« アジアカップ サウジ戦:蹴球人 | トップページ | VOL.53★ジャパニーズロックが大好き:CUBISMO GRAFICO FIVE »

2006/09/06

KW宝塚/わたるさんのサヨナラ公演

こんにちは宝塚情報です。
■みなさんが宝塚ファンになったきっかけは?教えてください→ info@kwow.jp

それでは、D-ヒサさんのコラムです。

みなさまこんにちは。かしげちゃん退団発表に動揺しているD-ヒサです。なんでトップになったばかりなのに。。。すごくショックです。やっぱり博多、行っておくべきでした。後悔。最近、人事異動が激しい上、こうサヨナラが続くと、本当につらくて、胃が痛くなる思いです。
さて、先日、とうとうわたるさんのサヨナラ公演「愛するには短すぎる/ネオダンディズム」を見てきました。先にご覧になっていた方々がハンカチでは涙をぬぐいきれない!とおっしゃってたので、しっかりタオル片手に臨みました。で、もうなにから書いたらいいのやら。。。
とにかくもう、わたるさんが出てくるだけでぴゅ~んと涙が出てきちゃうんですよ。たまたま隣の席に座っていた女性4人組も大体同じタイミングで泣いてくれたので、なんとなくほっとしました。ショーが終った後、泣き崩れてるお客様の数の多かったこと!(笑)私だけじゃなくてお隣の4人組もそうだし、反対側の隣の隣にひとりできてた女性も泣き崩れてたし、周りをみるとたくさん立ち上がれないひとばかり。ワカル、ワカル。
お芝居は正塚先生の作品。なんとなくミュージカル「グランドホテル」を思い出しました。船が舞台となっているせいか、空高く開放感のある設定で、笑いあり涙あり歌あり踊りありの見所満載でした。
特に良いのは、わたるさんととうこさんのからみ。
歌もよいし、踊りもよいし。「とてもよい。」(←「ファントム」キャリエールのマネ)すごくびっくりしたのは、とうこちゃんの表情。表情がやわらかい。今回もプレイボーイ?のやさ男役なのだが、髪が金髪でしかも、表情が豊かでとても素敵でした。
わたるさんのことを書くにはまだ心の整理がついていないので、また今度にします。
それにしても最近サヨナラ多くないですか。どうしてこうサヨナラが続くのでしょうか。和央さん、わたるさん、コムちゃん、かしちゃん。せめて年1人くらいにしてバランスよくしていただけないものでしょうか。ツライから。年1回くらいしか耐えられませんから。

皆様は星組公演もうご覧になったでしょうか?

それでは先週の「あなたのお気に入りのスターさん」の皆様のお答えです。

■ちえちゃんに魅せられたファン様:星組の柚希礼音さんを応援しています〓体全体を使って伸びやかに踊る姿を見ていると、自分も全身を動かしているような気持ちになって発散できます。ダンスで十分癒されます。「ネオ・ダンデイズム!!」のオマージュの場面でも、表現力の優れたダンスに感動しました。最近は歌も少しずつ上達され、「愛するには短すぎる」の中のソロでは心を込めた歌を聴かせてくれています。今後がますます楽しみです。

■zunchan様湖月わたるさんです。男役としての包容力、暖かさ、そしてデュエットダンスの娘役さんをリフトする姿すべてが魅力的です。今回の退団が淋しくて仕方ありません。でもわたる君がしっかりと育て希望を託してバトンを渡したちえちゃんこと柚希礼音さんを今後は応援していきたいです。

■がもきち様:雪組研7生。目が印象的で目の動きで物語を表せる。役は何でもござれの芝居大好き!が匂い立つジェンヌさん。印象的だったのは。バウ公演、「あの日見た夢に」朝海ひかるさんと敵対した悪役ロッキー。ドスの効いた目配り、立ち姿の存在感、父親を見殺しにする冷徹さは圧巻でした。又、朝海さんとの死闘はルパン三世ばりの恰好良さでした。奢る所なくポーカーフェイスな所が好ましいです。見守りたい若手ジェンヌさんです。

■teru様:私の好きなスターは、雪組の水さんが好きです。今度のお披露目公演の「エリザベート」は、中2、1の息子達と、とても冷たい当たり役のトートだよね。と最近は話に花が咲いてます。でも、すごく怖いかもと、息子達の意見。でも、すごく楽しみにしてます。

来週もお楽しみに!

« アジアカップ サウジ戦:蹴球人 | トップページ | VOL.53★ジャパニーズロックが大好き:CUBISMO GRAFICO FIVE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/12758693

この記事へのトラックバック一覧です: KW宝塚/わたるさんのサヨナラ公演:

« アジアカップ サウジ戦:蹴球人 | トップページ | VOL.53★ジャパニーズロックが大好き:CUBISMO GRAFICO FIVE »