« 蹴球人サッカーコラム 期待の若手 | トップページ | アイドル・エンタ Vol.45 フジロック »

2006/08/01

VOL.48★ジャパニーズロックが大好き/くるり

『音楽愛の軌跡-くるり』
ようやく夏らしい日がチラホラ。どうも、ハセです。先日大阪で行われたMEET THE WORLD BEATでザ・クロマニヨンズがヒロト&マーシーの新バンドであることが判明しましたね。フジロック出演などから考えても大物だとは思っていましたが…今後が楽しみですな。
今週の一枚。trademark「back ground music」です。trademarkはVo/Bのがまゑ、Gの根岸、Dr/choのオーチリの3ピース。このアルバムは結成6年目にして初のフルアルバムです。全10曲。3分に満たない曲があるかと思えば7分を超える大作や6分弱のインスト曲など本当にバラエティに富んだ一枚です。がまゑさんの歌声は曲により変化し時に伸びやかに時にやさしく、そして時にとても力強い。その歌声の乗るトラックはインストでも十分聴けそうなほどに魅力的。このアルバムのエンジニアが日本のインストゥルメンタルロックの代表といっても過言ではないバンド、toeの美濃氏というのも音が魅力的に聴こえる一因になっているのかもしれません。全てが心地よいこの一枚。是非一聴を。
さて先日、くるりのベストアルバムが発売になりましたね。くるりは今年で結成10年になる岸田繁(Vo/G)、佐藤征史(B)、大村達身(G)の三人組。まぁ、もう説明なんて必要ないくらい音楽ファンにリスペクトされているバンドです。今回のベストはシングル曲だけでなく始めて音源化される曲やリップスライムとのCDに入っている曲のくるりバージョンなど、これで初めてくるりの音楽に触れる人だけでなく今までくるりを追っかけ続けてきた人でも楽しめる内容になっています。このベストを聴いていて思うのはそれぞれの年代によって毛色の違う様々な曲を作っているなということ。まぁ、バラードあり激しめありってのはどのアーティストでもあることなんですがそのふり幅が驚くほど広い。でも振り幅広いのに全部「くるり」の曲だって分かるんですよね。様々なインタビューで岸田氏も答えていますが一本通っている「くるり」という芯からブレてない。ベストアルバムですがオリジナルアルバム並みに楽しめるものになってます。これを聴くとくるりが支持される理由が分かる気がします。ベストアルバムって「一つの節目」って感じがどうしてもしてしまいますね。でもこのアルバムは今後をすごく楽しみにしてくれる一枚です。
・trademark「back ground music」2006年7月19日発売
・くるり「ベスト オブ くるり/TOWER OF MUSIC LOVER」2006年7月26日発売
・くるり「TEAM ROCK」2001年2月21日発売

« 蹴球人サッカーコラム 期待の若手 | トップページ | アイドル・エンタ Vol.45 フジロック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/12758576

この記事へのトラックバック一覧です: VOL.48★ジャパニーズロックが大好き/くるり:

« 蹴球人サッカーコラム 期待の若手 | トップページ | アイドル・エンタ Vol.45 フジロック »