« アイドル・エンタ Vol.26JUDY AND MARY | トップページ | アイドル・エンタ Vol.27酒井彩名 »

2006/02/28

VOL.26★ジャパニーズロック 目覚ましの曲

『MorningCall-目覚ましの曲』
朝の情報番組のお天気お姉さんの言う「今日は暖かいので春物のコートで大丈夫そうです」の言葉は「何時に家を出て何時に帰る人」を基準にしているのでしょうか。どうも、ハセです。真に受けて出かけたら朝と夜が寒みー寒みー。そりゃ昼間はいいかもしれないけどさぁ。行きと帰りしか外でないんだから、私なんて。などと翌朝TV 画面に毒づく日々を送っております。春が近づいておりますなぁ。

突然ですが皆さんは朝どんな音楽で目覚めてます?「音楽じゃなくて愛妻の囁きで」なんて人もいるかもしれませんがそういう輩はおいて行きます。ついて来ようとしても、撒きます。私はここ数年、携帯のアラームを常用しています。現在はBEAT CRUSADERS「E.C.D.T.」の着うた。「♪イェーェー!」で起きてます。でもその昔はCDをタイマー再生にして起きていたこともありました。その当時常用していた音楽がYOUNG PUNCH「SUNDAY BEST」。ま、その当時すごく好きだった曲であったという理由もありますがそれだけではなく。この曲は最初からホーンの音で「♪パーッパパパパパーパー」って始まります。結構びっくりして"ビクッ"てするんですが、起きられます。で、全体的にもノリがよい曲なので元気に起きられるんです。ちなみに紹介しますと、YOUNG PUNCHは2002年に惜しくも解散してしまったバンド。スカパンクからロック、ダンスミュージックにエレクトロニカと活動中にどんどん音楽性が変わっていったバンドでした。PENPALSと交流があり(PENPALSベースだった義人氏はYOUNG PUNCHのメンバーでした)よくライブも見ていました。機会があったら聞いてみてください。もっと昔に遡ると中学生の頃。当時は姉と二人で部屋を使っていたので姉の目覚まし=私の目覚ましでした。姉がよく目覚ましで使っていたのがユニコーン「服部」と種ともこ「オ・ハ・ヨ」。前者は「バンドブーム」世代の姉がズッパマっておりました。「服部」の1曲目はオーケストラで始まり、こちらもどちらかというと「びっくりして起きる」感じ。ちなみにその後2曲目「ジゴロ」を聞いて3曲目「服部」が始まると観念して「しょうがねぇ、起きるかぁ」と起きてました。後者の「オ・ハ・ヨ」は1曲目がゆったりとピアノと歌という癒し系な感じで始まります。そしてゆったりと目覚めたあと2曲目が元気な曲。このCDをまだティーンだった私は気に入り、姉に内緒でカセットにダビングして姉に気付かれないようによく聞いていました。
朝1番に聴く音楽って、睡眠をとった後のスッキリした脳で聞くからか結構覚えちゃうんですよね。それこそ、朝の情報番組のテーマソングとか、いい例。その日一日の吉凶を分けるかもしれない朝の1曲。「飛び起きる爆音系」か「優雅なゆったり系」か。はたまた・・・。
・YOUNG PUNCH「SUNDAY BEST/FREEMAN」2000年10月25日発売
・ユニコーン「服部」1995年12月13日発売
・種ともこ「オ・ハ・ヨ」1995年3月8日発売

« アイドル・エンタ Vol.26JUDY AND MARY | トップページ | アイドル・エンタ Vol.27酒井彩名 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13065758

この記事へのトラックバック一覧です: VOL.26★ジャパニーズロック 目覚ましの曲:

« アイドル・エンタ Vol.26JUDY AND MARY | トップページ | アイドル・エンタ Vol.27酒井彩名 »