« アイドル・エンタ Vol.28 | トップページ | アイドル・エンタ Vol.29大阪ストラッド »

2006/03/14

VOL.28★ジャパニーズロックが大好き eastern youth

『よいものばかり-お勧め新譜』
皆さんはCD屋で一回にCD を何枚まで買うとか決めてますか?私は決めてます、3枚までって。だって、決めないと際限なく買ってしまうから。先週の火曜日はまさにそれ。この日、目を付けていたCDは5枚。そのうち3枚を試聴しながら選定。全てを聞き終えた時点で2枚は決定。しかし、あともう一枚がどうしても決まらずその3枚を何度も試聴しては試聴機の前でしかめっ面を繰り返し、1時間が過ぎた頃悩みすぎて気持ち悪くなってしまったため「今日はこの2枚だけ買って帰ろ」と観念しました。しかし、悩みすぎて気持ち悪くなったのは初めてかもしれません。

そこで今週の一枚。購入した2枚のうちの1枚、eastern youth「365歩のブルース」です。eastern youthは1988年に札幌で結成された三人組バンド。今回のCDは自主レーベル「裸足の音楽社」を設立してからの初リリースになる記念すべき一枚のようです。その記念すべき作品にふさわしく、音や歌詞は決してポジティブではないのに全体的には前向きで何かに立ち向かおうとする気迫に溢れています。生命力が満ちています。見た目は世捨て人のような(失礼?)、人生を達観しているかのような彼らですが、その実、中味ではまだまだ戦っているのが分かる、熱い物を秘めた一枚です。このCDは「歌詞カードを手中に」という一点においてだけでも購入する価値のある一枚だと思います。是非お手に取り、一語一音をかみ締めながら聞いてもらいたいと思います。ちなみにこの日購入したもう一枚はストレイテナー「Dear Deadman」です。こちらは聞けば聞くほど名盤になる予感。こちらも一聴を。

念のため、私が買うかどうか気持ち悪くなるほど悩んだ3枚もご紹介しておきます。(何が”念のため”なんだかよく分かりませんが)1.木村カエラ「Circle」揺るぎない確かなプロデューサー陣や楽曲提供者が素晴らしいのはもちろんのこと、カエラさんが紡ぎだす歌詞もこのアルバムのポップさ、ロックさの所以。幅広い層が聞ける一枚です。2.Rhymester「HEAT ISLAND」いろんなゲスト人を迎えてHIPHOP・レゲエ・ロック・ファンクなどが入り混じっていて非常に面白い。一枚聴くだけで音楽全てを網羅できるような一枚です。3.SOIL&”PIMP”SESSIONS「”PIMP”OF THE YEAR」昨年はヨーロッパに進出し向こうで高い評価を得た彼らですが、「今年は日本でもSOILの年になるかもしれない」と感じさせる一枚です。

こう書いてみて確信しました。「3月中に全部買うな、多分」。でもいいんです。「一回に3枚まで」だから。

・eastern youth「365歩のブルース」2006年3月8日発売
・ストレイテナー「Dear Deadman」2006年3月8日発売

« アイドル・エンタ Vol.28 | トップページ | アイドル・エンタ Vol.29大阪ストラッド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13065712

この記事へのトラックバック一覧です: VOL.28★ジャパニーズロックが大好き eastern youth:

« アイドル・エンタ Vol.28 | トップページ | アイドル・エンタ Vol.29大阪ストラッド »