戦での壁の外側を通り曲がって入ったゴールには本当に震えました。とにかく誰であれ、JリーグでもFKの名手がいると、それだけでお金を払って見に行きたくなりますよね!

■リベリーノを。あの伝説の壁抜きフリーキックはたまらないです!

■'97プレ大会でブラジル対フランスでのロベルト・カルロスのシュート回転のFKです。

■木村和司! '86W杯予選、対韓国戦。サッカーに興味を持った一発でした。

■元イタリア代表のジャンフランコ.ゾラです!ナポリでマラドーナから教えを受け、パルマ・チェルシーで活躍してました。「PKよりも、FKの方が簡単だ。」と言う記事を読んだ事があります。

■デイビット・ベッカム 02W杯欧州予選イングランド対ギリシャ戦。後半ロスタイムにベッカムが決めた起死回生のFK!!あれは状況(W出場のピンチ)、時間、プレッシャー全てが重圧でサポーターも沈黙、入った瞬間のイングランドの騒ぎよう、サポーターの騒ぎようがすごかったし私も興奮した!あれが私のベストです

■フリーキックと言えば!元ウルグアイ代表のルベン・ソサだと思います。(o^-')b ゴールの詩人の異名の通り、インテル時代に数々の芸術的なゴールを左足から繰り出した、ソサが印象深いです!勿論、ビックネームと呼ばれる人達を含めれば、名前を上げればきりが無いとは思いますが、もっと、ソサの存在を皆さんに知って貰えたら、幸いです。

■旧ユーゴ代表。ミハイロヴィッチです!あの悪魔の様な左足を見るために、サッカーを見るようになったものです!フリーキックでハットトリック、確かラツィオ時代に達成したと思う!!ホントにスゲー。

■ミハイロビッチです。ラツィオ在籍中、トータル9得点だった98-99シーズンはミハイロビッチがボールを置いてゴールを見つめながら距離をとっている姿だけで「決まったな」と思えました。古巣のサンプドリア戦においてフリーキックだけでハットトリックした試合はサッカー界の歴史に残る一戦だったと思います。今はインテルのコーチであるミハイロビッチですが、退席処分などされていないでグロッソにフリーキックの秘伝を授けてほしいものです。 ペンネーム「ザ・ピント」

■元横浜フリューゲルスのエドゥー選手ですね。Jリーグ開幕当初に数々のスーパーFKを見せてくれました!40メートル以上の場所から大きくカーブしながら落ちて決まったFKは今でもよく覚えています。

■まさに今が「シュン」の中村俊輔ですかねー。01年シーズン、マリノスまさかの降格危機の中、セカンドステージ対ガンバ戦@三ツ沢での同点に追い付くシュンのフリーキックにはシビれました!

« アニメ情報:風邪の治し方 | トップページ | 名画★プラダを着た悪魔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/12875934

この記事へのトラックバック一覧です: 蹴球人サッカー:AFCユース:

» アジア大会 パキスタン戦 [副業・内職なのに不労!?]
日本3-2パキスタン 後半突き放すどころか、逆に追い詰められ1点差の辛勝でしたね…。 [続きを読む]

受信: 2006/11/30 11:34

» 史上最高額? レアルが放映権で1664億円を手に [ナイキ サッカースパイク@レビューどっとコム]
こんにちは!ナイキ サッカースパイク@レビューどっとコム管理人のNIKE@BAKAです!【マドリード=夕刊フジ特電】レアル・マドリードが20日、総額11億ユーロ(1664億円)のテレビ放映契約を結ぶことになった。銀河系軍団から脱皮したレアルは、豊富な資金を元に... [続きを読む]

受信: 2006/12/01 08:18

» オシムジャパン、サウジアラビア破り予選1位通過 [ナイキ サッカースパイク@レビューどっとコム]
こんにちは!ナイキ サッカースパイク@レビューどっとコム管理人のNIKE@BAKAです!サッカーのアジア・カップ予選A組最終戦で日本代表は15日、サウジアラビア代表と対戦し、3−1で勝った。ともに本大会出場を決めていた日本代表、サウジは5勝1敗で並んだが、日本... [続きを読む]

受信: 2006/12/01 18:03

» イングランド代表FWルーニー、1試合で紅茶16杯? [サッカー日本代表とW杯を愛するBlog]
は〜い!TBさせていただきます!こんにちは!FootBall-King「サッカー日本代表とW杯を愛するBlog」 です♪今回はちょっとコーヒーブレイクじゃなくてティーブレイクかな? サッカーのイングランド代表FWウェイン・ルーニーが [続きを読む]

受信: 2006/12/09 07:49

« アニメ情報:風邪の治し方 | トップページ | 名画★プラダを着た悪魔 »