« 映画王モリコラム マラソンマン | トップページ | 映画王モリコラム「ブラック・レイン」(1989/米) »

2006/10/04

映画王モリコラム「アイアン・ジャイアント」(1999/米)(※

「アイアン・ジャイアント」(1999/米)(※結末に触れています。未見の方、御免なさい。)
巨大ロボットが活躍するアニメーションといえば日本アニメのお家芸。私も幼少の頃は「マジンガーZ」から「ガンダム」に至るまでかなり観ていたと思う。そんな中でアメリカ映画の巨大ロボット物なんて考えてみれば珍しい。田舎街に落ちてきた巨大ロボットとそこに住む少年との交流が綴られてゆくこの作品、前半の森での出会いのシーンから、まるで「E.T.」を思い起こさせ、なるほどこの作品は、宇宙人とロボットをそのまま置き換えたような物語展開は単純で目新しくもなんとも無いのだが、そんな心温まる前半の展開から一転、純真な心を持つロボットが実は戦闘ロボットという本来の姿を見せるクライマックスシーンの破壊力のシーンはそれだけに圧巻。そのロボットの造型や、最後は自己犠性という展開とその悲劇性が、すっかりロボットに感情移入してしまった観客に対し深い感動を呼ぶというあたり、やはり日本のアニメを連想せざるを得ないのだが、悲劇的結末と思いきや実は・・・というラストシーンが実に心憎い。ここで今度は物語が心地よい感動に転化し、観て良かったと素直に思える好編に仕上がっている。

« 映画王モリコラム マラソンマン | トップページ | 映画王モリコラム「ブラック・レイン」(1989/米) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13065438

この記事へのトラックバック一覧です: 映画王モリコラム「アイアン・ジャイアント」(1999/米)(※:

« 映画王モリコラム マラソンマン | トップページ | 映画王モリコラム「ブラック・レイン」(1989/米) »