« KW名画☆知ったかぶり■かもめ食堂 | トップページ | VOL.38★ジャパニーズロックが大好き スプリットCD »

2006/05/27

名画☆知ったかぶり■ブロークバックマウンテン

■ブロークバックマウンテン

[薀蓄]1963年のアメリカカウボーイ。63年は、アメリカ公民権運動がワシントン大行進でピークに達し、11月にはケネディ大統領が暗殺された年です。中流白人階級が頑強に存在していた時代。先日CRASHで描かれた他民族、多様な文化はまだ許容されていないアメリカです。ジーン・ハックマン主演のミシシッピ・バーニングで描かれる白人至上主義クー・クラックス・クランが南部で活動をし、夜の大捜査線で描かれる黒人差別が根強い時代。ゲイは、カウボーイでなくても許容されるはずも無い保守的な時代です。そんな時代の愛の物語。

[ちょっと]監督アン・リーは、グリーン・デスティニー、ハルクも撮っています。アカデミー賞監督賞受賞。原作は、アン・プルーの31ページの短編。脚本は、ラストショーを書いたマクマートリーです。映画化されるまで7年間掛かったという静かな作品。

[注意点]ゲイだからといって、遠慮は禁物。アン・リーが描きたかったのは、静かな愛、デジタルは現代の恋愛で忘れられた静かに燃ゆる愛ではないでしょうか。ゲイということに囚われると、少し興味本位になるか、敬遠してしまいますが、実際に作品を見ると、相手を思う気持ちの強さに、引き込まれてしまいます。遠距離恋愛、会わなければ会わないほど強くなる気持ちを改めて認識させてくれる作品です。昼間の銀座の劇場は、ほぼ5割りの入り。年配男性一人、女性一人など、一人で着ているお客がほとんど。しかし、デートにも全然問題ないです。むしろ愛は深まるかも。

アン・ハザウェイ「プラダを着た悪魔」批評もお読みください

« KW名画☆知ったかぶり■かもめ食堂 | トップページ | VOL.38★ジャパニーズロックが大好き スプリットCD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/10261994

この記事へのトラックバック一覧です: 名画☆知ったかぶり■ブロークバックマウンテン:

« KW名画☆知ったかぶり■かもめ食堂 | トップページ | VOL.38★ジャパニーズロックが大好き スプリットCD »