« VOL.20★ジャパニーズロック 少年ナイフ | トップページ | 映画王モリコラム リービング・ラスベガス »

2006/01/12

アイドル・エンタvol20長谷部優のがけっぷち

【長谷部優のがけっぷち】

そろそろ冬の新ドラマが始まります。「石原さとみ」の《Ns‘あおい》、「綾瀬はるか」の《白夜行》等々注目作はさておき、今回のテーマは「長谷部優」の《恋する!?キャバ嬢》です。テレ東は前クールの「嬢王」に引き続きキャバ嬢ドラマを深夜にもってきました。しかも主演が「長谷部優」。。「長谷部優」といえば、数年前にエイベックスが総力をあげて行ったオーディションで、何万人だったかの応募者からグランプリを勝ち取り、「ドリーム」のオリジナルメンバー(3人)でデビューした人です。「ドリーム」とは、作詞を担当していたオリジナルメンバーが最初に抜け、抜けると同時に大増員し現在に至るという、プチモーニング娘。みたいになってしまったグループです。エイベックス的には全盛期の「モーニング娘。」に追いつけ追い越せで結成させたグループなのに鳴かず飛ばずの大誤算。。ちょうど前回のテーマに取り上げた「倖田来未」の一昨年位までの状況だったわけです。で、「長谷部優」はその「ドリーム」の顔であるわけです。そんな「長谷部優」が最近水着写真集を出してセクシー路線に転向してきました。まるでイメチェンを一生懸命やっていた「安達祐美」のように。さらにキャバ嬢役で深夜ドラマの主演です。「MEGUMI」「小池栄子」のようにバラエティ番組でピン司会をこなせるような器用さ、機転があるわけでは無く、グラビアで攻めて行けるほどスタイル・容姿が抜群なわけでも無い。本業の歌が売れないときにどの方向に活路を見出すかが問われるわけです。はっきり言ってしまって「ドリーム」がいまさらトップアイドルに戻れることありえない。そんな状況でのピン活動です。まさにがけっぷち!デビュー直後の時(たしか13歳だったはず)はかわいかったけど、うまく大人の顔になれなかたタイプかと。そして今回がラストチャンス。第1話を見たところではなんとも言えませんが、うまいことこの3ヶ月でコメディアンヌとしての隠れた才能を見つけることが出来れば、起死回生できるかも。とゆーことで、がんばれ「長谷部優」。ちなみにAE的にはこの番組の2番手に出ている「長澤奈央」のがおススメです。応読頂きましてありがとうございます。では、また次回!!

« VOL.20★ジャパニーズロック 少年ナイフ | トップページ | 映画王モリコラム リービング・ラスベガス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13065266

この記事へのトラックバック一覧です: アイドル・エンタvol20長谷部優のがけっぷち:

« VOL.20★ジャパニーズロック 少年ナイフ | トップページ | 映画王モリコラム リービング・ラスベガス »