« 蹴球人”コラム” ジダン頭突きとMVP | トップページ | 映画王モリコラム:カーズ »

2006/07/19

映画王モリコラム2005年新作映画上半期ベスト5洋画

先週に引き続き2005年新作映画上半期ベスト5。今回は外国映画編で。①ミリオンダラー・ベイビー②復讐者に憐れみを③サマリア④カンフーハッスル⑤バットマン ビギンズ ①に関しては客観的にも、今後本年中に公開される外国映画の中で、この作品を超える評価を得る作品はないんじゃないかと思える程、監督としてのイーストウッドの評価は内外共本当に高いですね。かくいう私も「あしたのジョー」的な前半の展開から一転の後半部には本当に驚かされ、不覚にもラストは涙が・・・。②③は昨年に引き続き韓国映画が面白く、香港映画は④以外でも「インファナル・アフェア終極無間」「PTU」、そしてジャッキー・チェン復活!という感じの「香港国際警察」と、今年も私にとってアジア映画が優勢。そんな中⑤はお金を掛けたアメリカ映画の中で久々に見応えがあり、豪華キャストの好演と、彼らを生かして血の通った人間ドラマとしても仕上がっている点に好感が持てました。元々ハリウッド映画が大好きなので今後の大作にも期待したいと思います。

« 蹴球人”コラム” ジダン頭突きとMVP | トップページ | 映画王モリコラム:カーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13065464

この記事へのトラックバック一覧です: 映画王モリコラム2005年新作映画上半期ベスト5洋画:

« 蹴球人”コラム” ジダン頭突きとMVP | トップページ | 映画王モリコラム:カーズ »