« アイドル・エンタ Vol.49:バックダンサーズ | トップページ | オシム監督アジアカップ:蹴球人 »

2006/09/12

海外ドラマ情報ミディアム

こんにちは、海外ドラマ情報です。
ミディアムの感想をお願いしますinfo@kwow.jp

コールドケース2、いかがでしたか?
切ないストーリーでしたね。黒人街バッドランズ、私もアメリカに住んでいたことがあるのですが、黒人街って本当にあんな感じなんです。窓ガラスが割れたまま放置されてる家並み、道に座り込む若者、老人、活気の無い街にいつもゾクッとしていました。私はその黒人街で、小学生に算数を教えるボランティアをしていたのですが、子供はかわいいんですね。日本の子供たちと同じ眼、いたずらをしていました。毎週土曜にやっていたのですが、連れてくる親御さんが少し貧しそうでした。ドラマの中に出てくるような薬の売人、ギャングスタ(彼らは金回りはいいでしょうが)には会いませんでしたが、それはそれは貧しい街でした。。ドラマでは白人のスコッティとニックが聞き込みをしてますが、冷たくあしらわれてます。黒人のウィルが街の深部まで聞き込みをし、デレクと働いていて事件後ギャングになってしまった黒人の子に、説教ぽい取調をしてます。あの黒人同士の雰囲気、薬、銃、ギャングなど大人の黒人が子供を叱る場面は実際に結構眼にするのですが、コールドケースはまさにアメリカぽいドラマだと思います。

さて、コールドケースとともにちょっと引かれるのが、ミディアムです。MEDIUMとは霊媒者、メディア「MDEIA」はミディアムの複数形です。実在の霊能者が、捜査に協力しながら事件を解決していくというストーリーです。アメリカでは、月曜10時からの放送してましたが、日本ではWOWOWが火曜の夜9時と土曜の朝10時からの放送します。

では、コールドケース2初回を見た皆様からの感想です!

AQI様:
第1シリーズから楽しんでいます。今回はそれほど昔の事件ではなかったのでオーソドックスな展開でしたね。リリーの魅力は相変わらず、クールでありながらちょっとした心遣いを忘れないところが素敵です。メルマガにもありましたが、私も音楽に注目しながら観ていますよ♪家族を愛するあまりの悲劇の結末にアリシアの曲、ほろりときました。 

kiyo様:
あの事件の事はずっと気になっていたので、続きがあって良かった。内容的にはちょっと矛盾してるかなとは思いますが…まぁドラマですから。次回が待ちどうしいドラマが一つ増えてうれしいです。 

show様:
始めてコールドケースを見ました。今回の話では町の世話人のデラが殺されてしまい、最後は切なかったです。CSI:5と時間が繋がっているので、同じ事件を解決するドラマでも違った楽しさがあります。 

稲葉あや様:
待ちに待ったコールドケース2。やっと始まりましたね。第一話からなんか寂しい、切ないストーリーで心が痛かったです。辛い事件をクールに解決するラッシュはやっぱり同性としてすごいかっこいいなと思います。すさんだアメリカの黒人社会でも真っ当に生きようとする若者と真面目に働く夫婦。せっかく更正した兄の過去の重罪。苦しいストーリーでした。次回からも楽しみにしています。 

無敵艦隊様:
1stシーズン第1話のトリプル殺人、1年後。この事件が再びリリーの担当になり、やっぱりこの事件はリリーが解決する事になっているのかな。そう思うような2ndシリーズ第1話。観ている方も、あの事件、リリーが解決して良かったと思う。

« アイドル・エンタ Vol.49:バックダンサーズ | トップページ | オシム監督アジアカップ:蹴球人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13065628

この記事へのトラックバック一覧です: 海外ドラマ情報ミディアム:

« アイドル・エンタ Vol.49:バックダンサーズ | トップページ | オシム監督アジアカップ:蹴球人 »