« 映画王モリコラム スティング | トップページ | 映画王モリコラム マラソンマン »

2006/10/03

VOL.57★ジャパニーズロックが大好き:SUPER BUTTER DOG

至極のロック批評をメールで読むには mg-181@kwow.jp に空メールを。毎週火曜配信です

『走り出した犬-SUPER BUTTER DOG』

先日久々にキャパ300人前後という小さなライブハウスに行ってきました。どうも、ハセです。最近は1000人単位の会場に行く機会が増えてしまったのですが、たまにこれくらいのライブハウスに行かないかんなと実感して帰ってきました。空気感が違うんですよね、やっぱ。

さて、SUPER BUTTER DOGが復活しました。SUPER BUTTER DOG(以下、バタ犬)はVo/永積タカシ、G/竹内朋康、Key/池田貴史、B/TOMOHIKO、Dr/沢田周一の五人。1994年に永積氏と竹内氏を中心に結成。そのロックの中にソウルやファンク、ポップを感じさせる音楽性は一般のリスナーだけでなくプロの中でも高い評価を受けており、記憶に新しいところでは俳優・竹中直人氏がバタ犬の曲に触発され映画を作ったりもしましたね。そしてそんな彼らのグルーヴを体感できるのはやはりライブ。エンターテインメント性にあふれ縦ノリだけでなく横ノリも併せ持つ彼らの音楽はやはりライブで聴くのが醍醐味。それが今回復活と聞いたら、これはもう居ても立ってもいられません。

2002 年のライブ以来ライブ活動をしていなかったんですが、今年3月にメンバーの結婚パーティーでライブをしたのがきっかけとなり、9/24日比谷野音で行われた「SWEET LOVE SHOWER 2006」で活動を再開することとなったわけです。会場で「NEXT ARTIST・・・SUPER BUTTER DOG!」とコールされると会場には今日一番と思われる歓声が。復活をみんなが待ちわびていたことをこの歓声が証明しました。「忘れてたぜ!今年が戌年だってことを!」との池田氏の言葉に沸く客席。ノリの良い曲で復活!かと思いきやいきなりの名曲「サヨナラCOLOR」。これには意表をつかれて涙。しかしそこから先はバタ犬らしいダンスナンバーを連発。こうなるともう独壇場です。「五十音」で「あ・か・さたな・はまやら・わ!」と叫ぶところでは池田氏の「みんなやるまで帰れないよ!」の声に触発され大盛り上がり。やはり盛り上げ上手。そしてハナレグミのような癒し系の曲もバタ犬のようなダンサブルな曲も歌い上げる永積氏の力量には脱帽です。戌年も残り約三ヶ月。「気付くの遅いよ!」とツッコミを入れつつもどんな風にこの犬達が走ってくれるのかを想像するだけでニヤニヤしてしまいます。

それぞれ個々の活動を経て活動を再開したSUPER BUTTER DOG。久しぶりに彼らのCDを聞いてみましたが、やっぱ良いです。数年前の音源でも全然古くないし。なんだかワクワクするし。自然とカラダ揺れるし。新しい音源を期待しつつも、これからも彼らのペースでやっていってほしいなと思います。

・ライブアルバム「ラ」2002年5月9日発売
・4thアルバム「FUNKASY」2000年11月22日発売
・5thアルバム「grooblue」2001年12月6日発売

« 映画王モリコラム スティング | トップページ | 映画王モリコラム マラソンマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/12755212

この記事へのトラックバック一覧です: VOL.57★ジャパニーズロックが大好き:SUPER BUTTER DOG:

« 映画王モリコラム スティング | トップページ | 映画王モリコラム マラソンマン »