« アイドル・エンタ Vol.45 フジロック | トップページ | KW宝塚 エンターザレビュー »

2006/08/03

パイレーツオブカリビアン

こんにちは、名画★知ったかぶりです。今週は、パイレーツオブカリビアン。

パイレーツオブカリビアンご覧になりましたか?パート1と比べていかがでしたか?感想をお寄せください。info@kwow.jp

[薀蓄]
M:i:3と同じく、製作はジェリー・ブラッカイマーです。監督は、ゴワ・ヴァービンスキー。ザ・リングも手がけています。ジェリー・ブラッカイマーは、WOWOWで放送してる「コールドケース」、「CSI」という渋く、科学的?なテレビドラマも製作しています。この人の作品に共通するのは、見ている人へのサービス精神ですね。この「パイレーツ~」には特にそれが感じられます。

[ちょっと]
日本の週刊誌等の評価はあまり芳しくないですね。キャラクターが多すぎ、気持ち悪いとか、デップの演技に深みが無い、カットが多すぎとか。しかし、M:i:3とパイレーツオブカリビアンを見て思ったのですが、「ストレス解消しに、ジェットコースターを体感しに行く映画」だなということをまさに”体感”しました。大画面、音響で、かかるために作られた映画、それはまさにテレビじゃなくて劇場で見るために作られた映画の最先端ではないかと思います。ですから、こういう映画を既存の尺度で評すると世の中から距離が出てきてしまうと思います。たくさんのキャラクタ、カットの多い作り、などは疾走感を出すための工夫でしょう。ディズニーランドでグッズを売ったりするんでしょうが、それもよし。テーマパークと同じで、いかに劇場に来て貰うかを考えた作品だと思います。

[見る前に]
平日夜、若いカップルで劇場は満員でした。色々なアクションシーンが連続して、なかなか終わらない。劇場で見てスカッとする作品です。

3作目ワールド・エンドの批評はこちら

« アイドル・エンタ Vol.45 フジロック | トップページ | KW宝塚 エンターザレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/12668868

この記事へのトラックバック一覧です: パイレーツオブカリビアン:

« アイドル・エンタ Vol.45 フジロック | トップページ | KW宝塚 エンターザレビュー »