« アイドル・エンタ Vol.44沢尻エリカ | トップページ | テニス情報 ドイツメルセデス »

2006/07/25

蹴球人コラム 若武者

誠のサッカー評論蹴球人”コラム”メルマガ配信は、mg-03@kwow.jpに空メールを

皆さんこんにちは。蹴球人です。
■オシムの「あなたの推す若武者日本代表は?」あなたの考えるポイントは何か?教えてください→ info@kwow.jp

先週もアンケートにご回答いただきまして、どうもありがとうございました。「日本にあったチーム作り」についていろんなご意見をいただきましたが、それぞれが今回のW杯の反省点を踏まえたもので、今大会で日本代表が抱える課題の多さを実感しました。それにしては肝心の日本サッカー協会は今大会(ジーコジャパン)を振り返る報告をなかなか出しませんが…。ジーコよりもトルシエの方が明らかに良い成績を挙げたにもかかわらず、「トルシエは批判の対象、ジーコは批判されない」というのは健全ではありません。まあ、ジーコは神様らしいですから仕方ないかもしれませんが…。

さて、今週のテーマは先週に引き続き「若手」ということで、私、蹴球人の個人的に期待する若手選手を何人か挙げたいと思います。
①本田 圭佑(ほんだ けいすけ)20歳 MF 名古屋グランパスエイト ひと言:テクニシャンで左足から決定的なパスが出せ、体も強く簡単にボールを奪われない。“王様”系の気の強さも◎。
②家長 昭博(いえなが あきひろ)20歳 MF ガンバ大阪 ひと言:左サイドの突破とクロスは切れ味抜群。すでにガンバでも欠かせない選手に成長。本田とは誕生日も一緒。目は切れ長。
③内田 篤人(うちだ あつと)18歳 DF 鹿島アントラーズ ひと言:U-19日本代表不動の右サイドバック。スピードに乗った攻撃参加が特徴で、シュート力もある。Jリーグ高卒ルーキー最年少記録保持者。無造作ヘアー。
④谷口 博之(たにぐち ひろゆき)21歳 MF 川崎フロンターレ ひと言:豊富な運動量で相手の攻撃の芽を摘むボランチ。チームの好調とともに、最近は得点力も上がりつつある。イケメン。
⑤水野 晃樹(みずの こうき)20歳 MF ジェフユナイテッド市原・千葉 ひと言:右サイドのドリブルと鋭いクロスが特徴。FKの精度も高い。手入れの行き届いた眉毛。
⑥藤本 淳吾(ふじもと じゅんご)22歳 MF 清水エスパルス ひと言:小柄ながら、速い、上手い、強いの三拍子揃ったゲームメーカー。左足でのミドルシュートも得意。昨年のユニバ得点王&MVP。細いつり目。

うーん、個人的な好みがモロに出て中盤の選手ばかりになってしまいました。皆さん、今週のアンケートでは皆さんの期待する若手選手もお聞きしていますので、隠れた逸材をどんどんお寄せください。これからJリーグでは、その選手たちに注目していきましょう。

それでは、先週のアンケート、オシムの「日本にあったチーム作り」あなたの考えるポイントは何か?について皆さんのご意見です。

HIERRO様
オシムの「日本にあったチーム作り」あなたの考えるポイントは何か?やはり、選手選考は若い段階から多めに選考し、戦術を覚えさせながら徐々に絞りこむ。最初はW杯メンバー主体になると思うので、ベテランを重用しつつも、若手を入れながら試してメンバー構成する。間違ってはいけないのは、決してベテランを排除しない事。 (某フランス人はこれやっちゃったけど) ベテラン(勿論W杯経験メンバー)と若手を上手く融合させる事。当たり前の事なのだが、チームでレギュラーである、コンディションが一定(と言うか安定した)な選手を選ぶ事。チームでレギュラーでないのに、代表でレギュラーなんて、信じられないからね。後、個人的には「スリーバックしか出来ない」とかほざく選手は外して欲しい。現代サッカーでそんな奴、大した事ない選手なのだから、代表に残っているだけで迷惑であるからだ。書きたい事だけ羅列して見たので纏まってませんが、宜しくお願いします。では。

poshpin様
走り負けない、精神的にもフィジカル的にもタフなチームを作ってほしい。技術でも体格でも劣るのなら動くしかない。選手がプロ意識をしっかりもってやっていくしかない。選手はどうしたって自分を過大評価してしまうもの。自己分析ができ、現状把握ができることもプロとしては大切。レフェリングも世界基準に。簡単にファールをとらないことも、強い選手を作るのには必要な要素。(荒っぽいこととは別だけど)

Y・A・M・A 様
ポスト日本代表は、メンタリティーでは、与えられた仕事をこなすだけでなく、チャレンジスピリッツを持ち、困難な場面でも勇気を持ってリスクを侵す戦う集団になって欲しいですね。技術的なことでは、1タッチ、2タッチでパスをはたいていくシーンでのボールを止める技術の向上でしょうか、これが世界に比べて最も劣っていたと思います。そしてなにより、先制点を奪いながら逆転を喫するのは、明らかに守備力の不足です。決定力不足というウィークポイントは4年後も課題となるでしょう、それにはディフェンスベースの1点を守りきる試合運び等も重要なのでは…  

take-the様
サイドアタッカー(ウイング)が日本には決定的に欠けていると思う。今大会を見て現代サッカーには高いレベルのサイドアタッカーが必要だと感じた。

van.様
まず、走力&筋力アップが大前提だと思います。W杯でも痛感したように、強烈なボールを蹴れて90分間しっかりと走りきる体力がないと小手先だけのパス回しでは通用しません。日本らしさを追求するのはこの大前提をクリアしてからの話です。私が思う日本らしさは、やはり組織力だと思います。突出した選手がいない中、世界で戦うためには相手の運動量を上回り、組織的なプレーをするべきです。具体的には攻守の切り替えを早くして攻守ともに数的優位な状況を作ればチャンスは増え、ピンチは減ります!そのためにも走力と筋力が必要です。

tokisist様
チームづくりのポイントは、Jリーグ各チームとの連携です。

nohohon様
心。

Charock様
個人技

switch様
ドリブルとスタミナ

それではまた来週!

« アイドル・エンタ Vol.44沢尻エリカ | トップページ | テニス情報 ドイツメルセデス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/12791886

この記事へのトラックバック一覧です: 蹴球人コラム 若武者:

« アイドル・エンタ Vol.44沢尻エリカ | トップページ | テニス情報 ドイツメルセデス »