« VOL.32★ジャパニーズロックが大好きコミックバンド | トップページ | アイドル・エンタ Vol.33平井理央の貫禄 »

2006/04/18

VOL.33★ジャパニーズロックが大好きPUFFY

『前だけを見て10年-PUFFY』
電気屋の店員にむちゃくちゃ愛想良く話しかけたのに店員のほうがあまり愛想が良くないと「今の愛想、返せ」という気になります。どうもハセです。滅多に店員さんに話しかけたりしないので、余計に損した気分になります。ま、逆にすっごいハイテンションで来られても困るんですが。
今週の一枚。GALLOW 「PARKEST!」です。GALLOWはBEAT CRUSADERS ヒダカ氏とカトウ氏、そして元ビークルのドラマーで現BROKEN SPACEのイワハラ氏で結成されたユニット。ジャンルとしてはネオアコバンド。ビークルのように激しい感じではなくまた新たな一面、といったところでしょうか。音楽としてはさわやかだったり懐かしい匂いのするものがあったりするのですが、訳詞を読んでみると結構ひねくれてたりします。このCDではヒダカさんよりもカトウさんがリードボーカルをとっている曲が多いのでそういった意味でもビークルから入ったファンをいい意味で裏切ってくれる、そんな一枚です。是非一聴を。
唐突ですが今年でPUFFYが10周年だそうで。確かに10年前、「奥田民生が出るから」と連れて行かれたテレビの収録で初めてPUFFYの二人を見ました。その頃は「アジアの純真」が出たばかりでまだそんなに売れてなかった頃。正直存在も知りませんでした。でも、実際に二人を見て曲を聴いて一発で好きになりました。そこから彼女達の快進撃は続いていくのですが。アジカンが結成10年と聞いたときにも思ったのですが、実は10年ってすごいんじゃないかと。ちなみに私には10年続けていることなんてありません。年末のフェスで民生さんが「コツは70%でやることだ」と言っていましたが、それはPUFFYにも受け継がれていると言うか。だからこそ長く出来るんだと思います。そしてこちらも長く好きでいられるんじゃないかと。ま、70%と言っても「その70%も普通の人の70%とは違うんですけどね」(民生談)。PUFFYは切々と歌い上げるタイプではないし、基本的には楽しい感じなんですが、時々その歌詞にハッとさせられたりもします。「MOTHER」とか「心に花を」とか。でも基本的には「前向き」。自分が後向きな人間なだけにそこにも魅かれるのかも知れません。あとPUFFYって自分達に似合わないことはしてない感じがします。自分達のことを見据えた上で自分達が出来ることをしている。最新シングルの「モグラライク」も「まず目の前にあることをする」というとてもロックな曲。これからも「長く続けよう」なんて思わずにとりあえず目の前にあることをやっていって欲しい。そうすれば道はおのずと出来ているのです。

・ GALLOW「PARKEST!」2006年4月5日発売
・ PUFFY「モグラライク」2006年4月12日発売
・ PUFFY「59」2005年7月27日発売

« VOL.32★ジャパニーズロックが大好きコミックバンド | トップページ | アイドル・エンタ Vol.33平井理央の貫禄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/12890283

この記事へのトラックバック一覧です: VOL.33★ジャパニーズロックが大好きPUFFY:

« VOL.32★ジャパニーズロックが大好きコミックバンド | トップページ | アイドル・エンタ Vol.33平井理央の貫禄 »