« VOL.25★ジャパニーズロック イベントライブの勧め | トップページ | VOL.26★ジャパニーズロック 目覚ましの曲 »

2006/02/21

アイドル・エンタ Vol.26JUDY AND MARY

【CDが最も売れた時代の追憶】

最近「JUDY AND MARY(以下JAM)」のベスト版が再発売されました。売れていますね。チマタでもよく耳にします。AEは「JAM」が結構好きでした。『JUDYもMARYもいないのに「JUDY AND MARY」ってなんだよ』って突っ込んでいたのに、テレ朝の「ミュージックステーション」で、「小さな頃から」を聴いた翌日には上野の多慶屋でCDを買ってました。「オレンジサンシャイン」名盤です。聴いた瞬間一気にファンになりました。今「倖田來未」が「エロかっこいい」といわれていますが、YUKIこそが「エロかわいい」元祖だったはず。「ディーバ」なんて恥ずかしい呼び名ではなく、「ヴォーカル」として。深夜ラジオ「オールナイト・ニッポン」でのはちゃけたトーク。エロトーク(笑)。それでいて「憧れの男性」と言い続け、一途な想いが実った「倉持陽一」との結婚。やっぱYUKIこそが「エロかわいい」!!恩田さんが作った女の子ヴォーカルのパンクバンド→ 名メロディメーカーTAKUYAの才能が開花したメジャーバンド→ 「音楽性の違い」という聞き慣れた過ぎた言葉…。ライブの最後、マイクを使わない「ありがとうございました」の声。最近やたら耳にするんで思い出してしまいました。うーん、青いぞ青春♪ 【トリノオリンピック part2】トリノオリンピックも前半が終了しました。みなさん観てますか?「岡崎朋美」惜しかったですねぇ。惜しかった。残念。。そして未だにメダルが無い。いいとこまで行くのに。惜しいなぁ。開幕直前に色んなマスコミに踊らされたせいなのか、過度の期待のせいなのか、メダルが獲れないのが一番の原因でしょうが、いまいち盛り上がれない今回のトリノオリンピック。後半こそ、頑張れニッポン!!今回発見したおもしろスポーツは「スノーボード・クロスカントリー」! これは無茶苦茶おもしろい競技でした!!この競技を考えた人は天才!4人の選手が同時に山有り谷有りのコースを滑り、1着でゴールした選手が勝ちというわかりやすい競技です。競争競技のスピードを競う魅力もさることながら、人がよくコケる。そして巻き込む。巻き込まれる。。一発逆転の可能性を秘めた、見ていて飽きない、おもしろい競技でした。昔ファミコンの初期の頃にあったモトクロスのバイクゲームのようでした(丘とかのコースを自分で設定できるアレです)。最後の期待は「フィギュア・スケート」ですか。「安藤美姫」「村主章枝」「荒川静香」頑張って欲しいものです。なんだかこの競技に限ってはみんな今回で引退しそうな感じですが(苦笑)「ベストを尽くせれば結果は関係ない」「参加することに意味がある」色んな意見がありますが、所詮僕らは傍観者。頑張れニッポン!!みんなで無責任に応援しましょ! 楽しんだもん勝ちですって。ただ出場選手には敬意を持って卵とかを投げつけるのはやめましょうね。応読頂きましてありがとうございます。では、また次回!!

« VOL.25★ジャパニーズロック イベントライブの勧め | トップページ | VOL.26★ジャパニーズロック 目覚ましの曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/12984091

この記事へのトラックバック一覧です: アイドル・エンタ Vol.26JUDY AND MARY:

« VOL.25★ジャパニーズロック イベントライブの勧め | トップページ | VOL.26★ジャパニーズロック 目覚ましの曲 »